2013/11/21

James Bookerの映画

Posted in ハーモニカ以外, 本 / DVD / 映画 @ 12:14 pm by Yuki

最近、仕事関係で心が折れそうな事が続いていたのですが、そんな私を一気に引き上げてくれたニュース。

なんとなんと、ジェームス・ブッカーの映画ができたそうです!しかも、私の住んでいる街でも上映されるとのこと!!

こういうマイナーな映画はだいたいロードショーなんかにはならないですし、DVDにもならないので、映画ができたという話を聞いても見る機会はないということがほとんどです。以前書いたリトル・ウォルターの映画の話も音沙汰無しですし。

映画の詳細はこちら。

BAYOU MAHARAJAH – the tragic genius of JAMES BOOKER

見たことない写真や映像がいっぱいのトレイラー見ただけでわくわくです!

広告

2013/11/16

ポジ・ドライバー

Posted in ハーモニカ, ハーモニカ小物 / お手入れ @ 10:41 am by Yuki

最近、HohnerのMarine Band Crossover を使うことが多い私です。

しかしこのクロスオーバー、カバープレートを止める外のネジも、リードプレートを止める中のネジも、ポジ・ドライブというちょっと特殊なネジが使われているのです。こんな感じ。

pozi

普通のマイナス・ドライバーでもなんとか要は足りますけれども、非常に扱いにくい。それから、ポジ・ドライブにはやはり専用のポジ・ドライバーを使わないと、ネジの頭がだめになるそうです。

そういう私は、ドライバーを買うのが面倒で(だって、どこでも売っているというものでもないですし。)、これまでマイナス・ドライバーで無理くり済ませていました。しかし、やはり合わない道具を使っている感が強くて、ズルッとか、ガキッとかドライバーが滑ることが多く、その度に、「うがー!ネジがなめる!!」とひやひや。だったら早く専用のポジ・ドライバーを買えって話です。そんなわけで、ようやく重い腰を上げて買うことにしました。じゃん

pozi-1

使った感触は、やっぱりぴたっとくる!かしっとはまる!やっぱりもっと早く買っとけば良かったわ~。

2013/11/11

キーを書く

Posted in ハーモニカ小物 / お手入れ @ 11:59 pm by Yuki

ハーモニカの本数が増えてきたので(ロー・キーのものも含めて8本)、コームの両端にキーを書き入れることにしました。こんな感じで。

key_label1

key_label2

使ったのは、POSCAです。

key_label3

関係ないですが、POSCAって日本製なんですね。知りませんでした。ますます関係ないですが、つい先日、RolandとKorgも日本の会社だと知りました(爆)。知らなかった~!私はこれまで電子ピアノはYamaha派だったのですが、最近のRolandの電子ピアノはすごくクオリティが高くて、今度買い換える時はRolandにしようかなあと思っています。Korgもオルガンなどで世界的に有名ですよね。

さて、話をもとに戻して・・・。うちの夫はSeydelのステッカーを使っています。使っているうちに移動したり剥がれたりすることがあるらしいので、接着剤で付けると良い様です。こういうの。

key_label4

それから、Seydelではないですが、蛍光のレーベルもありますね。これは便利そう。ステージの上って暗くてよく見えなかったりしますもんね。最近、Hohnerも蛍光のレーベル作ったみたいですね。この間のハーモニカ・フェスのショップで見ました。まあ、私は当分はPOSCAで!

2013/11/03

Seydelがどれほど素晴らしい会社であるかについて

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, ハーモニカ小物 / お手入れ tagged @ 8:56 pm by Yuki

ハーモニカ・フェスティバルで、Seydelのハーモニカケースを買いました。

じゃん。

Seydel_12case2

本当は去年のフェスティバルで見て気に入って買うつもりだったのですが、大人気だったらしく、ぐずぐずしているうちに売り切れてしまったのです。コンパクトですが、12本入ります。ぎゅうぎゅう詰めれば18本くらい入りるらしいです(笑)。私はあまりたくさんのハーモニカを使わないので、スペアを入れてもまだ空きがあります。このケースの良いところは、

– 小さくて軽い!小さめのバッグにもすっぽり収まります。

– ハーモニカを立てて収納するデザイン。ハーモニカのキーの名前が読みやすい!

– ナイロン性なので、通気性に優れている。 ハーモニカにやさしい素材です。

Seydel_12case

6本入りのもあって、こちらは更にコンパクトです。実は本当に欲しかったのはこの6本入りだったのですが、またしても売り切れ!しかも、一番最後のを買ったのが夫だったっていう。夫婦仲に亀裂が入りそうな勢いです。フェスティバルのショップだと実物を手に取って見られるし、Seydelの人たちが色々おまけもしてくれるのが魅力なのですが、もうこれはネットで買うしかないかな。

裏側にベルトを通す穴(?)もついているので、腰にぶら下げることもできます。私はやりませんけれども。

Seydel_12case3

Seydelはいつも斬新なアイディアの商品を開発して来るので、ショップに行くとつい色々買いたくなってしまいます。従業員が30人にも満たない小規模な会社で、トップの人が自ら車を運転してわざわざドイツからやって来るような会社です。(深夜0時に出発して、着いたのが夜の8時だと言っていました!)フェスティバルの前日、ちょうどジャム・セッションがあったので、Seydelの頭取であるLarsと、プロダクト・マネージャーで、カスタマイザーで、素晴しいプレイヤーでもあるBertramを誘って出かけました。ジャムの前にお食事に行ったのですが、食事の後、私達がぐだぐだ話している間に、何とLarsがさっさと支払いを済ませてくれました!そのやり方がね、もうスマートで。てっきりトイレにでも行ったものだと思っていたので、こういう時にありがちな、「ここは僕が。」「いやいや私が!」「いいからいいから、僕が!」みたいな伝票の奪い合いもなしでした。素敵です!ごちそうさまでした!

そしてBertramといえば、フェスティバルの間、連日遅くまで起きてジャムしてました。深夜(というか明け方)、さすがにだんだん起きている人が少なくなってきて、私達も疲れたしそろそろ帰ろっか、、、という頃、ふと横を見るとBertramはまだまだ元気に吹きまくっているという(笑)。フェスティバルの仕事があるから、私達よりも早起きしなきゃいけないはずなのに!楽しいなあ、もう! 素晴しいプレイヤー(ハーモニカのみならず、ピアノも上手い!)である彼のバンドのサイトはこちら。CDもいただいちった。感謝!

boogie_alive_cd

以前紹介した、バッキングトラックが入った練習用のSeydelのCD-ROMは、このバンドが演奏しています。

そんな感じで、Seydelは、とってもフレンドリーで、楽しくて、ハーモニカに対する情熱がたっぷりで、大好きな会社です。そういう意味ではHohnerよりも好き。そんなに好きならハーモニカもSeydelにしろって話ですが、私は今のところHohnerを使っているのでね。。。こうしてブログにでも書いて、ちょっとでもお役に立てたらいいなあ、と思います。ケースなどの小物だけではなくて、Seydelのハーモニカももちろん素晴らしいです!