2014/01/17

James Booker – Classified Remixed and Expanded

Posted in ハーモニカ以外, CD tagged @ 10:27 am by Yuki

もう昨年の話になってしまいましたが、ジェームス・ブッカーのアルバム “Classified” のリミックス・バージョンが発売されました。

オリジナルのアルバムに未収録の9曲が加わった、全22曲。

P1030873

Classified は、実は私の中ではあまり好きなアルバムではありません。録音に使ったピアノのせいなのか、録音中 / 録音後の音処理の仕方のせいなのか、いまいちピアノの鳴りが悪い。ブッカーの魅力の、音色の素晴しさが伝わって来ない。

それでも数少ないスタジオ録音であり、ブッカーの生前にリリースされた数少ないアルバムであり、他では聞けないジャズっぽいフレーズを使った演奏などが入っていることもあり、 Classified は貴重なアルバムです。

それに何より、ブッカー・ファンとしては、未発表の録音がリリースされるのは嬉しいことこの上ないですね。ジェームス・ブッカーの映画 (Bayou Maharajah: The Tragic Genius of James Booker) を作った監督が、アルバムのプロデューサーであるScott Billingtonにテープを聞かせてくれと頼んだことがきっかけで、今回のリリースに至ったそうです。ありがたや。

中を開けるとなかなか素敵な写真もあり、それだけでも大満足(笑)。アルバム発売記念パーティーの席で、ピアノの前に座り、 Classified のLPを誇らしげにカメラに向けて微笑むブッカー。この後、死んじゃうんだよなあ、、、というやり切れなさを感じるのと同時に、晩年は苦しいことの多い毎日だったらしいけど、こんなふうに無邪気に嬉しそうに笑える瞬間もあったんだなあ、とちょっと救われた気もしました。

広告

2013/04/13

大野木一彦ブルースバンド – You Can Do

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, CD tagged , @ 12:19 pm by Yuki

大野木一彦バンドの新譜、”You Can Do”。

you_can_do2.resized

聞いた感想は、素晴らしい!の一言でした。お友達だからということを抜きにしても、文句なしにかっこいい。ブルース好きの方には太鼓判付きでお勧めします!ブルースの新譜聞いてここまで盛り上がったのは、久しぶりな気がします。

まずですね、バンドサウンドとしてかっこいい。私は元々ピアノ弾きなので、新しいCDを聞く時などは、ハーモニカよりも全体のサウンドに耳が行く傾向があります。ハーモニカももちろん聞いてはいるのですが、一番に耳が聞き取るのは、全体のサウンド。これが、このアルバムは頭っから最後までかっこよかったです。11曲中、7曲はオリジナル曲というのも素晴らしいと思います。

そして、2回目からはハーモニカに集中して聞いたのですが、こちらもやはりかっこよかったです。センスが良くて、音色のバラエティが豊富で、オリジナルでありつつしっかりブルースしている、そんな演奏です。「大野木さんが上手いのはわかってるし~」と思いながら聞いていても、やっぱり「上手い!」と叫ばずにはいられないという(笑)。

カヴァーには、リック・エストリン(Rick Estrin)のコメントも付いています。非常に的を獲たコメントで、私はリックに激しく同意!

アマゾンなどで購入できる様ですが↓

>ユー・キャン・ドゥ

機会のある方は、ライブやレッスンに行かれることをぜひぜひお勧めします!このブログを読んで来たと言うと、CDにサインをしてもらえます(嘘です。そんなこと言わなくてもして下さると思います)。ものすごく実のあるレッスンをしてくれそうなので、いつか私もレッスンを受けてみたい。大野木さんのライブ情報、連絡先はこちらから。↓

>NOGIOH.COM

2012/11/03

NHL Festival 2012 – その1 ・ Joe Filisko & Eric Noden

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, CD tagged , @ 2:31 pm by Yuki

寒くなってきましたが、みなさんお元気でしょうか?

先週末は、NHL のフェスティバルでした。今年の目玉は、なんとなんと、あのジョー・フィリスコ大先生!もう大感激です~。

しかも今回は、ギターのエリック・ノーデンも引き連れての参加でした!私はジョーのライブは何度か観たことがあるのですが、エリックとのデュオの演奏は録音でしか聞いたことがなかったので、これはうれしかったです。この二人の組み合わせは最強!

