2011/07/13

音楽はやはりメイクラブ的に

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, ハーモニカ以外 tagged , , , , @ 2:39 pm by Yuki

このブログを読みに来て下さっている方々はご存知かと思いますが、私は古いブルースと同じくらい、現代のブルース・プレイヤーやブルース・シーンに興味があります。例えば、「何だかんだ言ってもやっぱり誰もリトル・ウォルターにはかなわないや」 というようなことを思うこともたびたびあるのですが、それでもやっぱり現代のブルース・シーンを追うのは楽しいと思います。現在トップ・プレイヤーとして活躍している人達は皆、ものすごい労力と時間を費やして真剣に古いブルースを勉強して来たはずで、そういう人達が今、どうやってブルースを自分のものとして演奏しているかというのは、彼らと同じく現代においてブルースを演奏する者の端くれとして、また純粋にブルース・ラバーのリスナーとして、私はすごくエキサイティングなことだと思うんです。

最近はまっているのが、ジョン・ネメス (John Nemeth) がキッド・アンダーセン (Kid Andersen)、ランディ・バミューデス (Randy Bermudes)、マーティー・ドッドソン (Marty Dodson) と演奏しているクリップです。このブログでは何度か取り上げて来ましたが、すごく好きな演奏で、もうちょっと書きたくなってしまったので。

>John Nemeth & Kid Andersen – Come And Get It

>John Nemeth & Kid Andersen – She’s Looking Good

ジョン・ネメスはハーピストなのでみなさんご存知かと思いますが、他の3人も、現在のブルース・シーンで活躍しているミュージシャンです。ハーピストとの共演も多くて、キム・ウィルソン、リック・エストリン、チャーリー・マッスルホワイト、マーク・ハメル、デニス・グルンリングのアルバムなどで一度は名前を目にしたことがあるかと思います。誰と誰が一緒に演っているかというのを追うのもまた、現代ブルースの楽しみのひとつです。私はそれほどくわしいわけではないですが (すべてのミュージシャンの活動を常に追っているわけではないので。)、でも例えば、デニス・グルンリングのアルバムにマーティー・ドッドソンの名前を見つけたり、リック・エストリンのライブにランディ・バミューデスがゲストで参加しているのを見たりすると、やっぱりわくわくしちゃいます。

ジョン、キッド、ランディ、マーティーという組み合わせは他では見たことがないと思うのですが (いや、他にもある!と言う方はぜひ教えてください!)、すごくかっこいいと思います。ランディが出ているので私としては視覚的に楽しいというのもありますが、そういう下心は抜きにして、純粋にバンド・サウンドとしてこのクリップの演奏はすごく好きです。マーティーのプレイにランディが反応したり、その逆もあったり、ジョンの歌とキッドの掛け合いが良かったり、マーティーがジョンのプレイに反応して煽ったり、それにランディが加わったり。4人のからみ具合がおもしろくて、何度聴いても飽きません。

ブルースに限らず、クラシックなんかでもそうなのですが、音楽には、特定の相手と演奏するからこそ生まれるエネルギーやマジックみたいなものがあって、そこがおもしろいのだと私は思います。パフォーマンスの場合は、会場の雰囲気やオーディエンスのヴァイブなどによっても演奏のエネルギーの方向性が変わります。それが生きた音楽というものであって、誰とやっても同じ、どこでやっても同じ演奏しかできないなら、それはつまらないというか、人と演奏したりパフォーマンスとして演奏をする意味はあまりないような気が私はします。

