2013/06/07

Rick Estrin のワークショップ

Posted in テクニック, ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 11:07 pm by Yuki

リック・エストリンがワークショップをしているクリップ。ちょっと前にYouTubeで見つけてはまっていました。クリップは全部で4つあってどれも大変ためになりますが、私が一番「そうそうそう!」と共感したのはこちら。「ハーモニカっていうのはコードの楽器なんだ」ということと、「音をシェイプすることの大切さ」を話しています。

2º Worshop Bends Harmônicas – Rick Estrin – Dicas de como se tocar Blues

rick_estrin1.resized

私もやはり、ブルースでは、ハーモニカを「コード・インストゥルメント」と捉えている人の演奏が好きです。音のシェイプについては、最近特に意識して練習していたことなので、特に共感しました。

まあこれらのことはどちらも、リック・エストリンに限らず、これまで色々な人が言っているのを聞いたことがありますが、こうしてリックが語っているのを映像で見るとやはり説得力があります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。