2009/07/10

リトル・ウォルターの亡霊

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , , @ 2:29 pm by Yuki

少し前に、アダム・ガッソー (Adam Gussow) が、自身の運営するサイトで、とても興味深い書き込みをしていました。バラス・ラジャクマー (Bharath Rajakumar) という、カナダのハーピストについてのトピックです。YouTube などをまめにチェックしている方ならご存知だと思いますが、バラスはかなり完璧なリトル・ウォルターのコピーをすることで有名なプレイヤーです。こちらで音が聞けます。
Bharath and his Rhythm Four – Little Walter’s Tell me Mama

アダムは、バラスが素晴らしいプレイヤーだということを述べた上で、ある問題を提起しています。ブルース・ハーモニカを現代化  (modernize) することに常に心を砕いてきたアダムらしいトピックだと思います。彼は自分の意見をはっきりと述べていますが、それを決して読み手に強要しないオープンな内容です。この人は、大学で英語の教授をしたり、本を出したりしているだけあって、いつも素晴らしい文章を書きます。リズムがあって、明快で、読み手をぞくぞくさせるような、美しい文章です。私がした下手な訳だけではなくて、原文も読むことをぜひぜひお勧めします。
Modern Blues Harmonica

アダムの文章が素晴らしいので、今日は私自身の意見は書かずにおこうと思います。
皆さんはどう思われますか?

*       *       *       *       *

反駁を恐れずに、ここに明記する。地球上の全てのハーモニカ・プレイヤーの中で、バラス (ケベック州モントリオール在住) は、完璧な、ぞっとさせるような、非の打ち所ないリトル・ウォルターのサウンドを作り出す数人のうちの一人である。そのサウンドの完璧さは、リック、フレージング、全ての方面においてであるが、特にその機材 (小さなアンプだと思う。賭けてもいい。) は、リトル・ウォルターのレコーディングのほとんど全てのニュアンスを再現させることを可能にしている。

これは中途半端な仕事ではない。この男の夢は、リトル・ウォルターを獲得すること、複製すること、リトル・ウォルターを - 彼の音を、スタイルを、幅広いアプローチを - 生き返らせることだったに違いない。

君はこれについてどう思うだろうか?これは偉大なことだろうか?必要とされたことだろうか?それとも、彼は自分自身を - 彼のオリジナリティを、それがどういうものであれ、「バラス・サウンド」 と呼ばれるべきものを - いけにえにしたのだろうか?完全に忠実な再生という名の十字架の上で。

君たちはたぶん、僕がどう思っているかを知っているだろう。でもやはり言っておこうと思う。僕は、彼はブルースハープというものを制御する道のりを、ちょうど半分まで来ただろうと思う。それも、とても素晴らしいやり方で。そして僕は、彼がそこで止まることを自ら選んだのだろうとも思う。もし彼がこれより先に進まないのならば - というのは、リトル・ウォルターの亡霊がとり憑くことをよしとせず、払い除けることをしないのならば、ということだけれど - 彼は忘れ去られる運命にあるだろう。素晴らしいイミテーターであることよりも悪いことはたくさんある。彼は全く素晴らしいリトル・ウォルターのイミテーターだ。最高のイミテーターかもしれない。間違いなく最高のイミテーターの一人だろう。しかし、僕は - まだ - 彼がどんなクリエイティブなミュージシャンであるかということについては、何も知らないままだ。

もし僕が 「ジェイソン・リッチ・サウンド」 というものを理解したいと思ったら、僕にはそれがどういうものであるかということの考えが幾分ある。「ソニー・テリー・サウンド」 や 「リトル・ウォルター・サウンド」 についてならば、僕は間違いなくそれがどういうものかを知っている。

「バラス・サウンド」 はどういうものなのだろう?それとも僕はバラスのことなど忘れて、ただリトル・ウォルターを聞いていればよいのだろうか?

あるいは、バラスがいかにに完璧にリトル・ウォルターを習得したかということを考えたら、僕はリトル・ウォルターのことも忘れるべきなのだろうか?そして、ブルースハープの伝統の中の、どこか他のところを見るべきなのだろうか?