以前、知り合いのギタリストがドラマーに、ある曲 (確かマジック・サムの曲だったと思います。) を 「CDと同じようにやって」 と頼んでいるのを耳にしたことがあるのですが、傍で聞いていて、「それは無理!!」 と思いました。だって、彼 (ドラマー) はマジック・サムとやるわけではないし、他のバンド・メンバーだってCDで演奏しているミュージシャンとは別人です。バンドの編成だって違います (そのバンドには原曲にはないハーモニカが入っていました)。「全体的にこういう感じで」 というのならわかるのですが、最初から最後までCD通り叩けというのではアンサンブルから生まれる音楽の面白みを殺してしまうと思います (誤解のないようにちょっと説明しますが、私はすべての音を一音一音コピーして学ぶやり方を否定するわけではありません。それはブルースを学ぶ上では避けては通れない道だと思います。でも、それと私がここで言いたいことは別のことです)。2人のミュージシャンが、よく聞き合って、反応し合ってひとつの演奏を作り上げる時、1+1が2以上になる瞬間があるのが、音楽というものだと私は思うんです。

以前書いたマーティー・ドッドソンについての記事で、

「どういうシャッフルを演奏するのかというのは、他のプレイヤーがどういった演奏をしているのか、どういったサウンドを作り出そうとしているのかによる」

「他のバンド・メンバーと一緒に音楽的な演奏を作り出すことにエネルギーを注ぐことが大事なんだ」

というマーティーの言葉を紹介しましたが、これは人と一緒に音楽を作り上げる上で、本当に大切なことだと思います。先日ライブを見たジェリー・ジェモットも、他の人がソロを取るたびに毎回身体の向きを変えて、そのプレイヤーと会話をするかのようにベースを弾くその姿がとても印象的でした。ギター、ハモンド・オルガン、ピアノ、テナー・サックスとソロを取る楽器は多かったのですが、その度にジェモットは身体の向きを変えるんです。

他の奏者の演奏をよく聴いて、それに反応して演奏するというのはアンサンブルの基本だと思いますが、でも、他のプレイヤーがやっていることを聞かずに弾きまくる (吹きまくる) 人って意外と多いですよね。こういう演奏を、英語で “wanking” と言います。”wank” というのは、スラングでマスターベーションのことです。特にギタリストに多くて、ロックっぽいギタリストが集まるジャム・セッションでは 「大ギター・ワンク大会」 となってしまうこともあり、こういう時は私は演奏はあきらめます。でもドラマーやベーシスト、ピアニスト、ハーピストでもたまにワンキングをしている人を見かけるので、ギタリストに多いというのはただ単にギタリスト人口が多いというだけなのかもしれません。何はともあれ、音楽はやはりマスターベーション的にではなくて、メイクラブ的に楽しみたいものだと思います。

2011/06/06

Kid Andersen

Posted in ハーモニカ以外 tagged @ 8:32 am by Yuki

最近このブログでは何かと登場することの多かったキッド・アンダーセン (Kid Andersen) 。この際だから、彼についてちょっと書いちゃいます。

自己名義のアルバムも出していますが、私はそれよりも、他のミュージシャンの横で演奏している時のはまり具合が良いなあと思うギタリストです。正統派ウェスト・コースト・ブルースはもちろん、ロカビリーやロックンロールっぽい物、ちょっとハードな物まで色々とこなす人で、その場その場に合った、音楽的でセンスのあるその演奏にはいつも感心してしまいます。

最近はまっているのが、このクリップの映像。私はギターを弾かないのでテクニック的なことは全くわからないのですが、このキッドのソロ (1:20 から 2:07 あたり) を聞くたびに、「ギターってこんなに色々な音が出るんだなあ」 と改めて思います。「ギターの音色は指先にある」 とよく言いますけれども、その言葉が見て取れるというか聴いて取れるというか、各音の音色の違いがものすごく明確で、何度聞いても飽きません。ソロの盛り上げ方など、その構成力も素晴らしい。それから、ちょっと細かい話で申し訳ないのですが (自分自身のための覚書という意味も含めて書いています。)、16分音符を1拍内で4つ弾く時に、3つ目の音符を強調しているところがいくつかあって (例えば 1:23 あたり)、へええ、なるほど、これはぜひ真似してみようと思いました。

