2014/09/26

Sonny Terry – take 2

Posted in 自分の録音・録画 @ 10:40 pm by Yuki

思うところあって、サニー・テリーの録音をやり直しました。バージョン・アップです。

2014/07/27

ピン芸人

Posted in ハープ日記, 自分の録音・録画 @ 9:34 am by Yuki

お久しぶりです!ハープおたくのみなさま、いかがお過ごしでしょうか?ブログをすっかり放置しておりましたが・・・めっちゃ忙しかったのです!

まず6月に、ハーモニカとフット・パーカッション(ストンプ・ボックス+タンバリン)とボーカルで、ソロのライブをやらせてもらいました。なにしろこういう形態でのライブは初めてだったので、聞き返してみると色々問題はありますが、こういうのは回数重ねて慣れて行くしかないんだろうなあ、と思います (この先どれだけこういうライブをやって行くのかは不明ですけれども)。

他にもサニー・テリーとかアンプリファイドとかもやりました。

いつも思うことですが、歌とハーモニカ一本だけで(他の楽器の伴奏なしで)、音楽をずーっと繋げ続けるというのは非常に難しいです。息つく暇もないというか、唾を飲み込む暇がないというのが一番辛い。ピアノ弾きながら歌うのも難しいし得意ではないですが、それとはまた別の難しさがあります。それから、ストンプが意外に疲れる(笑)。

まあそんな感じで、このライブのための準備と、それから去年くらいからずっと計画を練っていたピアノのプロジェクトの打ち合わせや練習や曲のアレンジなどもあり、忙しくしておりました。こちらの方もライブを始めたので、近いうちに何かアップできれば、と思います。

2014/02/21

Sonny Terry と Sonny Boy Williamson I

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, 自分の録音・録画 tagged , @ 2:18 pm by Yuki

最近練習している曲を、ちょっとまとめて録音してみました。

まずは、しつこく練習しているサニー・ボーイ1世。サニー・ボーイ I の中でも大好きな曲ですが、非常に大変です。ブレス・パターンとか、アタックの仕方とか、3穴ベンドのコントロールとか、ハーモニカだけでも大変なのに、歌の部分も忙しいのであっぷあっぷしちゃいます。唾を飲み込む暇もない(ハーモニカではこれがけっこう重要だったりするのですが)。

それから、去年の暮れから始めたサニー・テリー。基礎はジョー・フィリスコ大先生のインストラクションで学びましたが、耳コピもたくさんしました。これからまだまだ練って行く予定です。やっぱり難しいなあ、サニーおじさん。

そして、またしつこくサニー・ボーイ1世。これも大好きな曲です。サニー・ボーイ I の曲は2曲とも夏ぐらいからやっています。以前の録音に比べたら、だいぶサニー・ボーイっぽくなったかなあ、、、。この人は本当にテクニシャンなので、そんなに難しく聞こえないちょっとしたフィルインとかも実は難しいです。

2013/12/05

グリッチ!

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, 自分の録音・録画 tagged , @ 11:19 am by Yuki

師走です。皆さんいかがお過ごしでしょうか?私もさすがに人並みに忙しい毎日で、ブログのネタを考える時間もありません。そんなわけで、今日はこちら。

Harmonica+rap+glitch

うちの夫がYouTubeにアップした動画に、「この曲使ってこんなの作ってみたから、聞いてみ!」というコメントが寄せられたのだそうです。私はよくわかりませんが、グリッチ(glitch)って言うんだとか。音楽として良いのかどうなのかは微妙ですが、まあ楽しいことは楽しいです。

オリジナルはこちら。アダム・ガッソー (Adam Gussow) が自身のサイトのフォーラムで自ら取り上げて、フレージングが上手いと大絶賛していたこともあります。

Slow Blues in D – solo harmonica

これを録音したのはかなり前なので(まだドレッドだった頃。爆)、久しぶりに聞きました。自分の演奏が上達すると、人の演奏の聞き方も変わるものだなあ、とほんとに思います。今までは聞こえなかった、細かいこだわりみたいなのが聞こえてくる。私はやっぱり、良い音色で、細部の表現にこだわった、趣きのある演奏が好きです。