僕は、若き日のリトル・ウォルターが - バラスの年齢のリトル・ウォルターが - 半世紀前のブルース・ハーモニカ・スタイルへ対するバラスの忠実さを目にしたとしたら、 極めて奇怪だと感じただろうと確信している。1950年代初期のシカゴでは、そんなふうには事は運ばなかった。その時代では、エキサイティングな新しいサウンドを作り出すことが全てだった。それこそが、大勢のミュージシャンに抜きん出る手段だったんだ。ぐつぐつと煮えたぎる蟹鍋の中から這い上がって生きのびるためには、そうするしかなかった。当時は、ブルースは常に再発明され続けていて、リトル・ウォルターもジョン・リー・ウィリアムソンやブルーバード・サウンドのスタイルをマディとの初期のセッションで使っていた。けれど、彼がアンプを使い始めた瞬間・・・他のプレイヤーにはない強みを彼は見せたんだ。

あるいは、もしかしたら、僕は完全に間違っているのかもしれない。なぜ僕は、「ブルースを新しくする」 ということにそんなに執着しなければならないのだろう?リトル・ウォルターが50年代にそうしていたからという、ただそれだけの理由で。もしかしたら僕は、僕自身ののやり方で、バラスと同じくらいのクローンなのかもしれない。リトル・ウォルターの哲学的クローンだ。伝統を保持するだけではなく、新しくすること、新しいサウンドを見つけること、楽器を現代化させることに対して僕が感じているストレスは、もしかしたら見当違いなことなのかもしれない。ブルース・ハーモニカの世界と文明には、愛のある、忍耐強い、鍛練された、私心のないアーキビストが必要なのかもしれない。古典の価値を認め、現在のステージで鮮やかに蘇らせることによって、それらの音楽を存続させる手助けをするプレイヤーが。バラスのアプローチは、一流のヴァイオリニストが見せる、クラシック音楽の伝統的なアプローチと同じものなのかもしれない。リトル・ウォルターのレコーディングは、レパートリーであり、楽譜であり、バラスはその楽譜をリアルタイムで鮮やかに蘇らせるのだ。私達にはそれが必要なのかもしれない。

答えは君が見つけてくれ。

広告

2009/05/30

So I don’t have to be blowing so damned hard

Posted in テクニック, ハーモニカ・プレイヤー tagged , @ 3:48 pm by Yuki

最近、リトル・ウォルターのコピーを集中してやっています。私は常々、音をコピーする以上のことができた時に、本当に何かを身につけることができると思っています。これはどのプレイヤーをコピーする時にも言えることではありますが、リトル・ウォルターは特に強くそう感じます。多彩な音色、見事なフレージング、呼吸で作り出すリズムとグルーヴなどの微妙なニュアンスが満載で、そういうところをコピーしてこそ、得る物が多いプレイヤーだと思うのです。特にあの軽やかさ。ハーモニカは強く吹くものではないのだということを証明するかのような演奏です。私は、多くのプレイヤーは強く吹きすぎると思います。音を身体に共鳴させることではなくて、強く吹くことで出そうとする。私も気をつけてはいますが例外ではなくて、パンチの利いた音や音量を出したいと思う時に、強く吹きすぎてしまったりということがあります。でもパンチの利いた音や音量というのは、ここがよく誤解されるところだと思うのですが、本当は力で出すものではないんですよね。

そんなことを考えていたら、偶然にも、私がよく行くハーモニカのコミュニティ・サイトの掲示板でこのことが最近話題になっていて、そこでバーベキュー・ボブ (Barbeque Bob Maglinte) というプレイヤーが素晴らしい書き込みをしていました。バーベキュー・ボブさんは、サニーランド・スリムやジミー・ロジャースなどとの共演の経験も持つプレイヤーで、アメリカはマサチューセッツを中心に活躍しています。私がハープ関係の掲示板やメーリングリストに目を通す時、「この人の書くことは勉強になることが多いから、いつも欠かさずに読む」 という人が何人かいて、ボブさんもその一人です。彼のしっかりとした知識と豊かな経験に基づく公正な意見からは学ぶことが多く、彼の書き込みにお世話になっている人は私だけではないはずです。他にも何人かバーベキュー・ボブという名前のミュージシャンがいるので、どうぞお間違えのないように。ボブさんの音楽はこちらで聞くことができます。文句なしにかっこいいっす。
Barbeque Bob And The Rhythm Aces

