2008/10/30

Tone Workshop

Posted in 音色 tagged @ 7:16 pm by Yuki

今回のハーモニカ・フェスティバルでは、ワークショップにもいくつか参加しました。その中で印象に残ったものに、トーン・ワークショップ (Tone Workshop) というのがあります。以前、少し紹介したオランダ人の友人、ベン・バウマン (Ben Bauman) とうちの夫が共同で行ったワークショップです。友人と夫のワークショップだからというひいき目を抜きにしても、内容の濃い2時間だったと思います。

トーンというのは、つまり、音色のことですね。音色は演奏の良し悪しを決める大きな要因のひとつです。でも音色のみを題材にしたワークショップやレッスンをする人というのは多くありません。それだけ、よほどどきちんとしたメソードを持っていないと教えられない題材なのだと思います。

私はこのブログを作る前に、ネット上で、ブルース・ハープについて書かれた日本語のページをざっと読んだのですが、音色について書かれているものはとても少ないと感じました。CDの紹介で、「このプレイヤーは、タング・ブロックを使った分厚い音色です」 というようなことを書いている方、又は、ハーモニカのメーカーやモデルによる音色の違いについて書いている方はいました。でも、ブルース・ハープの吹き方についてのページで、音色の大切さについて説いたもの、更には、どうやったら良い音色が出せるようになるのかを書いたものは、私が見た限りでは (見落としたページももちろんあるかと思います。)、皆無でした。このブログをはじめたのは、実はこのこともひとつのきっかけなのです。ハープの音列とか、持ち方、ベンドの仕方、ポジションについてなどは、他の方が上手に説明していらっしゃるので、私はそういうことではなくて、「あまり語られてはいないけれど、本当はすごく大切なこと」 を書いてみたいと思ったのであります。

さて、本題のワークショップの話に戻ります。前半は、ベンが身体をリラックスさせる方法、呼吸法、音を身体に共鳴させる方法など、フィジカルな面での指導をし、後半は、夫が様々なテクニック (タング・スラップ、オクターブ、タング・トリル、ダーティー・ノートなど) を使って音色をパワーアップさせる方法を指導しました。タング・ブロックなどのテクニックをワークショップで取り上げる人はけっこういますが、こうやって 「音色」 というテーマの一環として色々なテクニックを紹介するというのはあまりする人がいないので、参加した皆さんは興味深く聞いておられたみたいです (夫よ、よくやった)。

ベンの呼吸法は、本人が 「呼吸法を学ぶには、声楽のレッスンを受けるのが一番だ」 と言うように、ハーピストというより声楽家みたいな指導でした (学生時代に副科で取った声楽のレッスンを思い出した私であります)。そしてこれが、すごく役に立つのです!

最近はだいぶ音色が改善されてきた私ですが、ジャムなどで他の上手いプレイヤーと自分の演奏を比べると、「音量が足りない」 と感じることがあります。音色自体は悪くないし、マイクの握り方もけっこう上手くできるようになったのに、音量が足りないのはどうしてだろう?という悩みがありました。力まかせに吹いても音色が悪くなるだけなので、強く吹き込む (又は吸い込む) ことと音量を得るということは別なのだとはわかっていても、それ以上のこと - どうしたら改善できるのかということ - がわからなかったのです。夫に相談しても、「身体の中にあるスウィート・スポット (sweet spot) を押さえて、そこで感じるように吹けばいい」 とかなんとか言うばかり。まあ、このスウィート・スポットというのはピアノの演奏にもあるので、言いたいことはよくわかるのですが、具体的なこと (例えばそのスポットはどこにあるのかとか) は、わからずじまい。

でもですね、このベンのワークショップに参加してから、なんだかちょっとそれがわかり始めた気がするのです。私はこれまで、音を外に送り出そう、とばかり考えすぎていたのだと思います。もちろん、音は楽器から外に出て行くわけですが、イメージとしては、音を身体に取り込むような感じで、身体に響かせるようにした方が、音色もよくなるし音量も出てくるのだと今は感じています。ハーモニカは歌と同じで、身体が楽器なんですよね。まあこれは前から頭ではわかっていたことなのですが、実践できていなかったんですね。身体を共鳴版のように使うということの大切さを改めて感じたワークショップでした。

ということで、この2~3日は、トーン中心に練習しております。きちんと注意して練習すると、低い方の音では実際に胸や喉が共鳴して震えるのが感じられます。もしかして、これが噂のスウィート・スポット?