2013/10/11

Sloppy Drunk / Look on Yonder Wall

Posted in 自分の録音・録画 tagged @ 11:00 am by Yuki

最近アップした動画を2つ。

まずは、しつこくサニー・ボーイ・ウィリアムスン I (ジョン・リー・ウィリアムスン)のコピーです。完コピではないですが、サニー・ボーイ I のコピーをやるにあたって大きな難関となっている、シャープさスウィートさ、ラフさとデリケートさが共存している感じとか、音楽の弾む感じは少しは出せたかなあと思います。まだまだですけどね。。。

それから、あんまりサニー・ボーイ I のコピーばっかりやってるのもさすがにきついので、それと平行してこういうのもやっています。これまたブルースの名曲ですが、ファンキーな感じでやってみました。2ndポジションですが、途中、ソロで3rdポジションも使っています。

私はハーモニカを吹く時は、集中できるので目をつぶることが多いのですが、ハーモニカを持ち替える時もなぜか目をつぶったままで、手探り状態になっています(笑)。多分、集中力を切らしたくなかったからだと思いますが、こうやって見ると笑えます。それにしても、誰かのコピーをするよりは、こういうのやる方が断然楽だなあ。って当たり前か。。。

2013/09/24

Sugar Mama – Sonny Boy WIlliamson I

Posted in 自分の録音・録画 tagged @ 9:51 pm by Yuki

懲りずにサニー・ボーイ・ウィリアムスン1世(Sonny Boy Williamson I)こと、ジョン・リー・ウィリアムスン(John Lee Williamson)のコピーをやっています。Sugar Mamaです。最初のソロはジョン・リーのコピー、2番目のソロはなるべくジョン・リーっぽいスタイルで自分なりにやってみました。

ハーモニカはHohnerのCrossoverですが、最近ジョン・リーのコピーばかりやっているので、自分で純正律にチューニングし直しました。

夏にジョー・フィリスコ大先生にアドバイスをいただいて、ハーモニカを持つ時の左手の形を少しだけ変えたのですが、こうして見てみるとできている時とできていない時があります。自分の演奏を聞いたり見たりするのって気恥ずかしいし、ぼろが見えるので嫌ですが、よい勉強になりますね。はー、また明日からがんばろう。

2013/07/11

お天気なので・・・

Posted in ハープ日記, 自分の録音・録画 @ 1:31 pm by Yuki

ここ最近、練習さぼり気味。なぜかというと、、、お天気だからです!

イギリスでこんなに夏らしい日が続くのはの珍しいので、ここぞとばかりに外へ出て遊んでいます。一応大人なので、仕事はさすがにしますけれども、それ以外はできるだけ外に出ていたい。そんなわけで、ブログのネタもあまりないので、今日はYouTubeにアップしたクリップを載せたいと思います (Twitter や Youtube でフォローしてくださっている方は、もう見てくださっているかもしれません)。

この録画をしたのはけっこう前なのですが、Nine Below Zeroのクリップを載せたすぐ後だったので、あんまり自分の(大して上手くもない)演奏ばかり載せるのもどうかと思い、ブログに載せるまでに少し時間を置くことにしました。そのうちピアノの録画などもはじめて、ブログにアップする機会を逃したまま、今日に至ります。

でも、こういうのはやっぱり、「録画できた!」という勢いに乗ってアップするに限りますね。時間が経てば経つほど「載せようかな、どうしようかな」と躊躇してしまいます。でも今回はネタもないので(笑)、思い切ってアップします!もったいぶった割にはぜんぜん大したことないです(爆)。

2013/05/15

リハビリ・ブギ

Posted in ハーモニカ以外, 自分の録音・録画 @ 8:12 am by Yuki

YouTubeにピアノの動画をアップしました。実は、数年前に手を怪我してずっと調子が悪かったのですが、最近回復し始めてうれしいのです。まだ様子見ながらですが、今のところ毎日まとまった量を弾いても平気なようなので、完治の日も近いかも!そんなわけで、「リハビリ・ブギ」です。お暇な方はどうぞ。

