2013/09/28

チューニング : 純正律、平均律、コンプロマイズド・チューニング

Posted in ハーモニカ小物 / お手入れ @ 11:06 am by Yuki

最近、サニーボーイ I のコピーばかりやっているので、手持ちのハープを純正律にチューニングし直しています。そこで今日は、なぜわざわざそんなことをするのか、また純正律と平均律の違いなど、ハーモニカのチューニングについて書いてみたいと思います。私もおおまかには知っていましたが、詳しいことは学んだばかりなので、自分のための復習も含めて。

平均律では、1オクターブは12の音程に均等に分けられます。現代の西洋音楽では、ほとんどの楽器でこの平均律が使われています。平均律のダイアトニック・ハーモニカは、Lee OskarやHohnerのGolden Melodyなど。

それに対して、純正律というのはコードの響きを基本としたチューニングです。純正律のコードは、わんわんとしたうねりがなく、とてもスムーズに響きます。ブラジルのHering社のハーモニカは純正律のものが多いです。また、SuzukiのFabulousは平均律と純正律の両バージョン出ているみたいですね。更におたく的な話になりますが、純正律にも色々あって、ハーモニカのチューニングで純正律と言うと、ブロー・コードとドロー・コードの両方を純正律に合わせた、「7リミットの純正律」を指すことが多いです。

例えば、現代のピアノは平均律にチューニングされています。これを、Cの純正律に合わせたとすると、Cのコード(ドミソの和音)はうねりの少ない美しい響きとなります。しか、しこの調律でC以外のコードを弾くと、うねりがひどい汚い響きとなってしまいます。また、12音の間隔が均等でないため、ドレミファソラシドという音階を弾くと、微妙な音のずれを感じずにはいられません。ダイアトニック・ハーモニカは、基本、ブロー・コードとドロー・コードの2種類しかなく、曲によって楽器の持ち替えをするので、純正律にチューニングをするという選択も可能となるわけです。ただ、それでも12音の間隔が均一でないことに変わりはないので、メロディーを吹くと音程がずれて感じられたり、2nd以外の他のポジションで演奏する際に困難が生じたりします。

そこで、最近の主流となっているのが、コンプロマイズド・チューニング(compromised tuning)というものです。これは、平均律の均等な音の間隔を保ちつつ、純正律のコードの響きもできるだけ保つように考慮された、言わば平均律と純正律の間を取ったチューニングです。メーカーやモデルによってその設定は様々で、例えば、HohnerのMarine Bandは純正律寄りのコンプロマイズド・チューニング、Crossoverは平均律寄りのコンプロマイズド・チューニングとなっています。

私は少し前までCハープのみを使って演奏していたので、平均律寄りのコンプロマイズド・チューニングを使っていました。しかし最近、ハープの持ち替えもできるようになってきたので、チューニングにおいて選択の余地ができてきたわけです。ここが悩みどころ。例えば、今私がコピーに励んでいるサニー・ボーイ・ウィリアムソン1世など、伝統的な奏法、コードを多用する演奏をする場合、純正律のハープが最も適していると思われます。しかしそうすると、2nd以外の他のポジションで演奏するのが難しくなってしまう。不可能というわけではありませんが、使う音のチョイスに気を使わなければならなくなります。特に純正律(7リミット)では5穴ドローが目立って低くなるので、この音がトニック(主音)となる12thポジションなどはきついです。ブルースでよく使われる3rdでも、純正律のハープを使う人の演奏を聞くと、この5穴ドローが「低っ!」と感じることがあります。コードの響きを取るか、単音のバランスを取るか・・・悩ましいところです。2ndポジションでも5穴ドローが低いことに変わりはないのですが、個人的には、2ndポジションではそれが逆に良い味になっていると感じることが多いです。この辺は好みの問題でしょうか。

