2013/08/07

Sonny Boy Williamson I のコピー

Posted in ハープ日記, ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 12:12 pm by Yuki

一週間のブルース・ワークショップから生還しました。ものすごく刺激が多くて楽しくて勉強になったのですが、毎晩ジャムやおしゃべりで夜更かしして、平均睡眠時間が一日3時間という日々だったので、ほんと死ぬかと思いました。

ジョー・フィリスコ大先生は、やはり素晴らしかったです。もうね、神の領域です。たくさんの刺激を受けて、今は「あれもやりたいこれもやりたい」、「あれもやらなきゃこれもやらなきゃ」という思いで頭がぐるぐるしています。そんな頭を整理して、とりあえず始めたのが、サニー・ボーイ1世のコピー。もう一人のサニー・ボーイと同じくらい大好きなハーピストですが、まともにコピーに挑むのは実は初めてです。

彼の演奏は、ボキャブラリーはそれほど多くはないですが、学びどころが満載です。この人のコピーが完璧にできたら、ブルース・ハープの重要な部分はほとんどマスターできたも同然、というくらいのプレイヤーだと思います。昨日からこの方のコピーばかりやっていますが、ほんと飽きません。アコースティックの演奏(アンプを使わない生ハープの演奏)なので、音色もコピーしやすいですし、細かいリズムがいたる所に入っているので、一人で演奏していても楽しいです。とりあえず3曲ほど練習していますが、できればもっと増やしたい。

ところで、サニー・ボーイ1世の曲で有名なものに、Good Morning Little Schoolgirl というのがありますが、

Sonny Boy Williamson – Good Morning Little Schoolgirl

この曲は現代では、公の場で演奏するのはちょっと憚られます。特にイギリスではペドファイル的なものに対して過剰反応する傾向があるので(確かにひどい事件も多いので、そういう人達の気持ちがわからなくはないのですが。)、この曲は私はたぶん歌うことはないだろうと思います。ちょっと残念ですけれど。

それにしても、CDでもYouTubeでも、サニー・ボーイ1世の曲なのに2世の写真が載っているのをよく見かけますが、あれは何とかならないものでしょうかね?

広告

4件のコメント »

  1. shin555 said,

    ジョー・フィリスコと一週間!すんばらしい体験だったでしょうね♪

    ところでサニー・ボーイですが、この写真が私は大好きです(^-^)

    • Yuki said,

      >shin555さん

      ものすごく濃い一週間でした。この経験を無題にしないように練習に励みます!

      サニー・ボーイIのこの写真、私も同じこと考えてました!

  2. Ogitetsu said,

    確かにサニーボーイIIですねぇ、Youtubeのは。まあ、サニー・ボーイIIIが出て来るよりはマシかな。
    久しぶりに聞いて、やはりと納得しておりますが、このぐらいの歌詞でも未成年者の誘惑どうのこうのって言われるんですかね。
    なんか世知が無い世の中です。

    • Yuki said,

      >オギさん 訴えられたりはしないでしょうけれど、イギリスではなんとなく気まずい空気になりそうなのです。ブルース知っている人なら有名な曲なのでなんてことないですけどね、知らない人はやっぱりちょっと「おや?」と思うのではないかと思います。 親や社会がパラノイア的に過剰反応する世の中、ペドファイルだと誤解されるのが怖くておちおち他人の子供に話しかけたり触れたりできない世の中、というのは私もちょっとおかしいと思います。子供に対する性的虐待はもちろん許せないことですが。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。