2014/04/20

オー・ブラザー!

Posted in 本 / DVD / 映画 tagged , , , @ 2:33 pm by Yuki

映画、「オー・ブラザー」(原題:O Brother, Where Art Thou?)を見ました。コーエン兄弟の映画は好きですが、これは機会を逃しっぱなしでまだ見ていなかった。 音楽は T Bone Burnett がプロデュースしています。

1930年代、アメリカの南部。鎖に繋がれ、ワークソングを歌い、そのリズムに合わせて穴掘りの仕事をするチェイン・ギャング。この冒頭のシーンから、ブルース好きとしてはすっかり引き込まれてしまいました。

>O Brother – Opening

このシーンで使われている歌は、アラン・ロマックスが1959年にミシシッピの刑務所で録音したものだそうです。歌っているのは、James Carter and the Prisoners(ジェームズ・カーターとザ・プリズナーズ)。「ザ・プリズナーズ」ってバンド名みたいですけどね、文字通り本物の囚人の方々らしいです(笑)。

o-brother-hammer

しかしこの録音が数十年後(2003年)に映画で使われることになって、バーネットによりプロデュースされたサウンド・トラックのアルバムがビルボード・チャートで1位になったりグラミー賞を取ったりしたので、こりゃなんとかこの歌を歌っているジェームズ・カーターという人物を探し出さねば、ということになったらしく。

o_brother_st

カーターさんは無事発見され(シカゴにいたそうです。)、20000ドルの報酬を受け取り、グラミー賞のセレモニーなどにも参加したそうな。カーターさんは1925年生まれなので、この歌を録音した際は34歳くらい、映画で彼の歌が使われた時は75歳くらい、ということになります。77歳で亡くなっているので、間に合って良かった!人生ってほんと何が起こるかわかりません。

この逸話からもわかるように、映画では、ブルーグラス、フォーク、ブルースなどの音楽が重要な役目を果たしています。クリス・トーマス・キング扮するトミー・ジョンソンも出てきます。主役の3人組がクロスロードで彼を見つけて車に乗せるシーンも、ブルース好きとしてはたまらない。このブログを読んで下さっている方には、アメリカのルーツ・ミュージックが好きな方が多いと思うので、おすすめな映画です。

ストーリーとしては、脱獄/逃亡系ですが、かなりゆるいです。KKKなんかも出てきてヘビーなはずなのに、そこはさすがにコーエン兄弟、という感じで、ゆる〜く楽しく(でも歴史や事実を軽んじているというのでは決してない。)進んで行きます。主役は、「世界一セクシーな男」などと言われるジョージ・クルーニー。私はその濃い感じがあまり好きではなくて、そんなにかっこいいと思ったことないんですが、この映画を見て、「なるほど、この人の持つ魅力はこういうことなのか」と納得しました。だめ男のチンピラを演じるジョージ・クルーニーは、非常にかっこいい。