>RICK ESTRIN & THE NIGHTCATS – Live at HARD ROCK CAFE Bucharest – part.3

キッドは歯でギターを弾いたり足を上げたり、派手なパフォーマンスをすることも多くて、まあそれも彼らしくて楽しくて良いのですが、私としてはこのクリップのように自然に身体を動かして弾いている姿の方が断然好きです。この人ほど私のタイプの時とそうでない時の差が激しい人はいないような気がしますが、上の写真とこのクリップのキッドはかなりタイプ・・・って、またこんな話ですみません。私のタイプなんてみなさんにとってはどうでもいいことですね。キッドにとっても余計なお世話ですね。でも、そういうブログですから (どういうブログだ)。このクリップは全体的にかっこいいですが、ソロを弾き終えた後のちょっとすっきり満足気な顔 (2:07 から 2:11 あたり) が最高に美しいと思います。セクシーというのとは微妙に違うんですけど、この数秒はブラッド・ピットよりもかっこいい (なぜブラピと比べるのかは不明)。

2011/05/26

ブルース・ロックというもの、横ノリ縦ノリについてもう少し

Posted in テクニック tagged @ 8:51 am by Yuki

先日、ロックとブルースのノリの違いなどについて書きましたが (>バックビート、横ノリ – Randy Bermudes について思うこと)、「ロックでもそんなノリはしない」 というコメントをいただいたりして、上手く説明できていなかった気がするので、今日はちょっとその補足です。

英語であまり思わしくないブルースの演奏を批判する時に、”rocky” という言葉がよく使われます。ロックっぽいという意味です。ブルースにディープにはまり込んでいるミュージシャンは大抵、ブルースとこのロックっぽい 「ブルース・ロック」 との間に線を引いています。私個人としては、ブルース・ロックでもごくたまにいいなと思うものもありますが、でもやっぱり上手く (かっこよく、センスよく) 仕上げるのは難しいな、と感じることの方が圧倒的に多いです。チャーリー・マッスルホワイトのアルバム “Delta Hardware” についてのキッド・アンダーセン (このブログでは最近よく登場しますね。) による話が、ブルース・ミュージシャンにとってのブルース・ロックというものの位置づけの良い説明になるかと思うので、ここでちょっと紹介しますね。

「このアルバムは、ブルースと 『ブルース・ロック』 という畏怖されるべき呼び名の、新しい録音だと思う。このアルバムはロック的傾向はあるけど、多くのブルース・ロックと相反するのは、これがロック・プレイヤーによって演奏されたブルース・ミュージックではなくて、シリアスなブルース・ミュージシャンがそのフィルターを通して、新しい工夫を加えて演奏したロックのアイディアだっていうことなんだ。」

訳が下手でわかり辛くて申し訳ありません (汗)。アルバムの好き嫌いはあるかとは思いますが (私はかなり好きです。)、キッドが自分達の音楽と典型的なブルース・ロックとの間に区別をつけていること、それから彼の 「ブルース・ロック」 と呼ばれることへの恐れのようなものが、この話から感じていただけたらと思いました。音楽的方向性は “Delta Hardware” とは違いますが、先日の John Nemeth のクリップの演奏も、ちょっとこの域でしょうか。

最初からロッキーなブルース・サウンドを目指している場合もあるでしょうが、そうではなくて、ブルースを演奏しているつもりなのにブルース・ロックになってしまうということはよくあると思います。その原因は色々ありますが、バンド全体のサウンドとしては、先日も書いたようにグルーヴの感じ方がその原因のひとつだと私は思うんですね。ロックと一言で言っても本当に色々ありますし、ブルースだって時代や地域などによってスタイルが異なるので、「ロックはこう」、「ブルースはこう」 とひとまとめにして語ることができないというのは重々承知しています。でも、ロックでは普通にあり得てもブルースではあり得ないことというのもやはり存在して、そのひとつが先日も書いた、全てのビートを均等に感じるノリと、縦ノリの感じだと思います。その例としてエルヴィス・コステロの名曲、”Pup It Up!” についてちょっと書いてみますね。ブルースとこういう曲を比べるというのはかなり無理がありますが、縦ノリという感じがわかりやすいので、比べるというよりも縦ノリを感じるという意味で聞いていただけたらと思います。

