2012/11/25

リトル・ウォルターの映画

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, 本 / DVD / 映画 tagged @ 6:14 pm by Yuki

Little Walter の伝記映画ができるらしいです!

タイトルは、”Blue Midnight”。

いつ公開になるのかなどはまだわかりませんが、イギリスでも公開になるのかなあ。日本でも見られるといいですね。

こりゃ楽しみだ。

広告

10件のコメント »

  1. kazu said,

    楽しみですね!きっと映画の音源はキム・ウィルソンが担当しそうですね!

    • Yuki said,

      >kazuさん

      コメントありがとうございます。
      トレイラーを見る限りでは、「キャデラック・レコード」みたいな感じではなくて、生前のリトル・ウォルターを知る人へのインタビューや、ウォルター本人の演奏が中心みたいですね。未発表の映像とかもあるのかなあ。何にせよ楽しみです!

  2. kazu said,

    ドキュメンタリーなんですね。当然、未発映像に期待しちゃいますね。ブリブリにアンプリファイド したウォルターの演奏シーンを観てみたいな~、想像しただけでも鳥肌が立ちます!

    • Yuki said,

      >kazuさん

      未発表の映像というのは私の希望的観測に過ぎませんが、実現するといいですね!とにかく楽しみです!

  3. きむきむ said,

    サムレイが動いてるウォルターのフィルムを持ってるとか

    昔聞いたことあるけど

    やっぱりいっちゃん好きなリトル・ウォルター!!

    歌もバックも最高やし

    伝記。。。感謝ですわ、動かんでもいいで(笑)

    • Yuki said,

      >きむきむさん

      「動かんでもいいで。」
      ほんとですね~(笑)。

      私もリトル・ウォルターは聞くたびに、「かなわないなあ」と、やられた気分になります。

  4. shin555 said,

    まったくもってこりゃ楽しみです♪
    笑ってる顔も映るんでしょうか?:-)

    • Yuki said,

      >shin555さん

      楽しみですね!
      笑ってる顔、写るかな?写るといいですね!

  5. おぎてつ said,

    日本語入力がなかなか上手くいかなくて、コメントが遅れました。

    しかし、予告を見る限り、関係者のお話が多くなるんでしょうね。記録媒体を通した彼自身の記録は限られているから、仕方ないんでしょうけど。

    ただし、彼を褒めるコメントばかりだと飽きちゃうだろうなあ、と思うのです。だって、彼の音楽が素晴らしいのはすでにこちらも承知のことだから。
    それよりも彼の人となりが伝わってくるような映画だといいですね。

    彼の妹(?)がコメントしてるようなので、彼の子供時代の話などを沢山入れ込んで欲しいです。
    映画「キャデラックレコード」では、「これは事実です」なんて書いていたわりには、リトルのオッサンは破天荒に描かれていて、「なんじゃこりゃ?」でしたので、ぜひ、この映画で汚名(?)挽回して欲しい、などと涙ぐむわたくしでございますじゃ。

    奥義

    • Yuki said,

      >オギさん

      全く同感です!いろいろな人の話が聞けるのが楽しみですね!

      キャディラック・レコードは、映画としては良くできていて個人的には好きでしたが、事実と言い切るには乱暴なところがありますたよね。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。