2014/02/10

Little Walter おたく

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , @ 12:09 pm by Yuki

先日紹介しましたアキ・クマー(Aki Kumar)のワークショップに行ってまいりました。もうね、ものすごいリトル・ウォルターおたく。曲の頭っから最後まで完コピするのはもちろん、フレーズとフレーズの間の、聞こえるか聞こえないかという息使いまで入念に研究しているお方です。

Aki-1

リトル・ウォルターは、常にブレスで作り出すリズムに乗って演奏をするのがそのプレイの特徴です。他のプレイヤーにも見られることですが、リトル・ウォルターは特に顕著だと思います。アキのワークショップでは主に、このブレスでリズムをキープすることの大切さが取り上げられていました。 (この日、別の教室でうちの夫も同じトピックでワークショップをやっていました。全くの偶然ですが、こだわりの強いプレイヤーにとっては、何とも重要なトピックだということだと思います。)

そんな非常に緻密な研究をしているアキ・クマーですが、実際のパフォーマンスでは自身の演奏をする人です。「曲の再現」を目指したような演奏をするバラス・ラジャクマー (Bharath Rajakumar)とはかなり違います。リトル・ウォルターのスタイルをインプットとして、自分の言葉でアウトプットする、という点では、アキはキム・ウィルソンに近いかなあ。

aki_kumar_brighton

歌も上手いし、演奏中のオーディエンスとのコミュニケーションの取り方もプロフェッショナルだし、私としては、「次世代のキム・ウィルソン」として今後の活躍を期待したいプレイヤーです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。