ブルースハープの歴史的には、1980年代まではMarine Bandは純正律(7リミットの純正律)にチューニングされていました。戦前、戦後を含め、ブルースにおけるハーモニカの奏法を開拓してきたハーピスト達は皆、純正律のMarine Bandを使っていたこととなります。ハープおたくの夫が言うには、当時のMarine Bandが純正律でなかったとしたら、ブルースハープの奏法は現在私達が知っているものとは違ったように発展しただろう、とのことです。ブルース・ハープの伝統を築いてきたハーピスト達は皆、コードをふんだんに使った演奏をしていますが、それはやはり楽器のコードの響きが良かったので、コードをたくさん使うのが適していると感じたから、又はきれいなコードを鳴らすのが気持ち良かったからそういうことになったのだろう、というわけです。

しかし、クラシックなサウンドと言われるMarine Bandも、現在のチューニングは純粋な純正律ではありません。それで、トラディショナルな響きやスムーズなコードの響きを求める人は、カスタム・ハープを買ったり、既製のハープを自分でカスタマイズし直したりすることが多くなります(今、私がやっているのがこれです)。カスタムでは、19リミットの純正律(5穴ドローと9穴ドローが7リミットに比べて高くなります。)や、純正律で5穴ドローだけを心持ち高くしたコンプロマイズド・チューニングを使う人も多いです(うちの夫がこれ。確かジョー・フィリスコもこのチューニングだったと思います)。

長くなったので、最後に、平均律が主流の現代において、ダイアトニック・ハーモニカでは純正律にこだわる人が多い理由を整理してみます。どのチューニングを取るかというのは、演奏のスタイルや好みによって人それぞれで、どれが良い悪いという問題ではありませんが、参考までに。順不同です。

1. ブルース・ハープの伝統的なチューニングで、サニー・ボーイ・ウィリアムスン1世、2世、リトル・ウォルター、ビッグ・ウォルターなどの偉大なハーピスト達が皆使ったチューニングだから。

2. 多くの他の楽器と違い、曲のキーによって楽器を持ち替えることが可能だから。

3. 純正律のコードが非常に美しいから(楽器の性質上、純正律でないハーモニカのコードの響きは、ピアノなどの他の楽器に比べて耳障りで聞き難いと言われることがあります。たまに「耐えられない」と言う人さえいます。笑)。

私としては、純正律のハープを1セット、それから平均律に近いコンプロマイズド・チューニング、または純正律で5穴ドローだけを高くしたコンプロマイズド・チューニングのハープを別に1セット持つ、というのが理想かなあ、と最近思いはじめました。既製のハーモニカも最近はけっこうなお値段がするので大変ですけれども、私の場合、12のキー全て揃えるわけではないので(6本もあればだいたいのブルース・スタンダードはできますし、普通のブルース・ジャムでも用が足ります。)、時間をかければそれも可能かと。楽器が壊れた場合のスペアにもなりますしね。そんなわけで、少しずつ本数を増やして行きたいと思っています。

今回、チューニングについて学ぶにあたって、参考にしたページをいくつか紹介します。もっと詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ。ものすごく濃いです。私は数字や科学的な話にはめっぽう弱いので、実はこういうことをお勉強するのはすごーく苦手。でもためになりました!

>Theory of harmonica tuning – ohw.se

>Hohner’s Tunings for Major Richter Harmonicas – Rick Epping

>Temperaments of various out-of-the-box diatonic harmonicas – Patt Missin

広告

2013/09/24

Sugar Mama – Sonny Boy WIlliamson I

Posted in 自分の録音・録画 tagged @ 9:51 pm by Yuki

懲りずにサニー・ボーイ・ウィリアムスン1世(Sonny Boy Williamson I)こと、ジョン・リー・ウィリアムスン(John Lee Williamson)のコピーをやっています。Sugar Mamaです。最初のソロはジョン・リーのコピー、2番目のソロはなるべくジョン・リーっぽいスタイルで自分なりにやってみました。