Barbeque_Bob

今回のボブさんの書き込みの内容も全体にためになることばかりだったのですが、長いので特に印象に残った一部を紹介します。

ほとんどのプレイヤーは、自分のブレス・コントロールに対しての見極めが不十分なんだ。そしてほとんどの人は、自分が強く吹きすぎているかもしれないなんて、夢にも思わないだろう。

多くのプレイヤーはアンプリファイドの演奏をする時に、強く吹けば彼らのハープ・ヒーロー達に近い音が出ると勘違いして一層強く吹く傾向があるけれど、それは僕はとても皮肉なことだと思う。本当のことを言うと、強く吹くことは彼らの演奏の質を下げるだけなんだ。雑誌 “Living Blues” の初期の号には、亡くなる数ヶ月前に行われたリトル・ウォルターのインタビューが載っている。その中で、「どうしてあなたはアンプリファイドの演奏の方を好むのですか?」 という質問に対して、リトル・ウォルターはこう答えているよ。「その方が、強く吹かなくて済むからさ (so I don’t have to be blowing so damned hard)」 ってね。それにもかかわらず、大半のプレイヤーはその正反対の道を進んでいるんだ。

身体をリラックスさせて演奏することを身につけたら、空気の通り道が開いて、空気は全く妨げられることなしに流れる。そうすると、より響き渡った音で演奏できるようになるし、空気をより有効に使うことによって、少しの力で音量を出すことさえできるようになるんだ。リードにかかる圧力も80%少なくなるから、ハーモニカの故障もなくなるよ。

大きな音、ブルージーな音、マッチョな音、ダーティーな音、ソウルフルな音を出すことと、強く吹くこととは別物だということをしっかりと肝に銘じて (気をつけていないと忘れそうになるので。)、練習に励む今日この頃であります。

2009/04/27

Little Walter – The Complete Chess Masters - その後

Posted in CD tagged @ 8:46 pm by Yuki

リトル・ウォルターのチェス・ボックス・セットがリリースされるということは先月書きましたが (>Little Walter – The Complete Chess Masters)、今日はその後日談です。

結局、あの記事を書いてからすぐに注文してしまったのですが、夫の誕生日プレゼント用に買ったので、それまではおあずけ状態だったのでした。先日、誕生日を迎えた夫に渡され、ようやく開かれることとなったのであります。

l_walter-complete1

結果・・・いや~、買ってよかった。未発表曲が聞けるというのはもちろん嬉しいのですが、それより何より、リトル・ウォルターのチェスでのソロの録音を年代順に全てまとめて聞けるというのが良い。聞いたところによると、新しく音処理もされて、音質も良くなっているそうですよ (私自身、従来の録音と聞き比べたわけではないので、実際にどれほど違って聞こえるのかは定かではありません)。

ケースなどのデザインは特に期待していなかったんですが、開けてみるとかなりかっこいいです。ケースにも、ブックレットの中にも見たことのない写真が載っています。解説も、以前に紹介したリトル・ウォルターの本 (>Blues with a Feeling: The Little Walter Story) と同じ著者陣によるしっかりとしたもので、文句なしです。

little_walter-complete2 l_walter_complete3

実は私は、リトル・ウォルターの良さがわかるようになるのに、けっこう時間がかかったんですね。ブルース・ハープの音楽はハーモニカを始めるずっと前から聞いていたわけですが、「リトル・ウォルターって確かにかっこいいけど、皆がそれほど評価するほどのことかね・・・。」 などと思っていた罰当たりなやつだったのであります。その頃は、例えば、ビッグ・ウォルターやサニー・ボーイ二世、ジェームス・コットンなどの方がわかりやすかったんです。しかし、実際に自分でハーモニカを吹き始めて、ブルース・ハープの奥深さを知り (笑)、リトル・ウォルターの偉大さが徐々に理解できるようになっていったのであります。今では、「ブルース・ハープの歴史で、後にも先にもリトル・ウォルターを超えるプレイヤーはいない。」 などと言う人がいるのもよくわかります。Imaginative (想像力のある) で、inventive (独創力のある) で、最高にスウィンギー。しばらくは、うちのディナー・タイムは、リトル・ウォルター一色になりそうです。