広告

2008/08/19

Little Walter - その2

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, 音色 tagged @ 7:58 pm by Yuki

先日、リトル・ウォルターについて書いたので、今日はもうちょっとその続き。この人の演奏を聴く時にいつも感心するのは、無駄な力や無駄な動作が一切ないこと。鋭くアタックする時も、うなる時も、泣きを入れる時も、最小限の労力で最高に効果的な演奏をする技を持っていた人です。無駄な労力を使わないというのは簡単そうに聞こえますが、実はこれがとても難しいのです。大抵の人 (私自身を含む) は、「強いアタックをしよう」 とか 「太い音色を出そう」 とか 「大きな音で鳴らそう」 などと思う時、意気込みすぎたり力んだりして、とげとげしい音色になったり、ピッチが下がってしまったりすることが多かれ少なかれあるのが現状だと思います。

リトル・ウォルターの演奏のすごいところはもちろんそれだけではなくて、小さな音や柔らかい音、更には一音一音の形作り方など、表現力が本当に多彩です。彼にとって、ハーモニカとアンプはいつも彼のコントロール下にあったのだと、彼の音楽を聞くたびに感心します。喧嘩っ早かったことで有名なリトル・ウォルターですが、その演奏は誰にも増して繊細であると思います。

関連リンク
Little Walter - その1

2008/07/30

グラスで練習

Posted in テクニック, ハープ日記, 音色 tagged , @ 12:53 am by Yuki

ここ数日、アコースティックの音色が数段よくなったのを実感しているのですが、アンプリファイドの音色は停滞したまま。生の音色はかなり満足いくものになってきたのに、アンプを通すとへなちょこな音しか出ないということは、マイクの持ち方に原因があるんですね。ということで、今日はマイクの持ち方に力を入れて練習しました。

アンプリファイド奏法では、手でマイクとハーモニカを密封して、気密性を高くすることが大切だというのはよく言われることですが、私は手が小さいので、これがとても難しいのです。ほんの少しの隙間が大きな音色の差を生むので、なるべく隙間を埋めることを心がけて小一時間練習しました、、、が、アンプから出てくる音は、少しは改善されたものの、あまりぱっとしません。隙間は特に見当たらないのになぜ?と、ここでかなり落ちこんでくじけそうになったのですが、めげずにマイクをグラスに持ち替えて練習。マイクはグラスよりも一周り小さいので、グラスで練習をするとマイクを持つのが楽になる、と誰かが言ったのを思い出したのであります。私がいつも使うのは、マイクよりも一周り大きい、直径7cmのグラスです。

ああでもない、こうでもないと、手をごそごそと動かしながら練習すること小一時間。すると、ある瞬間、手の皮膚と口の周り皮膚がぴったりとくっついているような感じがありました。「あれ?これはなんだか今までと違うぞ?」 と思って、もう少し手をごにょごにょと動かしてもう一度吹いてみると、音がしっかりとミュートされている!このグラスを使った練習はこれまでもしたことがあるのですが、こんなに手と顔に密着間を感じたのは初めてです。興奮しつつも、忘れないようにそのままもう暫く練習して、今度はマイクに持ち替えて練習。夜遅かったのでアンプは通しませんでしたが、音はかなりミュートされています!これまでは、マイクやグラスを持つと、アコースティックでは簡単にできるフレーズが吹けなかったり、スムーズな演奏ができなかったりしたのですが、その点も改善されて、自然な動きができるようになりました。

マイクの基本的な持ち方というのは色々な人が教えていますが、手の形や大きさ、また顔の形は人によって違うので、あれこれ試しながら、自分に合ったグリップを見つけて行くしかないのだと思います。私の場合は、左手の親指と人差し指と中指で、ハーモニカをがっちりと押さえすぎていたのが問題だったようです。ハーモニカは親指の上にバランスをとるように載せて、上に載せる人差し指と後ろに当てる中指は、そっと添える程度の力にしたら、うまく行くようになりました。

今日は難関をひとつ突破した感があって、とってもうれしいです!

2008/07/26

オクターブ下の音を歌う

Posted in テクニック, 音色 tagged @ 8:11 am by Yuki

昨日はアンプリファイドの練習をしていて、「もうちょっと低音部が感じられる太い音色が欲しいなあ」 と思いました。日々の練習の成果があってか、全体に音色は良くなってきたのですが、まだまだ改善する点はあると感じています。音色の追求には終わりがありませんね。

良い音色を作るためには、口の中を開けることが大切だということは、前に書きましたが (>熱い息で演奏する)、昨日は、それを上手く感じられる方法を使って練習しました。オランダ人のハープ職人 / ハーピストである友人が随分前に教えてくれた方法なのですが、すっかり忘れていて (その頃は、私はまだ真剣にハープに取り組んでいなかったんですね。)、昨日、「なんとかもう少し音色に厚みが出ないものか」 と考えていた時に、この練習法をふと思い出したのです。この友人は、分厚い音色を持つことで有名なので、これは良い練習になると思います。

例として、A調のハープの2番ドロー (ミの音) を使いますね。まず、この音を声に出して歌ってみます。発音は、エとかイだと口が横に広がるので、オが良いと思います。「オーーー」 です。それができたら、その音を、1オクターブ下げて歌います。オペラ歌手にでもなったつもりで、低く太く 「オーーー」 です。そして、その口と喉の形を保ったまま、2番穴をドローします。すると、良い音が出ませんか?

