2013/10/21

サンダーバード、壊れる

Posted in テクニック, ハーモニカ @ 10:49 pm by Yuki

お気に入りのHohner ThunderbirdのCが壊れてしまいました。1穴ドローのリードがてろてろになって、チューニングできません。ハーモニカのリードだめにしたのって初めてです。これはショック!ハーモニカが壊れたということよりも、壊れるような吹き方をしていたということがショック。

このサンダーバードを手に入れたのは一昨年のクリスマス(ブログって自分自身のための記録にもなるので、こういう時便利です)。夢中になって練習しまくった時期があるとはいえ、まだ2年も経たないのにリードがだめになるなんてあり得ない。どんだけ無茶な吹き方してたんだって話です。ごめんね、サンダーバード(泣)。

ハーモニカのリードは、力んで吹き込めば簡単に壊れますが、リードにストレスのかからない吹き方をすれば、どんなにたくさん練習しても、そう簡単に壊れるということはありません。初心者の方などから、「2週間で壊れる」という話をよく聞きますが、そういう場合は力いっぱい吹き(吸い)込んだり、力尽くでベンドしたりしていることがほとんどだと思います。それから、ハーモニカは穴によって微妙に吹き方が変わるので、そのあたりのテクニックができていないことがリードの故障となることも多い様です。例えば、5穴のベンドを3穴または4穴をベンドする時のようにやっているとか。

とりあえずはこのリード修理して、次からは、もっとリードにシンパシーを抱いて吹きたいと思います。反省。

広告

3件のコメント »

  1. ダイ said,

    いつも参考にさせていただいています、リードが壊れるのは吹き方に問題があるのですか!そういえば最初の頃、Aの4穴ブローが壊れ何台も買い換えたのを覚えています。ここ数年壊れないのでラッキーと思っていました、少しは上達したのかも(笑)。ところで5穴ベンドとはオーバードローのことですか?私には壊れる心配のない箇所です。

    • Yuki said,

      ダイさん

      壊れなくなったのは多分、壊れない吹き方ができるようになったということだと思います!

      5穴は半音までは下がりませんが、ベンドできます。音に表現力をつけるために使われることが多いです。

      3穴や4穴のようにがっつり下げようとすると壊れる可能性があります。やさしくやってみてください!

      • ダイ said,

        5穴の使い方わかりました。
        ありがとうございます。
        そういえば5穴はナチュラルでも、大きすぎる音になります。5穴はやさしく、ですね。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。