2013/03/15

練習時間の分割

Posted in テクニック tagged @ 1:07 pm by Yuki

ちょっと前に、David Barrettが練習時間を分割することについてツイートしていました。リツイートしましたが、ツイッターやっていない方も多いでしょうし、興味深い話題だったので、ブログでも取り上げたいと思います。

バレットは今、ダブルベースを勉強しているそうで、自分の毎日の練習パターンを例として挙げていました。

午前中

15分間 ・ エクササイズ (運指、音程に基づく練習。)
45分間 ・ 譜読み (教本を使って、指のポジションと譜読みのスキルを発展させる。これは集中力が要るので、午前中にやっておく。)

午後

15分間 ・ スケール (これはちょっとした時間を見つけて済ませてしまう。5分間ずつ暇を見つけて練習すれば完了。)
15分間 ・ ii-V-I 進行 (音楽に合わせて、基本のルート、3rd、5th、b5 の動きを練習。)

30分間 ・ 12時間のレッスンの後、僕の脳みそはくたくたになっている。でも、こういう時こそ音楽を演奏するのにぴったりなんだ。何も考えずに、間違っても曲の途中で弾き直したり止まったりせずに、ただただグルーヴする!

週末

新しい曲に専念できる時間。曲を聞いたり、写譜したり、いろいろなアプローチで練習する。次の週に練習できるようにするための下準備。

いやあ、すごいですね。12時間もレッスンの仕事が入っていて、その中でこうやって時間を見つけて練習しているとは。私も見習わなくては。人によっては朝は練習できないなど、色々と事情はあるかと思いますが、日々の貴重な練習時間を効率よく使うという意味で、バレット氏のこの練習構成は良い参考になるかと思います!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。