2013/07/04

ロッド・ピアッツァ、リードが詰まるの巻

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 9:28 pm by Yuki

お気に入りのキー投票におつきあいくださった方々、ありがとうございました!とても興味深かったです。まだ投票していない方はじゃんじゃんしてください!

さて先日、いつも仲良くしてもらっているブログ仲間のshin555さんが、歌を歌いながらギターの弦を張り替えるB.B.キングについて書いておられました。なかなか見事な技ですので、ぜひご覧下さい。

>How Blue Can You Get

これを見ていて、Rod Piazza のこの映像を思い出しました。途中でリードが詰まる(くっついて鳴らなくなる)のですが、その時のロッドの対応がプロです。ささっと別のハープと取り替えるだけなんですけど、それがもう素早い。ロッド、こんな時のために準備万端。これが私なんかだとですね、パーン、パーン、パーンと思いっきしハーモニカを手で叩きつけるとか、マイクを遠ざけて詰まった穴をビーーっと思っいっきし吸い込むとかして何とか詰まりを改善しようとするも結局上手く行かなくて詰まったまま、などということになり兼ねないのですが、ロッドおじさまはリードが詰まっても素敵です。まあ、私なんかとロッド・ピアッツァを比べること自体がそもそもの間違いですね。

rod_piazza_gm.resized

ロッド・ピアッツァのSad Hours。リードが詰まるのは1:32くらいから。

Rod Piazza & The Mighty Flyers – Sad Hours

広告

2件のコメント »

  1. shin555 said,

    ご紹介いただきありがとうございます(^-^)
    しかしロッドおじさまは流石ですね。言われなきゃ予定の行動にさえ見えます♪
    セッションでもよくハーピストが、バーンバーンと思いっきしやってますが
    こういう事情だったのか!

    • Yuki said,

      >shin555さん

      考えたことなかったですが、ハーピスト以外の人から見たら、あれはちょっと異様な行動ですね(笑)。

      私は吹いていな時は曲に合わせてハーモニカを持った手で手拍子を取って、詰まりを防止したりもします。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。