2012/06/25

More Paul Lamb…

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , , , @ 11:16 am by Yuki

先日に引き続き、ポール・ラムのクリップをもうひとつ。キム・ウィルソン、リック・エストリン、ジェリー・ポートノイとジャムをしている模様です。ポール・ラムの演奏は、相変わらずぶあついトーンでスウィンギー。

しかし、ジェリー・ポートノイは今回もまた、自分が演奏している時も他の人が演奏している時も、見事な棒立ち状態です。この人は本当に、こういう時くらいもうちょっと楽しそうにできないものなのか。まあよく見ると、ちょっとは揺れたりしてるんですけどね、それにしても。

そんな君が好きだ。

広告

2011/05/20

動きがかっこいいハーピスト番付 ・ 本編

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , , , , , , , @ 8:06 am by Yuki

ブルース・ハープ界の色男たち」 に続く、くだらない企画シリーズ第二弾。ということで今回は先日の予告通り、動きがかっこいいハーピスト番付の本編です。では、さっそく行きますよ!

第5位は、片足ロッド

>Rod Piazza

片足に重心をのせて、もう一方の足でリズムを取る姿がかっこいい、ロッドおじ様でございます。0:31 あたりで足元が写ります。ライブ見て惚れそうになりました。「このボーカル・マイクの持ち方はどうなんだろうか?」 という多少の疑問もあばたもえくぼの、最高にセクシーな63才。

第4位は、踊るビッグ・ウォルター

Big Mama Thornton, John Lee Hooker, Big Walter Horton & Dr Ross

以前にも書いたことがありますが、この踊るウォルター様は本当に素敵です。ビッグ・ウォルターって、(残っている他の映像を見る限り) あまり体を動かさなで演奏することが多いと思うのですが、そのイメージとのギャップが良いです。みなさん、女性を落とすにはギャップ、ギャップですよ!あ、でも狙ってやってもだめなんですけどね。

第3位は、トルネード・デニス

Dennis Gruenling – Sweet Home Chicago – Gloucester Blues Festival

うちの夫がデニスのライブを始めて見に行った時、私は日本にいたのですが、ライブの後に、「デニスすごかった!トルネードみたいだった!蛇みたいだった!」 という興奮した電話がかかってきました。その時はなんのこっちゃと思っていたのですが、翌年にライブを見て納得。これはその時の映像ですが、今見てもやっぱり惚れ惚れしちゃいます。シャッフルのリズムに合わせて身体がぐわんぐわんうねる様に動くその姿はまさにトルネード。身体をくねらせながら口を開ける様子は威嚇する蛇 (2:35 あたりくらいからがわかりやすいかと思います)。ちなみに、夫はこのクリップを見るたびに、デニスがこの時自分のアンプを使ったということを自慢します (笑)。私は一緒にピッツァを食べに行ったことが自慢 (爆)。

第2位は、バタ足キム

Kim Wilson, Charlie Musselwhite, Mark Hummel

キム・ウィルソンって、一見演奏している音楽とは関係ないようなところで足を上げたりバタバタさせたりぶらぶらさせたりしますよね。ハープ吹きの夫によると、「この感覚はすごくよくわかる」 とのことですが、私にはどうしてこうなるのかというのは未知の世界であります。でもやっぱりかっこいい。0:52 あたりで、思いっきり盛り上げた後に見せるちょっと攻撃的な表情もいいですね。ステージ上の存在感と歌の上手さも含めて、この人はやっぱり現代ハープ界の王者。

輝く第1位は、役者・サニーボーイ・ウィリアムソン II

Sonny Boy Williamson – Nine below zero

このサニー・ボーイ2世のクリップを見るたびに、大うけ (良い意味で。) する私です。ドレスアップしてお行儀良く聞いている観客がまたおかしい。最後の足の伸びもポイントが高いです。私は演奏家というのは、自分自身のストーリーを自分自身の言葉で語る役者のようなものだと思っています。歌詞がある場合はもちろんですが、歌なし、楽器だけの演奏でもそれは同じで、レッスンでもそういう話をよくします。このクリップのサニー・ボーイ2世の雰囲気の作り方はすごいですね。演奏を始める前から曲の世界に入り込んで、その空気に観客を飲み込んでいく様は、クラシックの演奏家にも似たものがあります。ということで、めでたくこの方が1位!

