2013/06/26

トーンを磨く

Posted in テクニック, ハープ日記, 音色 @ 9:06 am by Yuki

最近は、トーン(音色)中心に練習しています。どんなに良いトーンの持ち主でも(私のことじゃないですよ!)改善の余地がある、と言われるのがトーン。トーンの探求に終わりはありません。

それにしても、ハーモニカはキーによって身体の使い方(喉の開き方や身体への響かせ方)が大きく変わるので大変ですね。私は、長い間C調のハープばかり吹いていたせいか、それとも身体の大きさと関係しているのか、高めのキーのハープが得意で、Cはもちろん、DやFなどを使った方が、GやAを使った時よりも鳴りが良く、なんというか「しっくりくる」演奏ができていました。息を効率的に使えているという感じでしょうか。同じフレーズをGやAでやると、音が身体へ共鳴している感じがあまりしなく、どうも息を無駄遣いしている感じが強かったのです。気のせいかな、と思っていたのですが、ある日夫に「高いキーの方が良い音してる」と指摘され、「やっぱり!!!」と思ったのでした。

それで、ここ数週間、(誕生日にLow Fを買ってもらったこともあり)、低いキーのトーンを改善しようと、トーン作りに励んでいます。テクニックを変えるのは、骨の折れる作業です。一音一音こつこつと、身体の使い方と音の響きを確かめながら練習します。その甲斐あって、(まだまだ難ありですが)、低いキーの音色は大分改善されました。が、しかし!今度は比較的得意だったはずの高いキーの音色が乱れるという事態に陥りました!低いキーを吹く時の身体の使い方に慣れ過ぎて、高いキーの身体の使い方を忘れちゃったんですね。低いキーを吹く要領で高いキーを吹いたら、響かないことこの上ないです。今度は高いキーでやり直し。。。もういや~。

広告

2013/06/18

ニール・ヤング

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, ハーモニカ以外 tagged @ 11:13 pm by Yuki

Neil Young & Crazy Horse のライブを観に行って来ました。ニール・ヤングは夫がすごく好きなので一緒に聞く程度ですが、なかなか好きです。 若い頃はけっこうな男前だったニールも、

neil_young_b-resized.resized

今ではこんなんなってます。怖い。

neil_young_n-resized.resized

でもですね、すごくかっこよかったです!変に若作りしたりせず、ありのままなのが非常にかっこいい。ジャニーズで言えば、良い歳の取り方してる長瀬智也君みたいな感じですかね(いや違う。ぜんぜん違う。しかもなぜジャニーズなのか)。それに、この歳になってフィードバックがんがん、ノイズたっぷりのロックをやっているところもまたかっこいい。私はここ数日間ひどい花粉症で頭が割れそうに痛かったので、薬を飲みまくってライブに出向きました。なんせCrazy Horseのライブですから薬なしではあのノイズに耐えられないだろうと思ったのです。結果・・・薬飲んどいてよかった~。それにしても、おっさん4人が夢中になってジャムしている姿は本当にかっこよかったです。

途中、数曲ですが、ギターとハーモニカ、ピアノを使って、ソロのアコースティックの演奏もありました。ブルース・ハープを演奏する身としては方向性はかなり違いますけれども、私は実はニール・ヤングのハーモニカが好きです。

Neil Young – Comes A Time (Live at Farm Aid 2011)

2013/06/12

新入り

Posted in ハーモニカ, ハーモニカ小物 / お手入れ @ 6:06 pm by Yuki

誕生日が近かったので、

「ハーモニカが欲しいです。どうかハーモニカを下さい。他にはなんにも要りませんので!毎日練習しますので!良い子にしますので!」

と願い事をしていたら、叶いました。

D_LF.resized

CrossoverのDと、ThunderbirdのLow F。

Dはこれまで夫のを借りていたのですが、これでようやく自分専用のを持つことができました。Low Fもずっと欲しかったキーなのでうれしい。両方ともレスポンスが良いので、調整も必要なしです。

それから、 例のCorianのコームもいただきました。

corian.resized

水分を含んで膨れ上がってしまったMarine Band Deluxeのコームがあったので、それと交換。

これで、私の持ちハープは、G、A、C、D、F、Low C、Low F、となりました。これだけあれば、大抵のブルース・ジャムでは用が足ります。強いて選ぶなら、次はBbかな・・・。

2013/06/07

Rick Estrin のワークショップ

Posted in テクニック, ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 11:07 pm by Yuki

リック・エストリンがワークショップをしているクリップ。ちょっと前にYouTubeで見つけてはまっていました。クリップは全部で4つあってどれも大変ためになりますが、私が一番「そうそうそう!」と共感したのはこちら。「ハーモニカっていうのはコードの楽器なんだ」ということと、「音をシェイプすることの大切さ」を話しています。

2º Worshop Bends Harmônicas – Rick Estrin – Dicas de como se tocar Blues

rick_estrin1.resized

私もやはり、ブルースでは、ハーモニカを「コード・インストゥルメント」と捉えている人の演奏が好きです。音のシェイプについては、最近特に意識して練習していたことなので、特に共感しました。

まあこれらのことはどちらも、リック・エストリンに限らず、これまで色々な人が言っているのを聞いたことがありますが、こうしてリックが語っているのを映像で見るとやはり説得力があります。