2013/10/29

Greg Zlap

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 9:17 pm by Yuki

毎年恒例の、NHL ハーモニカ・フェスティバル。今年の目玉は、グレッグ・ズラップ。出身はポーランドだそうですが、フランスでJJ Milteauにハーモニカを教わり、現在もパリ在住。

名前くらいしか知らなかったので、もっとフランスっぽい演奏をする人だと思っていたのですが、トラディショナル・ブルースの要素 (タングブロックで、感情たっぷりで、音色による表現力が豊かで、ハーモニカを『コード楽器』として捉えた演奏。) もたくさん入れた演奏をする方でした。もちろんフランスっぽい要素も大いにあるのですが、それだけではないので、聞いていて気持ちが良かったです。

小柄な方ですが、ステージでの存在感はすごかったです。歌もいいし、オーディエンスとのコミュニケーションの取り方も上手い。ブルースに限らず色々やる方らしくて、コンサートでは色々混ぜてやっていましたが、ジャム・セッションではブルースのスタンダードをたくさんやっていました。そのレパートリーの多さにも脱帽。

Greg_Zlap_NHL

ジャムは、ギターとベースがバックにいて、その前にヴォーカルマイクが3本。グレッグが真ん中のマイクでヴォーカルとハーモニカでリードして、サイドにハーモニカ・プレイヤーが2人加わる、という形で行なわれました。彼が歌って動いてフット・ストンプをすると、バンドと音楽にスピリットとエナジーが注がれる、そんな気がしました。楽しいジャムにしてくれたグレッグに感謝を込めて、大拍手を送りたいと思います。

ワークショップでは、トーンと呼吸方、それから様々なポジションで演奏する際のアプローチについて説明していました。演奏を聞いた印象から、パッカーとタングブロックを混ぜている感じがしたのですが、全て(オーバーブローも)タングブロックだそうです。これはちょっと意外で驚き。ポジションの捉え方は私自身のそれと同じで、全くもって同感(いつかこのブログでも取り上げたいと思います)。「そうそう、そうなのよ!」と激しく同意すると同時に、これからはやっぱりもっと方向性を持った練習をしよう!と反省。また課題が増えました。グレッグは教え方も上手くて、普段あまり色々なポジションを使わない人にもわかりやすかったのではないかと思います。

YouTubeにはけっこうたくさんビデオが出ていますが、私がライブで体験したかっこよさが伝わるものはあまり見つかりませんでした。でも、これこれ、このブルースはかっこいいです!

>LONG DISTANCE CALL – GREG ZLAP performs the song of the great Muddy Waters. Classic Slow Blues.

私は基本、ライブ演奏がかっこいい人を信じることにしているので、今回、グレッグをライブで見られて本当によかった。好きなモダン・ハーピストが増えるのってうれしいです。今度はいつライブが見られるかなとか、いつワークショップに参加できるかなとか、新しいビデオがアップされてるかなとか、次のアルバムはいつかなとか、いろいろ楽しみ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。