ハーモニカはHohnerのCrossoverですが、最近ジョン・リーのコピーばかりやっているので、自分で純正律にチューニングし直しました。

夏にジョー・フィリスコ大先生にアドバイスをいただいて、ハーモニカを持つ時の左手の形を少しだけ変えたのですが、こうして見てみるとできている時とできていない時があります。自分の演奏を聞いたり見たりするのって気恥ずかしいし、ぼろが見えるので嫌ですが、よい勉強になりますね。はー、また明日からがんばろう。

2013/09/20

チューニングを学ぶ

Posted in ハーモニカ小物 / お手入れ tagged , @ 10:04 pm by Yuki

あああ・・・。ついに私のハープおたく度ここまで来てしまいました。ハーモニカのチューニングとかセッティングとかは、自分でやるのはこれまで避けてきたのですが、最近はチューニングも自分でやってます。それだけならまだましなのですが、チューニングをするとギャッピングの設定などが多少変わってしまうことがあるので(私のやり方が悪いだけかもしれませんが)、それを修正するためにギャッピングにも興味が出てきてしまったという。

tuning

ハーモニカに限らず、もともと楽器や機材自体にあまり興味がない人間なので、ハーモニカをいじるのとかも興味なかったんです。分解して洗うとか、リード・プレートの端を削るとかはさすがにしますけれども、それ以上の事は難しそうだし覚えるの大変そうだし、そんなことに費やす時間があったら練習したい!という感じでパスしてきました。しかしですね、C調一本でやっていた頃は良かったのですが、さすがに本数が増えてくると、すべて夫に頼むというのも気がひけてきます。夫の他にもカスタムやっている友達や知り合いもいますが、その度にお金や時間(ハーモニカを届けに行ったり、郵送したりする時間、チューニングが出来上がるのを待つ日数)がかかるよなあ・・・と考えているうちに、「自分のハーモニカくらい自分でチューニングできるようになろう」と思ったわけです。それから、夏にワークショップでお会いしたジョー・フィリスコ大先生の影響も実はちょっとあったりします。ジョーのハーモニカはすべて完璧にチューニングされていてました!レッスンを受けていて、彼の耳の良さや、ハーモニカの響きに対する敏感さ、楽器の歴史や構造に対する深い理解などをありありと感じたこともあり、ちょっとでもそれに近づけたらいいな、と思ったのです。

JoeFilisko.resized

現在、私の「憧れのハーピスト・ナンバー・ワン」なJoe Filisko。

それで、ついに重い腰を上げたわけですが、基本、凝り性な性格なので、やってみたら意外に楽しかったっていう。最近、サニー・ボーイ・ウィリアムスン1世(ジョン・リー・ウィリアムスン)のコピーばっかりやっている私を見て、夫が「絶対に純正律のハープを使った方がいい」と言うので、ジョン・リーの曲に使うハープは純正律にチューニングすることにしました。純正律、平均律などについては別の機会に書きたいと思います。

2013/09/15

ブルース・ハープ界の色男たち ・ 第2段

Posted in ハープ日記, ハーモニカ・プレイヤー, ハーモニカ小物 / お手入れ tagged , , , @ 10:48 pm by Yuki

仕事がらみの雑用とか、生活上の雑用などに時間を取られることが多い今日この頃。一日中、音楽といい男のことだけを考えて暮らす、というのが私の理想の生活ですが、一応社会人なのでそうも行きません。ということで、ブログで発散!ブルース・ハープ界の色男たちの第2段です。

まず、ものすごくかっこいいこの写真。

sbw_lw

左からElmore James、Sonny Boy Williamson II、Earl Phillips(長い間、Tommy McClennanだと言われてきた様ですが、Earl Phillipsが正解みたいです。)、それからLittle Walter。

