2013/04/28

記憶にございません

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 7:34 pm by Yuki

最近、ルンバの曲をやろうと思っていたら、夫が「ルンバってファースト・ポジションもいいよ。これ聞いてみ。」と言うので、聞いてみたら本当にかっこいい!Studebaker John の “If I Had A Nickel”。歌のイントロもいいし、ファースト・ポジションが気持ち良いです。 ソロの良いところでビデオが切れてしまっているのが非常に残念!

Studebaker John & The Hawks – If I Had A Nickel

へえ、いいね、いいね、かっこいいね!と騒いでいたら、「数年前にブルース・フェスで見たよ。」と、夫が一言。

なんですと!!まったく記憶にございません!!!

このフェスティバルでは、James Cotton、Hubert Sumlin、Pinetop Perkins、Willie “Big Eyes” Smith、Bob Margolin が共演するという、ブルース好きならばよだれが出てしまいそうな公演が最後にあったので、それで興奮して記憶が吹っ飛んだか?と思ったのですが、他のライブでけっこう鮮明に覚えているものもあるので、なぜStudebaker Johnのところだけぽっかりと記憶が抜けているのかは非常に謎であります。

というか、なんてもったいない!夫によると、この曲もやったそうです。くだらないことはいちいち覚えているのに、どうしてこういうことを忘れてしまうのか。

広告

2013/04/20

米の効力

Posted in ハーモニカ小物 / お手入れ @ 5:51 pm by Yuki

ブログ友達のオギさんがご飯について書いていたのを読んで思い出したのですが、お米って乾燥剤になるらしいですね。

クリスタルのマイクは湿気に弱いので、うちの夫はタッパーウェアにマイクとお米を入れて、密閉して保存しています。

こんな感じで。

rice-mic

しかし先日、「マイクのお米入れ替えた」と言われた際には、どきっとしました。秘蔵の日本米を使われたんじゃないかと思って(笑)。うちの夫はお米の違いなどわからないですし、「日本の粘りのあるご飯よりこちらのパラパラしたご飯の方がいい」なんて外国人みたいなことを言う人ですから(いや、外国人なんですけど。)、貴重な日本米(お値段高めだし、ちょっと遠出しないと買えない)は、夫が留守の時に、私一人でむさぼり食うことにしているのです。なので、私の大切な日本米を使われたんじゃないか!と慌てたんですけれども、普通のスーパーで買える安いお米を使った様でした。よかったー。

話がずれましたが、そんなわけで、お米はクリスタルマイクの保存に良い、ということです。そういえば、 レストランなどで、テーブルに置いてある塩に米粒が入っていることがありますね。携帯電話などの電子機器を水で濡らしてしまった際も、お米は効果があるそうです。

>携帯電話水没時の対処法、5つのステップ

2013/04/13

大野木一彦ブルースバンド – You Can Do

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, CD tagged , @ 12:19 pm by Yuki

大野木一彦バンドの新譜、”You Can Do”。

you_can_do2.resized

聞いた感想は、素晴らしい!の一言でした。お友達だからということを抜きにしても、文句なしにかっこいい。ブルース好きの方には太鼓判付きでお勧めします!ブルースの新譜聞いてここまで盛り上がったのは、久しぶりな気がします。

まずですね、バンドサウンドとしてかっこいい。私は元々ピアノ弾きなので、新しいCDを聞く時などは、ハーモニカよりも全体のサウンドに耳が行く傾向があります。ハーモニカももちろん聞いてはいるのですが、一番に耳が聞き取るのは、全体のサウンド。これが、このアルバムは頭っから最後までかっこよかったです。11曲中、7曲はオリジナル曲というのも素晴らしいと思います。

そして、2回目からはハーモニカに集中して聞いたのですが、こちらもやはりかっこよかったです。センスが良くて、音色のバラエティが豊富で、オリジナルでありつつしっかりブルースしている、そんな演奏です。「大野木さんが上手いのはわかってるし~」と思いながら聞いていても、やっぱり「上手い!」と叫ばずにはいられないという(笑)。

カヴァーには、リック・エストリン(Rick Estrin)のコメントも付いています。非常に的を獲たコメントで、私はリックに激しく同意!

