2014/03/31

カフェインの効用

Posted in ハープ日記 @ 2:30 pm by Yuki

春眠暁を覚えず。眠いです。眠っても眠っても眠い今日この頃。昨日も9時間寝たのに(子供並。)まだ眠い。

こんな時に頼りたくなるのが、カフェインです。あー、今日はなんかだるいな〜、練習したくないな〜、というような日でも、カフェインを摂るとめっちゃ練習したくなります。

練習に限らず、仕事なんかでも、カフェイン摂るとものすごくやる気が出てポジティブになって、仕事が楽しくなったりします。恋でもしているかのような、カフェインでハイになっている時のあの高揚感。やめられませぬ。

1日にコーヒー1杯くらい(と言ってもカプチーノ系を飲むことが多いので、結局はエスプレッソ2ショットですが。)ですけれども、カフェイン無しでは正常な生活が送れないという点で、私はすっかりカフェイン・アディクトです。 最近、エスプレッソ・マシンまで購入して、アディクションへの道まっしぐら。

しかし、元気が出て仕事がはかどった気になることが多いですが、カフェインというのは人をクリエイティブにはしないそうですね。私の好きなスローガン(?)に、こういうのがあります。

drink-coffee-sign

コーヒーを飲みましょう!コーヒーでエネルギーを得て、バカなことを速いスピードでやりましょう!

コーヒーは物事のスピード・アップにはなるけれども、その内容や結果が必ずしも良い仕事、間違いのない仕事、クリエイティブな物になるとは限らない、ということですね。非常に的を得ていて笑えます。

でも音楽って、エネルギーを注ぐことでその演奏が変わることも多いですし、肉体的に調子が良いことによって、曲想が浮かぶこともあると思います。例えば、
ハイになってピアノの指がばりばり回る時にしか生まれない曲もあるような気がする。まあでも確かに、じっくりと音を練る練習とか、テクニックを見直す練習とかは、カフェイン無しでやった方か良い気がします(あくまで私の場合です)。

ちなみに、人を最も (と言っても、合法ドラッグ内の話だと思いますが) クリエイティブにするドラッグは、アルコールだそうです。でも、私はお酒飲むと心臓バクバクして死にそうになるのでね。練習とか何かをクリエイトするとかは、まずあり得ません。

広告

2014/03/25

Sonny Terry – Joe Filisko と Paul Lamb の場合

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , , @ 8:19 pm by Yuki

引き続き、サニー・テリーをやっております。もう楽しくて楽しくて、毎日こればっかり。

音楽って、練習ももちろん大切ですが、「聞く」こともそれと同じくらい大切ですよね。ということで、最近はサニーおじさんをよく聞いています。もちろん サニーはずっと前から大好きでしたけれども、自分でやるようになると、聞き方もちょっと変わります。聞いていただけの時は気が付かなかったサニーおじさんのすごさに感動する毎日です。サニー・ボーイ1世のコピーをやっていた時にも感じたことですが、これは楽器を演奏することの一つの醍醐味だと思います。毎日こつこつと練習していることへのちょっとしたご褒美、という感じで嬉しくなります。

それと同時に、最近は、現代のプレイヤーでサニー・テリーのスタイルをやっている人の演奏も聞いたりしています。

サニー・テリーといえばやはりこの方、ジョー・フィリスコ大先生。永遠の憧れです〜。演奏からもその前の話からも、サニーとブラウニーに対するリスペクトが感じられます。次回会うまでにサニー・テリーをいっぱい練習して、ジョーに聞いてもらうのが、当面の私の目標(爆)。

>Joe Filisko & Eric Noden – Whoopin’ the blues

それから、イギリスのハーモニカ・エース(笑)、ポール・ラム。この方のサニー・テリーもすごい。今は教則本/CD/DVDがたくさん出ていますし、ネット上にもたくさんの情報があふれていますが、彼がハーモニカを学んだのは色々な情報がなかった時代なので、全て独学したそうです。そんな若きポールのヒーローだったのが、サニー・テリーとビッグ・ウォルター。現在では独自のスタイルを持っているポールですが、それもこの二人の演奏をがっつり学んだからこそ、という気がします。ブルース・ハープって、ブルース・スケールやブルー・ノート、ヴァンプ、ブルージーなリフなどを使えば、「ブルースっぽい」演奏にはなりますが、それだけだとやっぱりブルースとしては何かが欠けてしまうんですよね。ブルース・ハープのパイオニアのスタイルをとことん学んだ人の演奏は、やはり強いです。ポールが、サニー・テリーの一曲を10年かけて学んだ、という武勇伝(?)は有名です。「どれだけサニー・テリーに似ているか」という面では、ポールの方がジョーよりも近いかなあという気がします。私の知っている限り、サニー・テリーのスタイルでこの人に適うプレイヤーはいない、というくらいすごい。

