2014/03/19

竹製コームを膨らませる女

Posted in ハーモニカ小物 / お手入れ @ 6:31 pm by Yuki

イギリスの国民的食べ物に、ベイクド・ビーンズというのがあります。インゲン豆を甘いトマトソースで煮た、まあ大して美味しくもない代物ですけれども、なんか不思議と食べたくなる。イギリスの生活には欠かせない食べ物です。こんなふうに缶入りで売られています。まずそうですね!

heinz_beans

先日、このベイクド・ビーンスを使って夕飯の準備をしていたのですが、何せ私はキッチン・ドリンカーならぬキッチン・ハーパーで、ご飯作ったりしながらハープで遊ぶことが多いため、キッチンに置いてあったお気に入りのクロスオーバーにベイクド・ビーンスのソースがかかるという事態が起こりました!洗ってチューニングし直したばっかりだったのに!

すぐに洗いましたが、こういう時、コーリアン(Corian)のコームだと思いっきり水でじゃばじゃば洗えるので便利です。クロスオーバーの竹製コームも防水加工はしてありますが、やはりどっぷり浸けて洗うのはちょっと気が引けますし、トマトソースなんかはできればこぼしたくないものだと思います(そんなのこぼす人たぶんあんまりいない)。

私は最近、よく使うハープはコーリアンのコームに衣替えしました。唇の端が貧弱なので、コームは極力なめらかなものを使いたい。クロスオーバーのバンブー・コームも好きで、頻繁に使わないロー・キーやスペアのハープのコームは替えずに、そのまま使っています。ただですね、私は人より唾液の量が多いのか、なんと竹製のコームでも長時間練習するとちょっとコームが膨らんでしまうのです。さすがに木製みたいには膨らみませんが、確かにうっすらと盛り上がってるんですよ。夫には、「バンブー・コームを膨らませるなんて信じられない!」と人間じゃないみたいな目で見られております。まあ確かにね・・・。で、膨らんだコームで練習するとまた唇の端が痛いことになってしまうので、コーリアンを使っているというわけです。

c_combs

唇の端が弱くて、ハーモニカにトマトソースをこぼすようなおっちょこちょいな人には、コーリアン・コームは非常に便利です。

広告

4件のコメント »

  1. Ogitetsu said,

    ベイクド・ビーンズの缶のラベルに、いわゆる寒冷色を使うのがイギリスなんだろうなあ。普通は暖かい色や大地系の色を使いますよなあ。
    イギリスの女性もそうなんでしょうか。冷たいようでいて、開けてみると、何ということは無いのだけど…。
    まあ、変な想像は止めてと。

    おぎ

    • Yuki said,

      >オギさん

      なるほど、この色使いはイギリス風なんですかね。
      イギリス人は男性も女性も、ラテン系のヨーロッパ人とはやはり違いますね。

  2. shin555 said,

    コーム方面にもトマトソース方面にも取っ掛かりのない私ですが、一言コメントしたくなるエントリーですね〜♪
    唯一のイイとこはオギさんに取られちゃったし(^-^)

    • Yuki said,

      >shin555さん

      マニアックな上に、ほんとどうでもいい内容ですね(笑)。
      くだらないエントリーにおつきあいありがとうございます!


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。