2013/05/15

リハビリ・ブギ

Posted in ハーモニカ以外, 自分の録音・録画 @ 8:12 am by Yuki

YouTubeにピアノの動画をアップしました。実は、数年前に手を怪我してずっと調子が悪かったのですが、最近回復し始めてうれしいのです。まだ様子見ながらですが、今のところ毎日まとまった量を弾いても平気なようなので、完治の日も近いかも!そんなわけで、「リハビリ・ブギ」です。お暇な方はどうぞ。

ピアノの上、散らかり放題。いつもこんな散らかった部屋でレッスンしてます(笑)。

途中、鼻をすする様な音が何度も入っていますが、これは花粉症でも風邪をひいているわけでもなくて、息を吸い込んでいる音です(笑)。ピアノって息なんて止めていても弾けそうですが、実は呼吸が非常に大切なのです。細かく言えば違うところはたくさんありますが、基本、歌と同じ様にフレーズを歌って、その間に腹式呼吸でブレスを取ります。それにしても、こうして聞いてみるとうるさい!(笑)。あと、弾いている時は気づきませんでしたが、歌ってるのか唸ってるのかわからないような音も入ってました。それから、鍵盤に触る音が意外にも大きく入っていて、ちよっとびっくり。ヘッドフォン使ったせいもあるかもしれませんが(ノートパソコンのスピーカーがあまり良いものではないので、パソコンで音楽を聞く時はだいたいいつもヘッドフォンを使用します。)聞き返してみると、なんだかそんなことばかりが気になりました(笑)。

広告

4件のコメント »

  1. kazu said,

    演奏中に歌ってるのか唸ってるのかわからないような音を発する人。
    ブルースやジャズの演奏家達に多いですね。特にギタリスト。オルガン奏者のジミー・スミス氏なんかはそりゃ凄いもんですよ。(笑)でも、ほとんどのミュージシャンはレコーディングでもカットしていないので当事者本人はまるで気にしていないのかもしれませんね。いや、聴き手からするとそんな唸り声も音楽の一部に聴こえてくるのが不思議です。

    • Yuki said,

      >kazuさん

      ジミー・スミスもそうでしたっけ?私は演奏中の唸りと言えば、エロル・ガーナーが真っ先に頭に浮かびます。あと、クラシックの人ですが、グレン・グールド。人の演奏だと私も気になりません!

  2. ogitetsu said,

    リハブ・ブギ、いいじゃあないですか!
    さすが。息遣いも気になりませんでしたが。
    本当は、グレン・グールドやキース・ジャレットのような派手な息遣いを期待していたのでしたが。なんて。

    僕は昨年の夏に右肩を脱臼してから、右の指の調子が良くないです。それほどひどくは無いけれど、直るかなあ…。

    おぎてつ

    • Yuki said,

      >オギさん

      思うように弾けないと辛いですね。早く良くりますように!私も大分良くなりましたが、サプリ飲んだり、暇さえあればストレッチしたり、手を温めたりと、まだまだ気が抜けません。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。