さて今回、特別賞もあります。

特別賞は、尻振りジュニア・ウェルズ

>Junior Wells – What’d I Say.mpg

ジュニア・ウェルズは激しいパフォーマンスの映像がけっこう多く残っているので、それを1位から5位までに入れても良かったのですが、今回私が取り上げたかったのはハーモニカを吹かずに “What’d I Say” を歌って踊りまくるクリップだったので、特別賞ということにしました。のっけからハイテンションで首を振るジュニア・ウェルズ。ん~感じてますね~バックビート。それからすぐにお尻をふりふりする様子がアップになりますが (0:21 と 0:45 あたり)、なんでしょうか、やっぱりカメラの人は目が行っちゃったんでしょうかね。グッド・ジョブです。2:12 あたりからもかなり振ってますね。まさに特別賞にふさわしい強烈なパフォーマンスです。

それから、オギさんに悪知恵を入れられて、激励賞というのも作りました。この賞は、動きがかっこ悪いハーピストに与えられるものです。

激励賞は、棒立ちジェリー

>Muddy Waters – Blow Wind Blow

ジェリー・ポートノイのファンのみなさま、どうか怒らないでくださいね。このブログでも書いてきた様に、私もジェリーの演奏は好きなんです。なんですが、この人はなぜにいつも、ほとんど直立不動なのでしょうか?ちょっと前かがみで上半身が固まっている感じで、肩もこりそうだし・・・。このちょっと抑制した感じがジェリー・ポートノイの良いところなのかもしれませんが、たまに 「Go Jerry! Go wild! Go crazy!」 と激励の叫びを上げたくなることがある私です。不自然に動き回るハーピストよりはずっと良いですけどね。それに何しろ、演奏が上手ければ身体の動き方なんてどうでも良いことなのですが。しかし何ですね、現在も素敵ですが、この頃のウィリー・スミスはかっこいいですね。セクシーですね (またそういう話・・・)。息子のケニー君もお父さんの若い頃にそっくりで、男前であります。

みなさま、独断と偏見による 「動きがかっこいいハーピスト番付」、いかがでしたでしょうか。みなさまのご想像通りデニスが1位でも良かったんですけどね、今回はセクシーさに限らないかっこよさということで、こういう結果となりました。でもやっぱりこういう番付は、生でライブを見たことのある人が入っちゃいますね。リック・エストリンなんてライブを見たら、すぐさまトップになりそうです。この方のライブはぜひぜひ見てみたい。こういう写真だけでもう大うけ。

くだらない企画にお付き合いありがとうございました。

2008/10/23

Gary Primich

Posted in ハープ日記, ハーモニカ・プレイヤー tagged , , , , , , @ 12:30 pm by Yuki

キム・ウィルソン (Kim Wilson) の “Boogie All Night” のコピーがだいぶ形になってきたので、それと平行して、2日前からゲイリー・プリミチ (Gary Primich) の “Playgirl” のコピーもはじめました。これで5日間で3曲 (キム・ウィルソン、リトル・ウォルター、ゲイリー・プリミチ) の音取りを完了したことになります。まだ細かい練習は残っているものの、これはなかなか良いペースです。最近は、暇な時間ができるたびにハープを握っております。

“Playgirl” のソロは36小節が2回と、最後に12小節が1回。私はこれまでは、ビッグ・ウォルター (Big Walter Horton) やジェリー・ポートノイ (Jerry Portnoy) のような分厚い音色で攻める演奏を中心に練習してきたのですが、最近はちょっとその軌道から外れて、リトル・ウォルター (Little Walter) やキム・ウィルソン、そして今回のゲイリー・プリミチノのような、軽やかな演奏の習得も目指して、がんばってコピーをしております。まあ、リトル・ウォルターもキムもゲイリーも軽やかなだけではもちろんないのですが、全体のトーンとしてはやはり軽く、スウィンギーだと思います。

