2017/04/15

Aki Kumar + Rockin’ Johnny

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , @ 10:40 pm by Yuki

イギリスに住んで16年。こちらの生活にどっぷりと浸かってしまっていました。日本に帰るともう、ただの常識ないおばちゃんでしかありません。だいたいこの歳でおしゃれ着(?)がTシャツとジーンズ(又はミニスカート)とエアマックス(たまにアディダス・スーパースター)とかいう時点で終わってる。もう日本には帰れまい(イギリスは個人主義が浸透しているので、結構なんでもアリなのです)。

そんな私ですが、やっぱり自分は日本人だよなあ、と思う瞬間は良くあります。ショパンのソナタがなかなか暗譜できなくて、「ああ、暗記パン欲しい・・・」と呟く時ですとか、料理で醤油を使う度に、「しょうゆうこと!」と頭の中で言ってしまう(かろうじて実際に言葉にはしない。)時ですとか。そういうのを直ちに分かち合える相手が近くにいないというのは、なかなか寂しいものです。

ハーモニカに関しては、例の秋熊。たまに夫の前で「オータムン・ベアー」とか言ってみたりしますが、たぶんわかってません。

さて先日、その秋熊を見に行って来ました。今回はギターのロッキン・ジョニーと共にツアーをしているアキ・クマー。このジョニーのギターが、めっちゃかっこよかったです。片道1時間半かけて行った甲斐があった(運転したのは夫ですが)。なんていうか、いちいちかっこいい。一音一音に表情があって、意味がある。夫がCDを持っていて、ちょっと聞いたことはあったのですが、その時は取り立てて良いとは思わなかったのです(恥)。でも今回のライブを見て、すっかりファンになりました。CDにサインしてもらい、おまけにステッカーもいただいてほくほく。夫には「好きじゃないって言ってたくせに!!」と呆れられる始末です。

IMG_20170410_213757

IMG_20170414_203012

なんかジョニーの話ばっかりになってしまいましたが、アキも相変わらずハーモニカ・マニア感満載の、素晴らしい演奏をしてくれました。これからのブルース・ハープ界をしょって立つ一人になるような気がします。考えたくないことですけど、御三家(キム・ウィルソン、ロッド・ピアッツァ、リック・エストリン。このチョイスは私の独断と偏見ですが、ブルース・ファンの方ならわかってもらえるかと思います。)がいなくなってしまった後、ブルース・ハープ界はどうなるんだ?という不安は、ちょっとありますよね。そんなこともあって、アキにはこれからも頑張ってもらいたい。

アキはフレンドリーで謙虚で、とても良い人です。ブルース・ハーモニカ界って、良い人多いですね。有名な人、ある程度のステータスを築いている人(今回のアキとか。)で、傲慢な人って会ったことありません。彼のCDも買いましたが、それについてはまた後日。

広告