2011/01/14

パワフルでスウィンギーなうさぎの後日談 (それと音楽理論について少し)

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, 音楽理論 tagged , @ 8:25 pm by Yuki

先日のウィリアム・クラークの記事をアップした翌日、アダム・ガッソー (Adam Gussow) が自身のフォーラムにて、ウィリアム・クラークについて同じ様なことを書いていたのを発見して、驚きました。

アダムが問題にしていたのは、私も先日の記事で紹介した、このクリップ。

William Clarke – Blowin’ The Family Jewels – 1990

「ウィリアム・クラークがこの演奏でダイアトニック・ハーモニカを使っているということが判るまでに、最低でも1分はかかった」 と言って、知的で創意に富んだその演奏を賞賛していたアダム。私も、先日紹介したクリップの中ではこの演奏が一番好きで、夫にクリップを見せて、「ね、これ、ダイアトニックだよね?クロマティックじゃないよね?ベンド音が出てくるまで気づかなかった!」 という話を興奮してしたりしていたので、ちょっとうれしくなってしまいました。記事をアップした日付は、アダムが12月31日、私が1月5日ということで、私とアダムは、同じ時期に同じクリップを聞いて、同じようなことを考えていたということになります。それにしても、このクリップでのウィリアム・クラークの演奏は本当にすごいです。

上手い人の演奏を聞く時、「この人はどういうアプロ-チでインプロヴィゼーションをしているんだろう」 ということに、私はとても興味があります。スケール中心、コード音中心、リック / リフ中心・・・などなど、インプロヴィゼーションの攻め方は色々で、そういう話を他のミュージシャンとするのもまた、ライブやジャムに行く楽しみのひとつです。(しかも私は、ピアノやハーモニカの人よりも、ギターやサクソフォンなど、自分が演奏しない楽器の人の話を聞くのが好きだったりします。)

さて、今回、年男の記事を書くにあたって、ウィリアム・クラークの演奏を改めてじっくり聞き直したわけですが、その間ずっと、「この人はどこまで音楽理論 (セオリー) の知識があったんだろう」 ということに関心がありました。真相はわかりませんけれども、彼のクロマティックの演奏や、今回のクリップの様にそれを (クロマティックのアプローチを) ダイアトニックに適用した演奏、また、そのインプロヴィゼーションのスキルなどを聴く限り、「ウィリアム・クラークはかなりのセオリーを知っていたのではないか」 と (個人的な想像として) 思います。手持ちのリック / リフ、それと直感とセンスに頼るだけでは、こういう演奏はできないのではないかと思うんですよね。少なくとも、コード音とインターヴァルの知識くらいはあったのではないでしょうか。彼がセオリーを知っていたという証拠にはなりませんが、ウィリアム・クラークがギターを弾いているクリップなんかもあります。リトル・ウォルター (Little Walter) もギターが弾けたといいますね。

>William Clarke Plays Guitar

もちろん、理論など知らなくても、素晴らしい演奏をするプレイヤーはいます。キム・ウィルソン (Kim Wilson) なんかは、「セオリーなんか知らない。そんなもの必要ない」 というようなことをインタビューで言っていますし、私もセオリー至上主義というわけでは全くありません。知識は豊富なのに演奏できない批評家肌の人よりは、理論なんて知らないけれどかっこいい演奏ができるという人の方が断然好きです。でも、キム・ウィルソンは現在のブルース・ハープ界を代表する天才的なプレイヤーなわけで、みんながみんなキムの様に吹けるわけではないのもまた事実ですよね。

誰かの演奏をコピーしたり分析したりする時、マンネリ化したインプロヴィゼーションから抜け出して新たなアプローチを見つけようとする時、セオリーは大きな手助けとなります。特に現代では、インターネット、教則本・DVD、レッスンなど、理論的なことを学ぶ機会はいたるところにあるわけで、それを頑なに拒否するのは、怠慢あるいは探究心の欠如という気もしないではありません。キムのようにずば抜けてかっこいい演奏ができれば、もちろん何も言うことはないのですけれども。

ハウリン・ウルフ (Howlin’ Wolf) は晩年、音楽理論を学んだのだといいます。誰かに聞いた話で出典は定かではないのですが、私はこのエピソードが大好きです。昔は現在のように情報があふれていたわけではないので、学びたくても学べなかったということも多かったのではないかと想像します。ハウリン・ウルフのように、キャリアがあり、名声もあるミュージシャンが、その晩年に自らセオリーを学びたいと思ったということは、私をひどく感動させるのです。ミュージシャンを進化させるのは、音楽に対する尽きない好奇心と探究心なんですよね。

広告

2009/06/10

ブルース・ミュージシャンの誕生日

Posted in ハープ日記, ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 12:10 am by Yuki

“BLUES BIRTHDAYS” という、ブルース・ミュージシャンの誕生日のデータベースがあります。自分と同じ誕生日のブルース・マン / ウーマンは誰だ?なんて見てみると、なかなか楽しいです。
BLUES BIRTHDAYS

さて本日6月10日、誕生日を私とシェアしているのは、この方!

howlin_wolf

Howlin’ Wolf Smokestack Lightning

お~う~う~~。光栄です。