2013/08/25

Sonny Boy Williamson I に挑戦

Posted in テクニック, ハープ日記, ハーモニカ・プレイヤー, 音色 tagged @ 10:49 pm by Yuki

先日書きました通り、ただ今サニー・ボーイ・ウィリアムソン I のコピーに夢中です。朝から晩まで(時間の許す限り、ということですが。)ハーモニカ漬け。この2週間半、一歩も外に出ない、という日もありました。不健康極まりないです。サニー・ボーイ1世は大好きなハーピストですが、「難しくて歯が立たない」という意識が強かったので、これまでコピーは遠回しにして来ました。ですが、ワークショップでジョー・フィリスコの演奏に触れてすっかり盛り上がり、どうしてもやってみたくなっちゃったのです。で、やってみたらですね、やっぱり非常に難しかったっていう(笑)。

短い和音がぱっと入るところがたくさんあって、そこが一番の難関。「普通のタング・スラップとも違う様だし、一体どうやってるの~?」と、何回も何回も聞き直し、ハーモニカでああでもないこうでもない、とやってみて、また聞き直し・・・の繰り返し。それと関連して、2穴ドローと3穴ブローの使い分けも苦労しました。「ここは普通、2穴ドローでしょ!」というところで3穴ブローが使われているところがあることが判明したりして、難しいったらありゃしないです。2穴ドローと3穴ブローは同じ音(セカンド・ポジションではそりゃもう重要なトニック)ですが、サニー・ボーイ1世の場合、その使い分けによって音色を変えたり、グルーヴ感を出したりしている様なので、できるだけ正確にコピーするようがんばりっています。

特に注意している点としては、強く吹きすぎないこと!パワフルな音、ブルージーな音、ダーティーな音、パーカッシヴな音を出そうとすると、ついつい力いっぱい吹いてしまう、というのはハーピストならば誰でも一度は犯してしまう間違いですね。それから、音色。私は、日々の練習の一貫として、「どんだけ太い音を出せるか」という研究(というほど大それたものではないです。ただの練習ですね。)をしているのですが、それとは真逆の薄っぺらーい音が意図的に使われているところがあるので、そういうのもできるだけコピーして行くつもりです。あと、ダーティーなところはものすごくダーティーですが、クリーンなところも多いということが判明したので、その辺りもなるべく注意して吹き分けしています。誰かのコピーをすることのメリットのひとつとして、「自分の吹き癖から脱出できる」というのがあると思います。私なんかはつい全部ダーティーにしたくなっちゃうんですが、そこをぐっと抑えてあえてクリーンでやってみる、というのはすごくよい訓練になります。

本当はサニー・ボーイ1世についてもっと書くはずだったのですが、長くなったので、私が好きで好きでたまらない彼については、次回ゆっくり書きたい思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。