Elvis Costello – Pump it up

は~、かっこいいですねえ。踊りだしたくなってしまう。この頃のコステロは大好き。The Attractions のベースってかっこよかったですよね。”Lipstick Vogue” とかも・・・。ブリット・ロック万歳。

さてこの曲、全体的には比較的オフ・ビート (2拍目と4拍目) が強調されていますが、”Pump it up…” というコーラスの部分とエンディングは見事に全拍が強調されていますね。ドラムのパートを聞くと特にわかりやすいです。ここは思いっきり縦ノリで踊りたい。この曲の気持ち良さは、なんと言っても曲中のこのグルーヴの変化にあると思います。それから、バックビートの所でも、ズンッズンッズンッズンッと全拍が強調される感じも常にあって、そういうのはやっぱりロックだなあと思います。この曲は極端な例ですけれども、こういう感じって他のロックの曲でも普通にありますよね (もちろん全てのロックがこのノリだとは言いませんが)。でもブルースをこの小刻みな感じの縦ノリでやると、ロッキーになってしまう危険性大です。感じ方は人それぞれだとは思いますが、私にとっては、同じバックビートでもブルースは横ノリで、そのグルーブはロックの小刻みな感じではなくて、もっと息が長くてうねりがあってセクシーで、身体の奥深いところで感じるものです。ブルースは骨盤で感じるものだというキム・ウィルソンの話を以前書いたことがありますが、そんな感じでしょうか。

なんだか説明するつもりが余計な混乱を招く結果になってしまったような気がしないでもないですが、”Pump It Up” を楽しんでいただけたら、それだけでもうれしいです。
しかしコステロはこんな立ち方をして、足くじいたりしないんでしょうかね?

2011/05/14

動きがかっこいいハーピスト番付 ・ 予告編

Posted in ハーモニカ以外 tagged , , @ 10:05 pm by Yuki

最近すっかり不定期更新となっているこのブログですが、懲りずに読みに来て下さっている方々、ありがとうございます。

一ヶ月以上ぶりに書いた先日のエントリーは、書いている最中も書いた後もすごく楽しかったんです。それで、「これからはもっときちんとブログを書く時間を作ろう!」 と思っていた矢先、コメント欄でちょっと疲れるやり取りがあって、出鼻をくじかれた感じがしています。ブログをやってコメントを受け付けている限り、様々な人がそれぞれの意見を書き込んで行くのは当たり前のことなので、それはかまいませんし、今回に始まったことでもありません。でも、こういうことがある度に思うのですが、相手のことを何も知らずに、短いコメント欄で相手の顔を見ることもなく議論を (しかも楽器も音源もなしに音楽についての議論を) するというのは非常に難しいです。実体感がつかめない人を相手に議論をするというのは大変で、ネット上のコミュニケーションではそれが普通だということはわかっていはいますが、私はそういうところは古風なんですかね、やはりちと苦手です。「ごあいさつ」 のページに写真とメールアドレスを載せているのも、少しでもフェアでありたいう気持ちと (やはり色々と言いたいことを言っているわけですから。)、読んでくださっている方々の感じる 「実体のなさ感」 を少しでも減らしたいと思っているからです。

更にこれも毎回のことですが、私の書いた事と異なる意見を持つ方々が残すコメントは、攻撃的だったり、感情的だったり、嘲笑的だったり、喧嘩腰だったりすることがほとんどなんですよね。私の文章力のなさがそういったコメントを招いているのかもしれませんけれども (読み返してみて上手く説明できていなかったと思うことは正直よくあります。)、名前を名乗って握手を交わしてからする面と向かっての議論だったら、こういうことも少ない気がします。インターネットってすごく便利で良い面もたくさんありますが、問題点も多いですね。私としてはできるだけ冷静に丁寧に対応しているつもりですが、こういうのはやっぱり疲れちゃいます。

