2012/08/03

イギリスの誇り

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 8:42 pm by Yuki

皆様、オリンピック楽しまれていますでしょうか。

イギリスを誇りに思うことってあまりないんですが、斬新で、イギリスらしいユーモアにあふれたオリンピックの開会式は素晴らしかったと思います。もう、イギリス最高!

この開会式、ダニー・ボイルが演出したらしいですね。ダニー・ボイルと言えば、あの最高にかっこいい 「トレインスポイッティング」 という映画がまず頭に浮かびます。これは、イギリスの下層階級の若者の生活をリアルにポップに描いた作品 (日本語トレイラーはこちら)。こういう人を由緒あるオリンピックの開会式の演出家に抜擢したイギリスという国はやはりすごい。でもやっぱり競技は日本を応援してしまいます。今日はなでしこジャパン、勝ちましたね~。

それはさておき、最近、もうひとつ、「イギリスの誇りだなあ」 と思った事がありました。何かと言いますと、ポール・ラムです。なんだかこの頃、この人のことばかり書いている気がしますけれども、だってかっこいいんです。先週末、ブルース・フェスティバルに行って、そこでまたポールの演奏を観ることができました。この方の演奏はもう何度も観ていますが、今回のライブは今まで観た中で一番良かった!というくらい良かった!

まあさすがにプロなので、毎回楽しませてくれるんですけれども、この晩のポールおじさんはいつにもましてノリノリ(死語)で、アドリブがすごかったんですよ。ものすごくかっこよかった!この方は本当に、イギリス・ブルース界の誇りだと思いました。こういう人が存在していてくれて、ライブを観ることができるというのは、ありがたいことです。この日、ポールは、ライブの前に会場をうろうろしていた私達を見つけて声をかけてくれて、すごくうれしかった!

今日のクリップは、イギリスの誇り、ポール・ラムの古い演奏。1990年ですって。ビブラートのかけ方とか、演奏のアプローチとか、現在とはかなり違って、おもしろいです。ポールおじさん、大好き!

>Vintage footage of Paul Lamb and The King Snakes(1990)

>Paul Lamb.and the Kingsnakes with John Whitehill

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。