2012/08/27

Steve Baker

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 10:44 am by Yuki

お久しぶりです。しばらく休暇でアムステルダムに行っていました。帰ってからもホリデー気分がなかなか抜けなくて、頭がぼーっとしています。

今回の旅行の目的の一つは、アムステルダムに住む友人に会うことでした。彼もハープ吹きなので、連日ジャムをしたり音楽の話をしたりして過ごしたわけですが、その中で特にもりあがったのが、スティーヴ・ベイカーの話。

スティーヴ・ベイカーといえば、Hohner の製品開発 / 改善をしたり、CD付き教本 (すごく良いです) を出版したり、Hohner の工場があるドイツはトロッシンゲンで毎年ハーモニカ・フェスティバルを開催したりと、精力的にブルース・ハーモニカ界に貢献している人ですが、演奏の方もすごいです。生音がパワフルだし、いろんなスタイルの曲をテイストフルに演奏する人だと思います。

ラテンっぽいのも、
Steve Baker (Harmonica) – Latin Jam

ファンキーなのも、
County Jail

ダーティーでごりごりなブルースも、
Abi Wallenstein, Steve Baker & Martin Roettger in Moscow #2

すごい、すごい。YouTube では見当たりませんでしたが、ラグタイムみたいなのをやらせてもすごく上手いです。

オーバー・ブロウなどのテクニックも使うし、音楽的知識 (インターバル、スケール、コード音、ポジションなど) もものすごく持っている方ですが、演奏する音楽はテクニック中心、理論中心、という感じはしなくて、すごく自然です。それでいてオリジナルでユニーク。「オーバー・ブロウがもっと上手くできるようになったら、こんなふうに使いたい」 と私が思う、数少ない (オーバー・ブロウを使う人は最近ではたくさんいますが、テイストフルなブルースを演奏する人はあまりいないと思う。) ブルース・プレーヤーの一人です。

スティーヴとは何度かお会いしたことがあるのですが、またワークショップに参加したり、レッスンを受けたりしたいなあと、最近強く思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。