ゲイリー・プリミチは、インプロヴィゼイション (即興、アドリブ) の仕方がすごく好きなプレイヤーです。ビッグ・ウォルターやデニス・グルンリング (Dennis Gruenling) などもそうですが、前のリフやリックを発展させて音楽を作り上げていくやり方は、私の理想にすごく近いです。間の取り方もすごくいい。それから、やはりスウィング感が素晴らしいですね。私が練習している曲ではないのですが、ゲイリーのライブ映像をアップします。

The Late Great Gary Primich 4/20/1958 – 9/23/2007 RIP
The Late Gary Primich with Nick Curran on Guitar

ハープ界を悲嘆にくれさせたゲイリーの死から一年が経ちますが、こうして演奏を聞くたびに、早すぎた死を惜しく思います。
一曲目 (I’m A Nervous Fellow) はサード・ポジション。マイナーの曲で使われることが多いサード・ポジションですが、こういうスウィンギーな曲にも合うんですよね。

ギターは去年までキム・ウィルソンのバンドで演奏したりもしていた、ニック・カーラン (Nick Curran) ですね。良い演奏していると思います。

2008/08/26

Champagne and Reefer

Posted in CD tagged , @ 6:54 pm by Yuki

ブルースについて話をする時、”pelvis” とか “pelvic” とかいう言葉を耳にすることがあります。ブルースは腰で感じる音楽なのでしょうか。

私が “pelvic” だなあと感じる曲のひとつに、マディ・ウォーターズ (Muddy Waters) の “Champagne and Reefer” があります。以前紹介したアルバム、”King Bee” に収められている曲です (>King Bee)。うちのバンドでも、最近レパートリーに加えました。この曲はコード進行が変わっているのですが、それがまたなんとも気持ちが良いんですね。慣れるのにちょっと時間がかかりますが、何度か繰り返すうちに、身体で覚えて自然に演奏できるようになります。12 bar の感じで次のコードに行きたくなるところをぐっと押さえて、じらしてから次のコードに移る感じがたまらなく好きです。

YouTube で、スタジオとライブの両バージョンを聞くことができます。
>Muddy Waters – Champagne & Reefer (studio)
>Muddy Waters – Champagne & Reefer (live)

ハーモニカは、ジェリー・ポートノイ (Jerry Portnoy)。

相変わらずお手本のような演奏をしていて、それがこの人が批判されてしまう理由でもあるわけですが、私はやっぱり好きですね。確かに批判したくなる人の気持ちもわかるのですが、彼の完璧な演を聞いていると、ハーピストの中のハーピストなんだよなあ、と思わずにはいられません。

2008/07/23

King Bee – Muddy Waters

Posted in CD tagged , @ 8:55 am by Yuki

マディ・ウォーターズ (Muddy Waters) の最後のスタジオ・レコーディング。
これよりも好きなマディのアルバムはあるのですが、ジェリー・ポートノイ (Jerry Portnoy) の演奏が光っているので、今日はこのアルバムを選びました (何といっても、ハープブログですからね)。

ジェリーの吹くハーモニカは、ダーティ (dirty) でダーク (dark) な音色が特徴ですが、このアルバムは全体にヘビーなサウンドなので、彼の演奏が一段とぴったりくるような気がします。

「ジェリー・ポートノイは確かに上手いけど、安全牌を切ってばかりで、ライブはつまんない」 という話をある人から聞いたのですが、このアルバムのセクシーで淫らな音色を聞いていると、「そんなことどうでもいい!やっぱりジェリーはかっこいい!」 という気分になります。このアルバムを聞くと、いつも 「おおおお、dirty!」 とか、「う~ん、naughty!」 とか叫びたくなってしまう私です。

ジェリーとは関係ないのですが、私は、このアルバムの裏のマディの写真がすごく好きです。

ボブ・マゴーリン (Bob Margolin) によるライナー・ノーツには、このアルバムについての裏話が書かれているのですが、それを読みながらこのマディの写真を見ていると、なんだかとても切なくなります。