Strobe Sessions #7: Joe Filisko & Eric Noden

コンサートやワークショップはもちろん最高でしたが、エリックやジョーがギターを弾いてくれてした深夜のジャムがまた良かったです。更に私は、ずうずうしくも、ずっと練習していたトレイン・サウンドをジョーに聞いてもらって (恥) ちょっとレッスンもしていただきました。感謝感激です (涙)。

写真はホテルのバーでエリックを囲んでのジャム、それから、私がジョーにトレインを教えてもらった後、「次僕!僕の番!」 と言ってジョーにいろいろ教えてもらっている夫。

新しいアルバム、”Missed Blues Train” はまだあまりネットに出回っていない様なので、今日のおすすめは日本国内で買える、I. C. Special。素敵すぎ。

2012/07/14

Lazy Lester

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, CD tagged @ 4:07 pm by Yuki

レイジー・レスターを観に行ってまいりました。幸せです。

ギターと歌で何曲か演奏して、私が 「そろそろハーモニカ?」 と思った頃 (たぶんオーディエンスのほとんどはそう思っていたと思う。)、レスターおじさんはおもむろにこう言いました。

「みんな、ハーモニカ吹くと思ってるんだよね。でもね、ラックがトラックに轢かれちゃったからね。あはは。」

って!!
トラックに轢かれたって!ちょっと!レスター!

というわけで、ハーモニカはなしでした。

最後にハーモニカだけで演奏してくれたので、ちょっとは聞けたんですけどね。もっと聞きたかったので残念でしたが、その分ギターと歌に集中できたので、まあ良しとします。彼の歌は心にじんわり響いて、なんだか泣けてしまいました。ブルースにおける歌の重要さを改めて感じた気がします。ギターも、シャッフルのフィーリングがやっぱりすごい。

レスターは、オープニング・アクトのバンドが演奏している間とか、セットの合間とか後とかに、客席やバーでうろうろしていたので、お話もできて更に幸せ。すごくやさしそうな方でした。

ちゃっかりサインもしてもらった。

ミュージシャンをサポートしたいので、私はライブに行くとついCDを買ってしまいます。アマゾンとかで買うよりも、きっとミュージシャン自身の取り分が多いと思うんですよね。このCD、ノルウェーのミュージシャンとの演奏らしいですが、ハーモニカがスィートなサウンドで、すごく良かったです。

レイジー・レスターは9月までイギリスをツアーしているそうなので、機会があったらまた観に行きたいと思います。

2012/07/04

楽しそう・・・

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, CD tagged @ 1:04 pm by Yuki

今日のクリップは、ポール・ラムとバンドのメンバーが、お家(たぶん)に集まって、アコースティックのジャムをしている模様。楽しそう・・・。

>Paul Lamb unplugged Mind Games

このバンドはいつも、ステージ上でも、セットの合間の休憩中も、ライブが終わった後も、なんだか仲良さそうで楽しそうにしています。

私はこの間のライブで、新しく出たCDを買って、全員にサインをしてもらったのですが、みんな気さくな人たちでした。ポールには、別れ際に3回もちゅーしてもらっちゃった (こちらではお馴染みの、お別れの挨拶のちゅーです、もちろん)。

ポールの息子のライアンは、普段はサングラスをかけていることが多いのですが、このサインをしてもらった時はサングラスをはずしていて、目がすごくきれいだったので、「サングラスなんかしなきゃいいのに」 と思ったのでありました。

2012/02/17

The Mannish Boys – “Shake for Me”

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, CD tagged , @ 2:19 pm by Yuki

先日のバレンタインズ・デーは、夫婦で外でお食事をしました。庶民的なお店なのですが、特別な日ということでアペリティフにシャンパンなんかが出てきました。お酒は好きですが体質的にほんのちょっとしか飲めないので、ご飯食べる前の空腹時にシャンパンなんか飲んだら頭がぐーらぐーらしてしまいます。日本人にはアルコールを分解する酵素が足りない人が多いらしいですね。こっちの人で顔を赤くしてお酒を飲んでいる人というのは、まずほとんど見かけません。私は実はイギリスに来るまで、「強い弱いの個人差はあれど、お酒を飲んで赤くなったり動悸がしたりするのは普通のことだ」 と思っていました (爆)。