私は、歌うのを1オクターブ下げたところで、口の中がぐわっと広がって、喉がぐっと下がって開くのが感じられます。これまでも口の中を開けることは注意して練習してきたのですが、まだまだ開く余地はあったのだと驚きました。そしてうれしいことに、音色も変わりました!後は、これを毎回注意して練習して、いつでも自然にできるように、喉の筋肉を鍛えて、筋肉の記憶 (英語ではマッスル・メモリー = muscle memory と言います) を発達させるのみです。

一歩先に進むコツがつかめて、昨日は有意義な練習ができました。普段使わない筋肉を使うので、長く練習すると喉がちょっと疲れますが、筋肉が鍛えられているのだと思えば、練習もはかどります。今日もがんばるぞー。

2008/05/18

熱い息で演奏する

Posted in テクニック, 音色 tagged @ 11:47 am by Yuki

良い音色を作るためには、身体をリラックスさせて音を身体に共鳴させることが大切である、ということは先に書きましたが (>リラックス!)、今回はそれに続いて、口の中を開く行為について書きたいと思います。

口の中は大きく開けるようにします。どちらかというと、「フー」 と言うよりは 「ホー」 と言う感じに近い口の形です。手のひらを口の前に当てて (ハーモニカなしで) 息を吹き出してみて、冷たい息ではなくて、暖かい息が出ているかどうか確かめてみてください。熱いラーメンをふーふーする時の感じではなくて、熱いじゃがいもを口に入れた時に、「ほっほっほっ」 となる感じです。又は、口を閉じたままあくびをする感じ。そうすると、口の奥が広がる感じがしますよね。その場所を開けると、良い音が出やすくなります。ハーモニカは、熱い息で演奏するのです。この口の奥の形は、息を吐く時だけではなく、吸う時も、ベンドノートの時も保っておくようにします。実際、口の奥を開けたままベンドの練習をすると、「口先を使ってベンドする」 という事態を避けることができるので (ベンドは喉でするものであって、口でするものではありません)、一石二鳥です。熱い息と熱い心で、ハーモニカを演奏しましょう。

リラックス!

Posted in テクニック, 音色 tagged @ 11:34 am by Yuki

ハーモニカの演奏でいちばん大切なものは 「音色」 である、と先日のエントリーで書きましたが (>Little Boy Blue – Big Walter Horton)、じゃあどうやったら良い音色が出るようになるのかというと、、、それは非常に難しい問題であります。

基本中の基本は、「力を抜いて、リラックスすること」。良い音を出すための要因は色々とありますが、これなしには始まりません。ハーモニカ奏者にとって、身体はギターのボディのような存在です。ハーモニカは、身体に共鳴させて鳴らす楽器なのです。どんなに高価で素晴らしい名器でも、身体を使わなければ、良い音は鳴りません。身体をできるだけリラックスさせて、音が共鳴する場所を作ってやらなくてはなりません。かちんこちんに固まった身体では、音が硬くなったり、音程が下がったりしてしまいます。人によって色々ですが、ハーモニカ・プレイヤーは、肩、胸、首、腹、背中、舌などに力が入ることが多いようです。ベンドノートになると、ぐっと力が入ってしまう人も多いです。私は始めの頃は、首筋がこったり、ベンドの時に胃のあたりが緊張したりしました。でも、きちんと考えながら練習していると、力が入らないのがだんだん自然になってきます。

これは私の本業であるピアノについても思うことですが、楽器を演奏するにあたって 「力を抜く」 という行為は、意識しないとできるようにはなりません。よほどの天才か、物心つく前に良い先生に教えられた人でない限り、努力なしでいつか自然にできるようなものではないのです。「どこかに力が入っていないか」 ということを常に確かめながら、「力を抜こう、力を抜こう」 と毎日自分に言い聞かせて練習して、やっとそれが自然な行為となって行くのです。

ハーモニカの音色は、演奏する人によって異なります。それは身体に共鳴させて鳴らすものだからです。ヴォーカリストにそれぞれの声があるように、ハーモニカにも人それぞれの音色というものがあります。あなただけにしか出せない最高の音色をめざして、がんばりましょう。

前のページ