2013/03/23

キム・ウィルソンはファースト・ポジションでもスウィングする

Posted in テクニック, ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 5:13 pm by Yuki

先日、例によって夫とバカ話をしていた時のこと。「もし何にでもなれるとしたら、どんな職業がいい?」という、小学生レベルの質問を私がしたんです。「サッカー選手?F1のドライバー?あ、もしかしてラリー・ドライバー?」という様に。で、それに対する夫の答え:

「キム・ウィルソンのローディー」

だそうです(爆)。

まあ冗談なんですけど、でもたぶんちょっと本気(笑)。アイドルに憧れる女子みたいな発言ですね。

kim_wilson_bs

さて今日は、そんな夫が大絶賛する、キム兄の1stポジションの演奏です。

Can’t Stop Rockin – T-birds

1stポジションって、ブルージーな演奏をするには使える音が限られていると思うのですが、その限られた音でも、これだけスウィングできて、これだけ表現豊かな演奏ができる、というお手本。夫的には、半音と半音の間の微妙なピッチ(マイクロ・トーンって言うんですか?)がツボらしいです。

ローディーになりたいというのもちょっとわかります(笑)。

広告