2014/04/03

お里が知れる

Posted in ハープ日記 @ 1:24 pm by Yuki

ブルースのアドリブで、有名な曲の一部分を引用することがありますよね。有名なのは、ジェームス・コットンの「ジングルベル」とか。ちょっとマイナーなのでは、リトル・ウォルターの「葬送行進曲」とか(Memphis Minnie の “Lake Michigan” で吹いてるやつですね)。それから、「The Flintstones(アニメ、原始家族フリントストーン)」のテーマ曲も使われることが多いです。これは、ジェイソン・リッチが先日のクリップで入れています(5:20あたり)。ジェイソンは、「エリーゼのために」を使うこともありますね。あとは、「ナイト・トレイン」とか「テナー・マッドネス」とか、ジャズの有名な曲を入れる人もいます。デニス・グルンリングとかウェスト・コーストのギタリストはジャズの曲の引用をすることが多いです。

私はピアノを弾いているとたまに「ナイト・トレイン」が出てくる程度で、引用というのはあまり意識してやりません。尤も、かっこいい引用というのは意識してやるものではなくて、アドリブの最中にぱっと出てくるものだという気もしますが。

しかし、そんな私でも、けっこう頻繁に出てきてしまう曲があります。

それは、、、

ピンクレディーの「サウスポー」(爆)。

ピアノでブルースを弾いていて、のってくると、「せーばーんごういちーのーすごいやーつがあいーてー」の部分が出てきます(笑)。まあね、一応ブルースっぽくはなっているんですけれども。ちなみに、ハーモニカでは出ないですし、ノリが悪い日には出てきません。

ブルースにどっぷりはまってても、結局あんたの原点はここかい!と自分につっこみを入れたくなる瞬間。

広告