2014/02/15

Hohnerの新製品、Rocketのレビュー

Posted in ハーモニカ, ハーモニカ・プレイヤー tagged , @ 11:15 am by Yuki

先日話題にしましたホーナーの新製品、Rocket

hohner-rocket

まだアメリカで発売されたばかりなので、一体どんなハーモニカなんだ!と知りたくてうずうずしている方も多いかと思います。

そこで嬉しい情報。Ronnie ShellistがYouTubeにレビューをアップしていました。Special 20やCrossoverと比べているので、非常にわかりやすいレビューです。

>Brand New Hohner Rocket Harmonica: Review

・カバープレートの後ろが開いている
・サイドにも空気孔がついている
・コームが丸みを帯びて口当たりがスムーズ

というのがこれまでわかっていたことですが、新しい情報としては、

・スペシャル20に比べてホールが大きい
・カバープレートの作りがしっかりしている

のだそうです。ハーモニカを強く握りすぎてカバープレートを潰してしまう、という方には、がっしりとしたカバープレートは魅力かもしれません。

気になるのはやはりレスポンスですが、エアタイト感が強く、すごく吹きやすいみたいです。「これまでで一番大きな音が出るストック・ハーモニカ(カスタマイズしていない、普通にお店で買えるハーモニカ)」だと言っております。スペシャル20よりもボリュームと食いつきがあり、明るい音色。クロスオーバーと似た感じだけれど、クロスオーバーの方がロケットよりメロウな音色。へええ。

「マリンバンドとスペシャル20が子供を作ってターボをつけた感じ」だそうです(爆)。(ロニー、自分で言って笑ってますけれども。)

そこまで言われると、ぜひ吹いてみたい。

広告

2014/01/26

Hohnerの新製品 – Rocket

Posted in ハーモニカ tagged , @ 12:01 pm by Yuki

ホーナー社のニュー・モデルが発売になったそうです。その名もRocket。じゃん。

SONY DSC

数日前にアメリカで発表されたばかりでまだ情報は少ないですが、Special 20のデラックス・バージョンみたいなものだという話です。ぱっと見た感じでは、コームとカバー・プレートの端がなめらかに丸みを帯びています。それから、マリンバンド・シリーズの様に、カバー・プレートの両端に空気孔がついて、音が拡張されるようになっています。カバー・プレートの裏側も、マリンバンド・デラックスやクロスオーバーと同様に開いていて、こちらも音の拡張に役立つデザインとなっています。リード・プレートには3つ穴がついているので、スペシャル20、マリンバンド・デラックス / クロスオーバーのカバー・プレートもフィットするらしいですよ。

キム・ウィルソンが試し吹き!(まあキム兄は何吹いたって上手いに決まってるんですけれども。)終わった後の笑顔が素敵です。

Kim Wilson Plays The New Rocket Harmonica from HOHNER

このロケットというニュー・モデルは、ヨーロッパではまだ発売になっておらず、春頃に発売予定とか。アメリカでは69ドルくらいで売り出されるらしいです。Special 20が35ドルくらいですので、やはりちょっと高めですね。Crossoverと同じくらいでしょうか。スペシャル20を愛用されている方にとっては、特に興味深いモデルではないかと思います。

2012/07/20

Gettin’ Out of Town のコピー

Posted in ハープ日記, 自分の録音・録画 tagged , , , @ 10:59 am by Yuki

けっこう長い間 (かれこれ半年以上) 練習していた “Gettin’ Out of Town” を録画してみました。言わずとしれたサニー・ボーイ2世の曲ですが、私がやったのは、リック・エストリンのバージョンです。

今回、歌は入れなかったのですが、歌がないとハーモニカが休めないので、かえって大変だということが判明しました (笑)。

ビブラートをかけるべきところでかけていないとか、リズムの入れ方が違うとか、原曲と微妙に違うところもありますし、その他にも色々問題はありますが、お暇な方はご覧になってください。楽しんでもらえるとうれしいです。

ハーモニカは、Hohner Thunderbird のCを使っています。

原曲は、リック・エストリンの “On the Harp Side” というアルバムに入っています。このCDは、数年前に大野木一彦さんが京都からはるばる送っていただきました。大野木さん、ありがとうございます。大変役に立っています。

2008/07/07

続・ロスト・ハープ

Posted in ハープ日記 tagged , @ 5:22 pm by Yuki

先日、お気に入りだったMarine Band DeluxeのAハープを失くして落ちこんでいると書いたのですが(>ロスト・ハープ)、、、ええと、、、その、、、、見つかりました。すみません。引越しのごたごたで、荷物にまぎれてしまっていたようです。

一昨日、荷物の整理をしていて、段ボール箱の中に見慣れたケースを発見。手にとってみるとハープの重みがするので、「も、もしや?」と思い、大急ぎで開けてみると、、、失くしたと思っていたハープが入っていました!

あんなに大騒ぎしていたのに、きちんとケースに入って見つかるなんて、、、。家でひんしゅくを買っている私であります。このブログで慰めや同情のコメントを下さった方々も、ありがとうございました。これに懲りずに、これからもおつきあい下さいませ。

2008/06/12

ロスト・ハープ

Posted in ハープ日記 tagged , @ 11:00 pm by Yuki

うあああ。ハーモニカを失くしてしまった。一番のお気に入りで愛用していた、Marine Band Deluxe のAハープ。車のドア・ポケットに入れておいたのだが、ドアを開けた拍子に落ちてしまったらしい。普段は絶対にドア・ポケットになんか入れないのに、その日は急いでいて、更に手に荷物をいっぱい抱えていたので、「ちょっとの間のことだし」 と置いてしまったのだ。「降りる時に、落ちないようにきちんと確かめよう」 と思っていたのに、忘れてしまったのである。

良いハープだったので、楽器そのものの損失も痛いが、それよりも、もろもろの思い出がつまったハープだったことが辛い。上手くベンドができるようになったのも、タング・トリルやタング・スラップを学んだのもあのハープだし、ブルース・ジャムでハーモニカ・デビューを果たした時も、デニスのワークショップに参加した時に使ったのも、あのハープだったのだ。なんだか親友をなくしたみたいな気持ちである (大げさな話ではなくて、昨晩は本当に泣いてしまった)。近いうちにAハープを買い直さなくては。