2017/05/31

上の空

Posted in 自分の録音・録画 tagged @ 10:24 pm by Yuki

前回に引き続き、 自分の演奏を。。。ブラウニー&サニーの定番、Walk On と Down by the River Side。夫のライブでシットインさせてもらった時のものです。

Down by the River Side のサニーの演奏は、私の中ではトップ5に入るくらい大好き。何故そこでブロー!?普通、そこはドローでしょ!!」という、スタンダードなブルースの演奏では考えられないアプローチが満載で、いつも聞くたびに大笑いしてしまいます。しかし、そのナンセンスさ(?)が不思議と音楽にマッチして、めちゃ素敵です。天性の才能としか言いようがない。ブレス・コントロールに重点をおいた演奏をする、サニーだからこそのアプローチ。

前回同様、リハはなしでしたが、ライブの前にちょこっと、何の曲をどのキーで演るか、などを打ち合わせをする時間はありました。その割には、曲が始まる前の(特に2曲目)、「えーと、えーと、どんな曲だっけ、サニーはこの曲どう演るんだっけ」と考えてる感が半端ないですが。ピート(ギタリスト)が話しているのに、そっちのけもいいとこで、すっかり上の空。Walk On の始まりもサニー・ボーイ入っちゃってるし。他にも反省点は色々ありますけれども、お楽しみいただけたら幸いです。

2017/05/10

ドラえもん、サニー・テリーを吹くの巻

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, 自分の録音・録画 tagged , @ 9:17 am by Yuki

最近、友人(60代)が、フェイスブックのプロフィール写真を更新しました。彼が若い頃の、なんかかっこつけたポーズを取っているちょっとイケてる写真で(笑)、彼が言うには、「ここは自分のページなんだから、自分の好きな写真載せるんだもんね!」ということでした。その後に、「昔はかっこよかったのに、何でこんなんなっちゃったんだ?」というコメントを自分で付けていて、まあ、イギリス人の得意な自虐ネタなんですけれども。

そんな彼を見習って(?)、今日は自分の演奏を(笑)。ここは私のブログですから!!!(爆)。

2月にハーモニカのイベントに参加しまして、その時のジャムで演らせてもらったものです。リハなし、ギターの方のとの面識なし、打ち合わせする時間もなしだったので(ジャムでは普通のことですが。)、ちょっとした賭け(?)でしたが、上手く合わせていただいて、吹きやすかったです。

サニー・テリーって、ジャムにはあまり向かないような気がします。面識のない人(どういうスタイルが得意なのかわからない人)とのジャムではやっぱり、「12バー、シャッフル、キーはEで!」みたいなチョイスが安全かと思います。サニーは拍が飛ぶことが多くて、しかも飛ぶのが半拍だったりすることも。サニーおじさんはやりたい放題です。なので、ギターの人もそういうのに慣れていないと弾きにくいでしょうし、ハーモニカ側としても、きっちり4拍子のブギみたいなギターを弾かれると辛い。

そういう意味でも、サニー・テリー&ブラウニー・マクギーのデュオは最強だと思います。サニーがどんだけ拍を飛ばそうが、ブラウニーはいつもサニーが何処に行きたいのか分かっていて、きっちり合わせてくる。

それにしても、このビデオの私の顔は、何でこんなに丸いのか。ドラえもん並に丸い。「なんかドラえもんみたいだよねー」と夫に言ったら、「ドラえもんもアンパンマンも、フレンドリーな人達はみんな顔が丸い!だから大丈夫だ!」と返答されました。持つべきものは、ポジティブな夫だと思います。