さて、そんなちょっとブルーな気持ちを吹き飛ばすために何を書いたら良いか・・・と考えていて思いついたのは、「いい男について書こう」 ということです (爆)。ずっと前に書いた、「ブルース・ハープ界の色男たち」 というエントリーは書いていてすごく楽しかったし、先日のランディ・バミューデス (Randy Bermudes) についての記事も、書いていてうきうきしてしまいました。いい男達のことを思うのは、人生の楽しみのひとつであります。それで今回は、まあ先日のランディの話からの流れで、「動きがかっこいいハーピスト番付」 というのをやってみたいと思います。もうこの時点でくだらなさ丸出しですね。

しかも今回、タイトルを 「予告編」 としたのは、ランディについてもう少し書きたかったからという、なんとも浅はかな理由からでしかありません (爆)。先日の記事ではまあ、一応音楽についても書きましたが、今回はそんなのは一切なしで、純粋にランディのセクシーさについて書こうというどうしようもない趣向です。「このブログは音楽ブログでは?」 というつっこみは却下します。ということで、本当に本当にお暇な方のみ読んでくださいね。というより、お暇な方でも読まなくて良いくらいの内容のなさです。ランディのファンの方、またはこの間のクリップを見て 「お、これはちょっとかっこいいのでは?」 と思った方なら少しは楽しんでいただけるかと思います。「ただのスキンヘッドに髭の兄さんじゃねーか」 と思った方は、今回はどうぞ読み飛ばしてください。

さてさて、最初のクリップは、スロー・ブルースを演奏するランディ。いや、もう、これは、最初から最後まで素敵すぎ。リズムに合わせてダンスするように動く様子も、ぐっと何かをこらえているような切なそうな表情も。この身も心も音楽に浸りきっている感じがなんともせくしいなんですよね。時々、宙を見つめるその表情も、リズムに合わせて口を動かす様子も素敵。3:42 あたりでチャーリー・マッスルホワイト (Charlie Musselwhite) の方をくっと向いて、じっと見つめるところなんてもう、たまりません。きゃ~。こんなふうに見つめられたら、すぐに惚れてしまう (妄想中)。それから、シャツフェチ (え?) の私としては、袖をちょっとまくっているところとか、首の周りが開いている感じとか、胸の下の皺のより具合とかがかなり良いんです。きゃ~。

Charlie Musselwhite Wendelstein Germany

次のクリップは短いので、みなさん見逃さないようにしっかり見てくださいね (しかし本当に見る人いるんでしょうか、こんなの)。まず、0:28 あたり、1小節目に戻る時のテンションを感じている様子が素敵。きゃ~。それから、0:54 あたりで、たぶんキッド・アンダーセン (Kid Andersen) とアイ・コンタクトを取っているんだと思いますけど、ちょっと眉毛を上げての上目遣い。それから横へ流れるように揺れます。きゃ~きゃ~。素敵です~。

Charlie Musselwhite “Gone Too Long”

この2本のクリップでは、キッド・アンダーセンもなかなか私好みです。スーツに髭、色メガネ (死語?) でワイルドな感じのキッドも良いですが、私としてはそれよりも、今回のクリップの様にさらさらヘアー (これも死語?) とシンプルなシャツでナチュラルな感じ (1本目のクリップ) とか、ちょっとやんちゃな優等生みたいな感じ (2本目のクリップ) の方が良いなあと思います。2本目のクリップの 1:15 あたりで、ランディの方を向いて微笑んで頷く様子もかわいい。そういえば、チャーリー・マッスルホワイトも若い頃はすごくかっこよかったですよね。この方は現在も素敵な歳の取り方をしていると思います。

あ~やっぱりいい男について書くのって楽しいですね (自己大満足)。次回はいよいよ、「動きがかっこいいハーピスト番付 ・ 本編」 です。候補は挙がっていますが、実はまだ順位はつけていません。「どーせ1位はあいつだろ」 と思っているそこのあなた、今回はどんでん返しがあるかもしれませんよ! (あるかな?)