アマゾンなどで購入できる様ですが↓

>ユー・キャン・ドゥ

機会のある方は、ライブやレッスンに行かれることをぜひぜひお勧めします!このブログを読んで来たと言うと、CDにサインをしてもらえます(嘘です。そんなこと言わなくてもして下さると思います)。ものすごく実のあるレッスンをしてくれそうなので、いつか私もレッスンを受けてみたい。大野木さんのライブ情報、連絡先はこちらから。↓

>NOGIOH.COM

2013/04/07

ファースト・ポジション – JVの場合

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, ハーモニカ以外, 自分の録音・録画 tagged , @ 8:10 pm by Yuki

キム・ウィルソンのファースト・ポジションと、ロッド・ピアッツァのファースト・ポジションに続きまして・・・ええと・・・今日は夫です(笑)。この流れで自分の演奏は絶対に載せないですけど(キムとロッドの後に続くのは恐れ多い。)、夫の演奏なのでまあいいや(思いっきり他人事)。

先日、家で練習していたら、隣の部屋から夫がやって来て、「ちょっと音たくさん詰め込みすぎじゃないの?」と言われました。まあ確かにこういう演奏を聞くと、少ない言葉で多くを語るのって大切だよな、と思います(練習に夢中になると、つい忘れてしまう)。

途中からグラスも使ってます。

Pete Harris & Jon Vaughan – Trouble in Mind

歌とギターは、ピート・ハリス(Pete Harris)。住んでいる地域が違うので(ピートはサウス・コースト、うちはウェスト・コースト。笑)、最近まであまり良く知らなかったのですが、ギターも歌も非常に素晴らしいブルース・ミュージシャンです。モジョ・ビュフォードやレイジー・レスターがイギリスでライブをした際は、彼のバンドがバックを務めたこともあるそうです。私はバンドの演奏は聞いたことがあったのですが、こういうアコースティックの演奏は今回が始めてだったので、ピートの演奏の幅の広さに改めて感心しました。(ミシシッピ・ジョン・ハートの曲なんかもやって、もう本当に素晴らしかったのですが、カメラの電池が切れてしまったのです。)

ファースト・ポジションではないですが、他にもいくつか録画したので、お暇な方はご覧になってください。

まずは、ジョー・フィリスコ大先生の影響がばりばり感じられるこちら(笑)。

Pete Harris & Jon Vaughan – Good Morning Blues

それから、ビッグ・ウォルター様の名曲。

Pete Harris & Jon Vaughan – Big Walter’s Boogie

後日、あるブルースマンのホームパーティに招かれ、そこでも演奏しました。マイクなしの純アコースティックの演奏です。
私が一番好きなブルースの曲のひとつ。

Pete Harris & Jon Vaughan – That’s Allright

このホームパーティーでは、アメリカ人のミュージシャンとのジャムもあったのですが、そちらはまだ彼の承諾を得ていないので、彼のOKが出たら、YouTubeにアップしたいと思います。

2013/04/02

ファースト・ポジション – ロッド・ピアッツァの場合

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 10:09 pm by Yuki

先日、キム・ウィルソンのファースト・ポジションがかっこいいという話をしましたが、今日はロッド・ピアッツァです。ロッドおじさまがファースト・ポジションをやるとどうなるか、見てみましょう・・・

Murder in the 1st degree, Rod Piazza

・・・かっこいい!

それにしても、ロッド・ピアッツァはなぜいつもこうクールなのでしょうか。若い時も現在も、変な恰好をしたロッドって見たことありません。この間のキムのクリップなんて、髪型といい服装といい、見ちゃいけないものを見ちまった気分になりますのに。ロッドの場合、時代を感じさせるこんな写真でも、なんかやっぱりかっこいい。

rod_ggm

歳取って、ただのTシャツ着てるこんな写真でも、やっぱりかっこいい。

rod_t

なんなんですかね、このかっこよさ。サングラスのせい?背が高いから?