ものすごい顔ぶれが、オーラ発散させながらシカゴの街を歩いています。煙草に火をつけているサニー・ボーイとか、楽しそうに笑っているリトル・ウォルターとか、自然な感じが非常に良い写真です。しかもみんな白シャツで、シャツ・フェチの私としてはよだれ出そうです。リトル・ウォルターのタイなんてもう最高。白シャツって、場合によってはミュージシャンというよりサラリーマンみたいになってしまうことがありますが、この顔ぶれではそれはありえません。1953年頃の撮影らしいですが、だとしたらリトル・ウォルターが自己名義でばりばりやり出した頃ですね。こんな無邪気な笑顔を見ると、切なくなっちゃいます。この人には本当に、もっと長生きしてほしかった。

それにしても、リトル・ウォルターとサニー・ボーイの足の長さは尋常じゃあないです。サニー・ボーイにいたっては、こんな写真もあります。

king_biscuit2

足長っ!!余裕で8頭身はありそうです。この写真はちょっと無理やり笑っている感があってあれですけど、同じくKing Biscuit Timeからの写真で、こんな素敵なのもあります。

sbwii

これ、かっこいい!めっちゃタイプ!何がタイプかっていうとですね、ええと、体つきが。(こら!)まくり上げた白シャツの袖から出てる腕とか、太股の感じとか、足首とか、それに何より私は、背の高い人に弱い。

サニー・ボーイと言えば、私が最近夢中でコピーしている1世(ジョン・リー・サニー・ボーイ・ウィリアムスン)の方も、素敵な写真があります。残されている数少ない写真のほとんどで人の良さそうな笑顔を浮かべているこの方ですが、めずらしくこんなイケメンなのも。

johnlee-sonnyboy-williamson.resized

かっこいいですね!

それから、ビュレット・マイクを持っている、ちょっと激しい感じのこの写真もかっこいい。アンプリファイドの録音は残っていませんが、天才・リトル・ウォルターがあの革新的な演奏で現れるずっと前から、ジョン・リーはアンプリファイド・ハープを試みていたこととなります。

sbwiaf.resized

でもやっぱり、私が一番好きなのは、ジョン・リーらしいこれ。

???????????????????????????

明日もコピーに励みます!

2013/09/09

Kim Wilson のびっくり映像

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , @ 11:13 pm by Yuki

我が家のアイドル、キム・ウィルソン。そんなキム兄のびっくり映像を発見しました。説明よりも先に、ぜひ見てください!

>THE FABULOUS THUNDERBIRDS-ROCK WITH ME

ほら、びっくりですね!キム兄が頭に巻いているターバンのことじゃないですよ!

キム兄、口パクですね。しかもダイアトニックのサウンドなのに、クロマティック持ってます(爆)。バンドも当て振りですが、ドラムはツーバスだし、ベーシストのKeith Fergusonが持っているのはギターだし、もうものすごい無茶振り。

こういうテレビ番組用の撮影では、ミュージシャンが自分の意思に反して口パクや当て振りを強いられることがあるので、この時もそんな感じだったのでしょう。クロマティック持ってるのは、やはり大きくて見栄えがするからだと思われます。写真撮影などでクロマティック使う人、多いですね。

しかしキム兄は、当て振りでも体の動かし方はキム兄のまんまですね。どうせなら、棒立ちジェリーのものまねとか、片足ロッドのものまねとか(過去記事参照)、おもしろいことしてくれればいいのに。でもキム兄はプロなので、もちろんそんなことはしません。