>Paul Lamb plays a Sonny Terry style harmonica slow blues

サニー・テリーでは、こういうスローな曲の方が、実は難しかったりします。使ってる音はシンプルなんですけどね、どうやってこの独特の音色とフィーリングを出すのかは、今のところぜんっぜんわかりません。

明日も練習がんばります。

2014/03/19

竹製コームを膨らませる女

Posted in ハーモニカ小物 / お手入れ @ 6:31 pm by Yuki

イギリスの国民的食べ物に、ベイクド・ビーンズというのがあります。インゲン豆を甘いトマトソースで煮た、まあ大して美味しくもない代物ですけれども、なんか不思議と食べたくなる。イギリスの生活には欠かせない食べ物です。こんなふうに缶入りで売られています。まずそうですね!

heinz_beans

先日、このベイクド・ビーンスを使って夕飯の準備をしていたのですが、何せ私はキッチン・ドリンカーならぬキッチン・ハーパーで、ご飯作ったりしながらハープで遊ぶことが多いため、キッチンに置いてあったお気に入りのクロスオーバーにベイクド・ビーンスのソースがかかるという事態が起こりました!洗ってチューニングし直したばっかりだったのに!

すぐに洗いましたが、こういう時、コーリアン(Corian)のコームだと思いっきり水でじゃばじゃば洗えるので便利です。クロスオーバーの竹製コームも防水加工はしてありますが、やはりどっぷり浸けて洗うのはちょっと気が引けますし、トマトソースなんかはできればこぼしたくないものだと思います(そんなのこぼす人たぶんあんまりいない)。

私は最近、よく使うハープはコーリアンのコームに衣替えしました。唇の端が貧弱なので、コームは極力なめらかなものを使いたい。クロスオーバーのバンブー・コームも好きで、頻繁に使わないロー・キーやスペアのハープのコームは替えずに、そのまま使っています。ただですね、私は人より唾液の量が多いのか、なんと竹製のコームでも長時間練習するとちょっとコームが膨らんでしまうのです。さすがに木製みたいには膨らみませんが、確かにうっすらと盛り上がってるんですよ。夫には、「バンブー・コームを膨らませるなんて信じられない!」と人間じゃないみたいな目で見られております。まあ確かにね・・・。で、膨らんだコームで練習するとまた唇の端が痛いことになってしまうので、コーリアンを使っているというわけです。

c_combs

唇の端が弱くて、ハーモニカにトマトソースをこぼすようなおっちょこちょいな人には、コーリアン・コームは非常に便利です。

2014/03/12

Zigaboo Modeliste

Posted in ハーモニカ以外 tagged , @ 10:44 am by Yuki

ジガブー・モデリストのコンサートに行って来ました。言わずと知れた、The Meters のオリジナル・メンバーです。

zigaboo_1

生ジガブー!

音きれいだった!ハネてた!”Look-ka Py Py” や “Cissy Strut” など、ミーターズのお約束みたいな曲から、The Wild Tchoupitoulas の曲、それから最後には “Big Chief” までやってくれました。楽しかった〜。ありがとう、ジガブー!

ジガブーの隣でベース弾いてた方がすごくかっこよくて、私の目はジガブーとベーシストさんを行ったり来たりしていました。上手いベーシストというのは、どうしてこうもかっこいいのか。

zigaboo_2

カメラ持ってなかったので、スマホで撮ったこんな写真しかありません。ブロガー失格。

2014/03/07

驚きと情熱と尊敬と

Posted in ハープ日記, ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 11:54 am by Yuki

先日、生徒さんの一人がモーツァルトのソナタを持ってきました(私はピアノを教える仕事をしています)。

モーツァルトのソナタの中では比較的簡単なもので、 私がこの曲を学んだのは大昔(確か10代の始め頃)ですが、 久しぶりにこの曲にじっくりと触れる機会を持って、改めてモーツァルトは天才だったんだなあ、と大感動しております。レッスン中もついつい、「ここ、すごいよね。天才だよね!」などという話をしてしまう。

