2013/12/05

グリッチ!

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, 自分の録音・録画 tagged , @ 11:19 am by Yuki

師走です。皆さんいかがお過ごしでしょうか?私もさすがに人並みに忙しい毎日で、ブログのネタを考える時間もありません。そんなわけで、今日はこちら。

Harmonica+rap+glitch

うちの夫がYouTubeにアップした動画に、「この曲使ってこんなの作ってみたから、聞いてみ!」というコメントが寄せられたのだそうです。私はよくわかりませんが、グリッチ(glitch)って言うんだとか。音楽として良いのかどうなのかは微妙ですが、まあ楽しいことは楽しいです。

オリジナルはこちら。アダム・ガッソー (Adam Gussow) が自身のサイトのフォーラムで自ら取り上げて、フレージングが上手いと大絶賛していたこともあります。

Slow Blues in D – solo harmonica

これを録音したのはかなり前なので(まだドレッドだった頃。爆)、久しぶりに聞きました。自分の演奏が上達すると、人の演奏の聞き方も変わるものだなあ、とほんとに思います。今までは聞こえなかった、細かいこだわりみたいなのが聞こえてくる。私はやっぱり、良い音色で、細部の表現にこだわった、趣きのある演奏が好きです。

広告

2013/04/07

ファースト・ポジション – JVの場合

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, ハーモニカ以外, 自分の録音・録画 tagged , @ 8:10 pm by Yuki

キム・ウィルソンのファースト・ポジションと、ロッド・ピアッツァのファースト・ポジションに続きまして・・・ええと・・・今日は夫です(笑)。この流れで自分の演奏は絶対に載せないですけど(キムとロッドの後に続くのは恐れ多い。)、夫の演奏なのでまあいいや(思いっきり他人事)。

先日、家で練習していたら、隣の部屋から夫がやって来て、「ちょっと音たくさん詰め込みすぎじゃないの?」と言われました。まあ確かにこういう演奏を聞くと、少ない言葉で多くを語るのって大切だよな、と思います(練習に夢中になると、つい忘れてしまう)。

途中からグラスも使ってます。

Pete Harris & Jon Vaughan – Trouble in Mind

歌とギターは、ピート・ハリス(Pete Harris)。住んでいる地域が違うので(ピートはサウス・コースト、うちはウェスト・コースト。笑)、最近まであまり良く知らなかったのですが、ギターも歌も非常に素晴らしいブルース・ミュージシャンです。モジョ・ビュフォードやレイジー・レスターがイギリスでライブをした際は、彼のバンドがバックを務めたこともあるそうです。私はバンドの演奏は聞いたことがあったのですが、こういうアコースティックの演奏は今回が始めてだったので、ピートの演奏の幅の広さに改めて感心しました。(ミシシッピ・ジョン・ハートの曲なんかもやって、もう本当に素晴らしかったのですが、カメラの電池が切れてしまったのです。)

ファースト・ポジションではないですが、他にもいくつか録画したので、お暇な方はご覧になってください。

まずは、ジョー・フィリスコ大先生の影響がばりばり感じられるこちら(笑)。

Pete Harris & Jon Vaughan – Good Morning Blues

それから、ビッグ・ウォルター様の名曲。

Pete Harris & Jon Vaughan – Big Walter’s Boogie

後日、あるブルースマンのホームパーティに招かれ、そこでも演奏しました。マイクなしの純アコースティックの演奏です。
私が一番好きなブルースの曲のひとつ。

Pete Harris & Jon Vaughan – That’s Allright

このホームパーティーでは、アメリカ人のミュージシャンとのジャムもあったのですが、そちらはまだ彼の承諾を得ていないので、彼のOKが出たら、YouTubeにアップしたいと思います。

2010/12/11

NHL Festival 2010 ・ おまけ

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, 自分の録音・録画, 音色 tagged @ 7:42 pm by Yuki

NHL のフェスティバルについては、今日で最後。コンサートでの夫の演奏です。
生で聞いた音色はもっと良くてインパクトもあり、それが伝わらないのが残念ですが、ビデオカメラのマイクでの録音なので、まあ仕方がないですね。でも、細部へのこだわりは聞いて取れると思います。軽やかさの中にある攻撃性。

>Jon Vaughan – NHL H2010 – Bristol, UK – Ampified Harp Solos

親 (いや違う。) の贔屓目みたいなものももちろんあるのですが、私としては、ラシェル・プラよりも、デヴィッド・バレットよりも、彼の演奏の方がずっと良かった。ブルース・ハープって、心にダイレクトに響いて、人の心をぐらぐらと揺さぶる力があるんだよなあ、と久しぶりに感じたライブでした。

2009/03/08

呼吸で作るグルーヴ感

Posted in テクニック, ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 7:44 pm by Yuki

今日はうちの夫の演奏をアップしたいと思います。興味のある方はどうぞ。

Slow Blues in D – solo harmonica

私はハーモニカの基礎は、ほとんど全て彼から学びました。最近は様々なポジション (ファースト、セカンド、サード以外) を練習したりしていることもあって、たまに質問したりアドバイスをしてもらうくらいなのですが、彼から学んだ基礎なしにはここまでハーモニカにのめり込むことはなかっただろうと思います。

ハーモニカを始めたての頃から、耳にタコができるほど夫から注意され続けてきたのが、「音色」 と 「呼吸で作るグルーヴ感」 です。音色についてはこのブログでも何度も書いてきたので、今日はグルーヴについて書いてみます。

上手い人は皆、音が出ていない時でも呼吸でリズムを取っていて、それがグルーヴ感につながるのだ思います。リトル・ウォルターなどが良い例で、彼の演奏を注意して聞くと、いたるところでこの 「呼吸が作り出すリズム」 を聞くことができます。「タッ」 とか 「ハッタハッ」 という感じで、ハーモニカを口につけるかつけないかというくらいの音にならないような音なのですが、それがフレーズや音楽全体に流れを与えているのです。これなしにリトル・ウォルターのスウィング感は作り出せないと思います。私の尊敬するギタリストが、「グルーヴを作るのに大切なのは空ピックだ」 と言っていたのを聞いて、(ギターが弾けないにもかかわらず)、「ハーモニカととても似ている!!」 と思ったことがあります。ギターを弾く方なら、空ピックのようなものだと思えばわかりやすいのかもしれません。

前述のリトル・ウォルターに限らず、上手い人なら皆やっていることで、これができているかいないかは、「上手い人」 と 「ほどほどに上手い人」 とを分ける一線のひとつだと思います。良い演奏をするためにはとても大切なテクニックなはずなのですが、教えるのが難しいためか、自分でできないので教えられないためか、または自分ではできていてもあまり意識していないためか、ワークショップなどでもあまり語られることがありません。ではどうやったらマスターできるようになるのかというと、曲をコピーする時に、明らかに聞こえている音だけではなくて、音と音の間の音やフレーズとフレーズの間の音まできっちり耳をそばだててコピーして、だんだんと感覚をつかみ、アドリブの時でも自然にできるようにする・・・というように、地道に取り組むしかないのかもしれません。これができるようになると、演奏のレベルが一段アップすることは間違いなしなので、努力する甲斐はあると思います。