それはさておき、夫へのバレンタインのプレゼントとして、Mannish Boys の “Shake for Me” を贈りました。持っていなかったので、ぜひ聞きたかったCD (自分の聞きたいものを夫にプレゼントするという、うちではお決まりのパターン)。これがもう最高にかっこいいです。

まだざっと2回ほど通して聞いただけなのですが、それでもつっこみどころがたくさん。まず1曲目の “Too Tired” から、ニック・カランのギターにガツンとやられました。ニック・カラン最高!癌なんかに負けないで絶対に帰って来てほしいです。”The Bullet” の冒頭、カーク・フレッチャーのギターにもまたガツン。ソニー・ロリンズの “Tenor Madness” を引用しているところが楽しいです。それからやっぱり、アルバム全体を通してバンド・サウンドがかっこいいですね。特にすごいなあと思ったのは、”Hey Now”。ものすごくリラックスしてビハインド・ザ・ビートな感じなんですけど、間延びした感じやのろのろした感じは全くない。こういうのってなかなかできないです。ドラムは全曲ジミ・ボット。この方のドラムは気持ちが良くて、ビシバシ心に響きます。

そして、ハーモニカ・ブログの端くれとして特筆すべきはやはり、ロッド・ピアッツァの “Last Night”。先日、ポール・ディレイの記事で遊び心のある演奏について書きましたが、このロッドの演奏は遊び心の宝庫。イントロから思いっきり笑わせていただきました。リトル・ウォルターの演奏をまるまる (ウォルターの方が一音多い所もありますが。) コピーしたソロも楽しい。コピーでもロッドが吹けばこんなふうになるんだなあ。それからクロマティックに持ち替えて攻めるロッドおじさま。素敵でございます。ヴォーカリストをバッキングするロッドが聞けるのもうれしいですね。これがまた上手い。

Mannish Boys のアルバムって、いつもジャケット写真もかっこいいですね。

2010/08/23

ジョー・フィリスコに会いに行く 2010

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, CD tagged @ 6:44 pm by Yuki

今年も、ジョー・フィリスコ (Joe Filisko) に会うために、旅をしてまいりました。(去年の記事は>ジョー・フィリスコに会いに行く ・ その1

ジョーの演奏を聞くたびに私はいつも、「ああ、ハーモニカってこんな音が出るんだ」 と驚きます。これはCDを聞いても感じることですけれど、生の演奏から受けるインパクトはやはり大きいです。私はよく自分の生徒 (ピアノ) に、できるだけコンサートに行くようにとすすめるのですが、これは経験上、生で聞いた良い音や、肌で感じた感動というのは、ずっとそ人の中に残っていくと知っているからです。私を感動させたすばらしい音は、10年経っても20年経っても頭の中で鳴り続けています。それを自分自身で再現できるかというのはまた別の話ですが、音のイメージができなければその音を鳴らすことは絶対にできないので、できるだけ多くの音色をイメージできるように自分を鍛えるというのも、日々の大切な練習のひとつだと思います。今はその音が出せなくても、良い演奏を聞いた経験が役に立つ日がいつかきっと来るはずです。真の天才は別として、大半の人 (プロを含む) はそうやってコツコツと、表現手段を日々増やしていっているのではないでしょうか。

写真はジョーからいただいたCD。エリック・ノーデン (Eric Norden) とのデュオ “<a href="I.C. Special“>I.C. Special” と、デヴィッド・バレット (David Barrett) のプロジェクトで作られたライブ・アルバム “<a href="History of the Blues Harmonica Concert“>History of the Blues Harmonica Concert” です。 “I.C. Special” は去年、プレ・リリース・バージョンをCDRでいただいたので内容は知っていたのですが、こうしてきちんとできあがったものを手にするのはやはりうれしいです。デザインもかわいい。”History of the Blues Harmonica Concert” は、実はあまり買う気はなかったのですが、こうしていただいてみるとやはりうれしい。ジョーとデヴィッドの他に、デニス・グルンリング (Dennis Grueling) らが参加しています。聞いてみてちょっと思うところがあったので、感想をそのうちアップしたいと思います。

2010/06/02

Tom Ball and Kenny Sultan

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, ハーモニカ以外, CD tagged , @ 9:59 am by Yuki

トム・ボールとケニー・サルタンのライブを見て来ました。大好きなデュオです。この人たちのライブはいつも楽しくて、心がうきうきして、なんとも幸せな気持ちになってしまいます。ライブを見るのは4度目ですが、私と夫のことを覚えていてくれたのも、またうれしい。