モーツァルトに限らず、曲や作曲家に対する驚きを持ち続けるというのは、教えたり演奏したりする立場の人間にとって、とても大事なことだと思うのです。「うあ~、またこの曲かあ。」という姿勢はできれば避けたい。退屈な曲(試験の課題曲とか生徒さんの希望で、そういうのをやらなければいけないこともあります。)だと確かにそういう時もありますけれども、素晴らしい曲というのは、聞く度、演奏する度に、新しい驚きがあるものだと思います。

Wolfgang
(モーツァルトは実は下ネタ好きだった。)

ブルースでは、去年の夏頃からずっとジョン・リー・ウィリアムスン(サニー・ボーイ・ウィリアムスン I )ばかり聞いていますが、この人は本当に飽きません。聞けば聞くほど凄さが身に沁みます。好きで好きでたまらなくて、聞いた後に「うあああ!大好きだあああ!」って叫びたくなる。そんぐらい好きです。

john_lee_w

曲や演奏に対する驚きと、演奏することや教えることに対する、まあちょっと気恥ずかしい言葉ですが情熱みたいなものと、そういう音楽を作り出した人達を尊敬する心は、いつも忘れずにいたいと思います。

2014/03/03

Jason Ricci + Dennis Gruenling + Pat Ramsey

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , , @ 10:13 am by Yuki

ジェイソン・リッチとデニス・グルンリングとパット・ラムジーによるハープ・バトル!これはすごい。最初は一人ずつけっこう長く吹いていますが、途中から4小節ずつに変わります。

>Pat Ramsey,Jason Ricci and Dennis Gruenling-Pat Ramsey Fundraiser 8-16-2005

ジェイソンもデニスも大好きなプレイヤーですが、最近はあまり聞いていなかったので(サニー・ボーイ I とかサニー・テリーばかり聞いているので)、このクリップを見て改めて、やっぱりこの二人はブルース・ハープの革命児だなあと思いました。

jason_ricci_rc

ジェイソンの演奏は速吹きが特徴ですけれども、出だしのアタックの仕方や、音の表情、音の切り方(フレーズの終え方)、ダーティー・ノートやタング・スラップの使い方などがブルース・ハープの古典から来ているものなので、そういうところに私はぐっと来るのだと思います。私は速吹きとかぜんぜん興味ないんですけど、この人は大好きです。最近は速吹きする人も増えましたけれども、ジェイソンみたいに細かいところで伝統的なブルース・ハープ奏法へのこだわりが聞こえてくる演奏をする人はあまりいません。先日のアキ・クマーのワークショップで、キム・ウィルソンをはじめ現代のプレイヤー達は皆、先代の演奏をしっかり勉強した上で自分のスタイルを作り上げた、という話があったのですが、その中で、90年代始めのジェイソンはウィリアム・クラークみたいな演奏をしていた、という話もありました!

dennis_gryenling_bw

デニスもものすごいブルース・ハーモニカおたくで、その奏法はやはり伝統に則ったものですが、彼なりの音のチョイスとか、フレージングとか、音の表情のつけ方は新しい時代のものですね。「ここでそう来るか!」と良い意味で期待を裏切られることが多くて、聞いていて楽しくて、にやにやしちゃう。

pat_ramsey_ht

パット・ラムジーは亡くなってしまったこともあり、それほど有名なプレイヤーではありませんが、この人がいなかったらジェイソンのスタイルも生まれなかったかもしれない。彼がジェイソン・リッチに大きな影響を与えたことは有名です。もっと評価されるべきプレイヤーだと思います。すっかり忘れていましたが、過去記事を検索したらこんな事を書いたことがありました。>Pat Ramsey

しかしあれですね、練習して上達するのは嬉しいですけれども、上達すると耳が肥えるので、「上手い人にできて自分にできていないこと」がどんどん分かるようにもなりますよね。デニスやジェイソンのスタイルを目指しているわけではないですが、自分はディテールがまだまだだなあ、と思います。上手くなればなるほど、理想から遠ざかって行くような気がする今日この頃です。自分の演奏に満足することは、一生無いような気がする。。。だからこそ楽器を学ぶことは楽しいとも言えるんですけれども。あまりに遠い道のりに、頭がくらくらすることも多いです。