ピアノの上、散らかり放題。いつもこんな散らかった部屋でレッスンしてます(笑)。

途中、鼻をすする様な音が何度も入っていますが、これは花粉症でも風邪をひいているわけでもなくて、息を吸い込んでいる音です(笑)。ピアノって息なんて止めていても弾けそうですが、実は呼吸が非常に大切なのです。細かく言えば違うところはたくさんありますが、基本、歌と同じ様にフレーズを歌って、その間に腹式呼吸でブレスを取ります。それにしても、こうして聞いてみるとうるさい!(笑)。あと、弾いている時は気づきませんでしたが、歌ってるのか唸ってるのかわからないような音も入ってました。それから、鍵盤に触る音が意外にも大きく入っていて、ちよっとびっくり。ヘッドフォン使ったせいもあるかもしれませんが(ノートパソコンのスピーカーがあまり良いものではないので、パソコンで音楽を聞く時はだいたいいつもヘッドフォンを使用します。)聞き返してみると、なんだかそんなことばかりが気になりました(笑)。

2013/04/07

ファースト・ポジション – JVの場合

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, ハーモニカ以外, 自分の録音・録画 tagged , @ 8:10 pm by Yuki

キム・ウィルソンのファースト・ポジションと、ロッド・ピアッツァのファースト・ポジションに続きまして・・・ええと・・・今日は夫です(笑)。この流れで自分の演奏は絶対に載せないですけど(キムとロッドの後に続くのは恐れ多い。)、夫の演奏なのでまあいいや(思いっきり他人事)。

先日、家で練習していたら、隣の部屋から夫がやって来て、「ちょっと音たくさん詰め込みすぎじゃないの?」と言われました。まあ確かにこういう演奏を聞くと、少ない言葉で多くを語るのって大切だよな、と思います(練習に夢中になると、つい忘れてしまう)。

途中からグラスも使ってます。

Pete Harris & Jon Vaughan – Trouble in Mind

歌とギターは、ピート・ハリス(Pete Harris)。住んでいる地域が違うので(ピートはサウス・コースト、うちはウェスト・コースト。笑)、最近まであまり良く知らなかったのですが、ギターも歌も非常に素晴らしいブルース・ミュージシャンです。モジョ・ビュフォードやレイジー・レスターがイギリスでライブをした際は、彼のバンドがバックを務めたこともあるそうです。私はバンドの演奏は聞いたことがあったのですが、こういうアコースティックの演奏は今回が始めてだったので、ピートの演奏の幅の広さに改めて感心しました。(ミシシッピ・ジョン・ハートの曲なんかもやって、もう本当に素晴らしかったのですが、カメラの電池が切れてしまったのです。)

ファースト・ポジションではないですが、他にもいくつか録画したので、お暇な方はご覧になってください。

まずは、ジョー・フィリスコ大先生の影響がばりばり感じられるこちら(笑)。

Pete Harris & Jon Vaughan – Good Morning Blues

それから、ビッグ・ウォルター様の名曲。

Pete Harris & Jon Vaughan – Big Walter’s Boogie

後日、あるブルースマンのホームパーティに招かれ、そこでも演奏しました。マイクなしの純アコースティックの演奏です。
私が一番好きなブルースの曲のひとつ。

Pete Harris & Jon Vaughan – That’s Allright

このホームパーティーでは、アメリカ人のミュージシャンとのジャムもあったのですが、そちらはまだ彼の承諾を得ていないので、彼のOKが出たら、YouTubeにアップしたいと思います。

2013/03/25

Nine Below Zero を演奏してみる

Posted in 自分の録音・録画 tagged @ 10:39 am by Yuki

久々に、演奏の動画を YouTube にアップしました。今回はコピーではなくて、Nine Below Zero を自分なりにのアレンジでやってみました。下手な歌も入ってます(恥)。

数年前の話ですが、ファビュラス・サンダーバーズのライブで、キム・ウィルソンがアンコールで Nine Below Zero をソロでやってくれたんですね。それがすごくかっこ良かったので、いつかそんなのをやってみたいなあと思っていました。その結果がこれ(爆)。全く比べ物にならない。

私は実は、自分の演奏を録音するのが大嫌いで、ピアノでも歌でもハーモニカでも、すごく緊張します。今回もものすごく一杯一杯で、ハープのソロが終わって歌に戻るところなんか、もうあっぷあっぷしてます(笑)。

お暇な方はお付き合いくださいませ。

ハーモニカは Hohner Crossover のGを使いました。自分の(マリンバンド)は、あまり長く吹くと口の端がこすれて痛いので、最近Gは夫の Crossover を借りています。自分用のが欲しいんですが高いので、誕生日まで待つ予定です。

次ページへ