Tom Ball and Kenny Sultan “Don’y Roll Those Blood shot Eyes”

25年以上も一緒に演奏しているトムとケニー。サニー・テリーとブラウニー・マギーの仲が悪かったというのは有名な話ですけど、この2人は仲が良さそうですね。20周年記念のアルバムのブックレットには、2人の若い頃の写真も載っていて、それを見ると、なんだか心が温かくなってしまいます。そんなに長い間、1人の相方と演奏し続ける気持ちってどんななんだろうな、とちょっと想像してみたり。

トム・ボールのハーモニカは、いつ聞いてもユニークですね。「トム・ボール節」 とでも言いましょうか。
シカゴ・スタイルのトラディショナルな演奏をする時でも、トム・ボール流に演奏するので、聞いている側はそうだということ (シカゴ・スタイルのトラディショナルな演奏をしているということ) に気づかない・・・というのは実は夫の受け売りで、私はそんなこと考えずにただただ楽しんでいただけなのですが (家に帰ってCDを聞いてみると、確かにそういう演奏がありました)。

2009/06/16

Rod Piazza – Soul Monster

Posted in CD @ 11:00 am by Yuki

ロッド・ピアッツァ (Rod Piazza) と彼のバンド、The Mighty Flyers の新譜 ”Soul Monster“。本日発売です。

ロッドは今年の4月にライブを見て以来、すっかり惚れてしまったハーピストです (詳しくは>Rod Piazza に惚れる)。それまでももちろんCDは聞いていたし、DVDなどでそのお姿を拝見してはいたのですが、ライブで感じる彼のエネルギーとテンションとスウィングは、まったく比べものにならなくて、すっかりやられてしまったのでした。

まだ買っていないジェイソン・リッチの新譜 (Done With the Devil) と合わせて買おうかなあ。

2009/04/27

Little Walter – The Complete Chess Masters - その後

Posted in CD tagged @ 8:46 pm by Yuki

リトル・ウォルターのチェス・ボックス・セットがリリースされるということは先月書きましたが (>Little Walter – The Complete Chess Masters)、今日はその後日談です。

結局、あの記事を書いてからすぐに注文してしまったのですが、夫の誕生日プレゼント用に買ったので、それまではおあずけ状態だったのでした。先日、誕生日を迎えた夫に渡され、ようやく開かれることとなったのであります。

l_walter-complete1

結果・・・いや~、買ってよかった。未発表曲が聞けるというのはもちろん嬉しいのですが、それより何より、リトル・ウォルターのチェスでのソロの録音を年代順に全てまとめて聞けるというのが良い。聞いたところによると、新しく音処理もされて、音質も良くなっているそうですよ (私自身、従来の録音と聞き比べたわけではないので、実際にどれほど違って聞こえるのかは定かではありません)。

ケースなどのデザインは特に期待していなかったんですが、開けてみるとかなりかっこいいです。ケースにも、ブックレットの中にも見たことのない写真が載っています。解説も、以前に紹介したリトル・ウォルターの本 (>Blues with a Feeling: The Little Walter Story) と同じ著者陣によるしっかりとしたもので、文句なしです。

little_walter-complete2 l_walter_complete3

実は私は、リトル・ウォルターの良さがわかるようになるのに、けっこう時間がかかったんですね。ブルース・ハープの音楽はハーモニカを始めるずっと前から聞いていたわけですが、「リトル・ウォルターって確かにかっこいいけど、皆がそれほど評価するほどのことかね・・・。」 などと思っていた罰当たりなやつだったのであります。その頃は、例えば、ビッグ・ウォルターやサニー・ボーイ二世、ジェームス・コットンなどの方がわかりやすかったんです。しかし、実際に自分でハーモニカを吹き始めて、ブルース・ハープの奥深さを知り (笑)、リトル・ウォルターの偉大さが徐々に理解できるようになっていったのであります。今では、「ブルース・ハープの歴史で、後にも先にもリトル・ウォルターを超えるプレイヤーはいない。」 などと言う人がいるのもよくわかります。Imaginative (想像力のある) で、inventive (独創力のある) で、最高にスウィンギー。しばらくは、うちのディナー・タイムは、リトル・ウォルター一色になりそうです。

次ページへ