2013/06/18

ニール・ヤング

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, ハーモニカ以外 tagged @ 11:13 pm by Yuki

Neil Young & Crazy Horse のライブを観に行って来ました。ニール・ヤングは夫がすごく好きなので一緒に聞く程度ですが、なかなか好きです。 若い頃はけっこうな男前だったニールも、

neil_young_b-resized.resized

今ではこんなんなってます。怖い。

neil_young_n-resized.resized

でもですね、すごくかっこよかったです!変に若作りしたりせず、ありのままなのが非常にかっこいい。ジャニーズで言えば、良い歳の取り方してる長瀬智也君みたいな感じですかね(いや違う。ぜんぜん違う。しかもなぜジャニーズなのか)。それに、この歳になってフィードバックがんがん、ノイズたっぷりのロックをやっているところもまたかっこいい。私はここ数日間ひどい花粉症で頭が割れそうに痛かったので、薬を飲みまくってライブに出向きました。なんせCrazy Horseのライブですから薬なしではあのノイズに耐えられないだろうと思ったのです。結果・・・薬飲んどいてよかった~。それにしても、おっさん4人が夢中になってジャムしている姿は本当にかっこよかったです。

途中、数曲ですが、ギターとハーモニカ、ピアノを使って、ソロのアコースティックの演奏もありました。ブルース・ハープを演奏する身としては方向性はかなり違いますけれども、私は実はニール・ヤングのハーモニカが好きです。

Neil Young – Comes A Time (Live at Farm Aid 2011)

広告

6件のコメント »

  1. Ogitetsu said,

    ニール・ヤングは高校ではまって、アルバムも10枚ぐらい買いました。当時のパンクロックの流行の中、「ジョニー・ロットンは王様だ」と脱帽したニールですが、何のことはなくて、年月が流れてみれば、ニール・ヤングの方が生き残っていたりするので、不思議です。
    ひと言で言えば、彼の歌には上手い下手ではなくて、強いメッセージ性が有るということなんでしょうね。

    おぎてつ

    • Yuki said,

      >オギさん

      2万人収容するアリーナが万席でした。
      未だにこれだけ人気があるというのは、やはりすごいですよね。
      歌は、上手いというより味がある、という感じでしょうかね。

  2. shin555 said,

    男前のころのニールはよく聴きました(^-^)
    1976年の初来日コンサートを最前列で観たのはプチ自慢です(^_^;)
    しかし顔は怖くなっても歌声は変わらないですね♪
    やっぱ、今のニールも好きです。

    • Yuki said,

      >shin555さん

      ほんと、歌声変わらないですね。
      ニールの歌い方、すごく好きなんですよ。
      1976年の来日って、クレイジー・ホースとだったんですか?

      • shin555 said,

        クレイジー・ホースとだった、と思いますね多分 f^_^;)
        このころから今までずっと同じメンバーのはずですから
        Yukiさんが観られた彼らの37年前ってことになりますね~(^-^)

  3. Yuki said,

    >shin555さん

    クレイジー・ホース最前列って、ものっすごいうるさそうですね!
    おっさんになっても、頭くっつけあってジャムしてました(笑)。
    これからもまだまだ続けてほしいです。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。