2013/09/02

Dear John Lee “Sonny Boy” Williamson

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 8:11 am by Yuki

親愛なるジョン・リー

今日も私は、あなたの音楽を聞いて幸せな気持ちになることができました。あなたの音楽は、いつも私に微笑みを与えてくれます。私をやさしく慰めてくれます。あまりに楽しくて、笑いが止まらなくなることだってあります。時にはあたたかいジャズのトランペットのように歌い、時には悲しみと憂いを帯びた人の声のように唸り、時には古いポンコツ自動車がデコボコ道を行くような音を立て、時には何かを口いっぱいもぐもぐ食べているような可笑しな音がするあなたのハーモニカが、私は大好きです。これは私の想像だけれど、たぶんあなたの心は、ハーモニカをプレゼントしてもらった11歳のクリスマスの日から、ちっとも変わらなかったのでしょう。農家だった家の手伝いをするばかりの毎日を送っていた少年が、ぴかぴかの新品のハーモニカを手に入れた喜び。急に人生が開けたような興奮。この小さな楽器が秘める大きな可能性を発見して行く時の驚き。ハーモニカを吹くのがただただ楽しくてたまらないという気持ち。あなたの音楽は、そういうものであふれている気がします。

あなたは歌も、ハーモニカを吹くみたいに歌うよね。ハーモニカは人間の声や歌声に一番近い楽器だと言われるけれど、あなたの歌を聞いていると、本当にその通りだなあ、と改めて納得してしまいます。言語障害のため自己表現がうまくできなかったあなたは、ハーモニカを手に持って歌うことで、やっと自由を得たのかもしれない。そう思えるほど、あなたの歌声は自然で自由で、人間味を持って私の心に語りかけてきます。その音楽を聞いていると、ブルースというものが生まれた訳や、ブルースにおけるハーモニカという楽器の役割や、ハーモニカ・プレイヤーが歌を歌うことの意味のようなものが、悟りが開けたようにぱっとわかる時があります。なんだか大げさなようだけれど、本当です。

それなのに、現代であなたのことが語られる時、多くの場合は、あなたが 「どれほどブルースの歴史において重要な人物であるか」 ということについてばかりです。正にその通り!あなたはブルース・ハープの歴史の中で、それはそれは重要な存在です。だって、ハーピストが歌を歌ってフロントマンとしてバンドをリードするということを始めたのもあなただし、現在まで継承されているのシカゴ・スタイルのブルース・ハーモニカを始めたのもあなたです。これまで誰もやらなかったことをやるのが天才というものだとしたら、あなたは確かにその一人だったと思うのです。そして、あなたが作り上げたそのスタイルは、リトル・ウォルター、サニー・ボーイ・ウィリアムソンII、ジュニア・ウェルズ、ビッグ・ウォルターなど、後に続く重要なハーピストに大きな影響を与えて来ました。要するに、現在ブルース・ハープを演奏する人なら誰でも、意識的にであれ無意識的にであれ、あなたのスタイルの影響を受けていることとなります。あなたはソング・ライターとしても優れていて、その多くの曲は、ブルース・スタンダードとして今日まで多くのミュージシャンに演奏され愛され続けています。ライブの帰りに窃盗を目的とした暴行に遭い、34歳という若さで亡くなるということがなかったら、自分がどれだけ大きな影響を与えたかを目にすることができたのに、と私は心から残念でなりません。そう、みんなが言うように、あなたはブルースとブルース・ハープの歴史の中で重要な人物なのです。

でもね、ジョン・リー、本当のことを言うと私は、もっとたくさんの人が、歴史的価値ばかりではなくて、あなたの「音楽」について語ってくれたらいいな、と思います。もっとたくさんの人が、あなたの音楽を愉しんでくれたらいいな、と。気持ちの良い春の午後の日差しの中で、眠れない夏の熱帯夜に、秋の夕暮れの静けさの中で、冬の朝に凍りつく窓の外を眺めながら、人々があなたの音楽に耳を傾け、その心を愉しませてくれるといいな、と。かつて、あなたが活躍していた時代、他のハーピスト達が皆こぞってあなたのようになりたがり、あなたのハーモニカを真似して学んだように、現代でももっと多くのハーピストがあなたに憧れて、あなたのスタイルを学んでくれたらいいな、と。だってね、ジョン・リー、本当に本当に、私はあなたの演奏が大好きなのです。素晴らしい音楽をありがとう。

sbwi_h.resized