2009/03/16

Little Walter – The Complete Chess Masters

Posted in CD tagged @ 4:39 pm by Yuki

明日 (17日) リリースされる、リトル・ウォルターのボックス・セット。チェス・レコードで録音した全曲が、5枚のCDに収まっています。

Little Walter The Complete Chess Masters

lw_complete_chess

私はコレクター的気質はないので、「ボックス・セットが出たから買わなくては!」 とは思わないのですが、未発表曲がけっこう入っているということで、ちょっと心が揺さぶられます。チェスだけではなくて、他のレアな録音も全て入っているというのなら絶対買い!!なのですが・・・。う~ん、悩むところです。とりあえず、誕生日やクリスマスなどの夫へのプレゼント・リストの中には入れておくことにします。バレンタインにプレゼントしたリック・エストリンのDVDといい、ハーピストの妻の鏡のようだと自分で思います (自分が聴きたいだけでは?というつっこみは、この際なしです)。

2009/03/13

The Count Basie Orchestra, B.B.King

Posted in ハーモニカ以外 tagged , , , @ 1:23 pm by Yuki

ここ数日、はまっている曲。The Count Basie Orchestra と B.B.King による、”Every Day I Have the Blues ” の演奏。最近、この曲のファンク・バージョンをピアノで演ろうと思いついて、色々な人の演奏を聞いていたのですが、そこでこの演奏を見つけました。私のファンク・バージョンのイメージとは程遠いのですが、それはさておき、これがもう、かっこいい!!のです。毎日、何度も何度も聞いてしまいます。飽きません。

Every Day I Have The Blues – B.B. King, the Count Basie Orchestra

ホーン・セクションが 「パッ!」 とか 「ダァー!」 とか 「ぶひゃ~~~!」 などと、いたるところにアクセントを入れているわけですが、その場所が毎回様々で、そのちょっと予測不可能なところが最高に気持ち良いです。

よく聞いてみると、このホーン・セクションのアクセントは、らった らった らった らった・・・というスウィングのリズムにのって入る場合と、4拍子のビートにのって入る場合と、2種類あるようです。それが見事にミックスされていて、もうかっこいいったらありゃしないです。

「一台のオーケストラ」 とも呼ばれるピアノという楽器を弾く者としては、これはインスパイアされます。こういうふうにピアノが弾けるようにがんばろう!と思ったのであります・・・が、更に思ったことは、「これはハーモニカでもいけるんじゃないか」 ということです。サクソフォーンと似ていると言われることが多いブルース・ハープ (アンプリファイド) ですから、ホーンの演奏の良いところはどんどん盗むに限ります。切れとパンチのある音とか、リフやリック、フレージング、ヴィブラート、アーティキュレーションなどなど・・・盗みどころ満載です。リトル・ウォルターがサクソフォーンの演奏をよく聞いてコピーしていたというのは有名な話ですし、デニス・グルンリング (Dennis Gruenling) も、ジャズのホーンやヴォーカルをコピーしたと言っていました。

ブルース・ハープを演奏するには、ブルース・ハープの曲を聞き込んだりコピーしたりすることはもちろん大切です。しかしそれと同時に、より幅広く個性のある演奏をするためには、ハーモニカの曲だけではなくて、色々な楽器の演奏を聞いたり、様々なジャンルの音楽を聞くことも大切だと思います。ジェイソン・リッチ (Jason Ricci) なんかは、クラシックのヴァイオリンの曲がすごく好きらしいですね。

理想としては、色々な音楽を心と身体で感じて聞いて、それが自分の中に残り、アドリブをする時に自分の音楽として奏でられるということでしょうか。私はたまに、10代の多感だった頃に聞きまくった音楽が、自分の演奏の根本になっているのかもしれないなあと思うことがあります。ということで、みなさん、よい音楽をどんどん聞きましょう!

2009/03/01

革命児 リトル・ウォルター

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, 本 / DVD / 映画 tagged , @ 9:29 pm by Yuki

少し前に、キム・ウィルソンがサウンド・トラックで吹いているという映画、”Cadillac Records” について書きました。(>Kim Wilson – Juke, My Babe)。首を長くして待っていたこの映画、ようやくイギリスでも公開になり、早速観に行って来ました。

全体としては不満 (というか物足りなさ) も正直ありましたが、見終わった後に、「マディ・ウォーターズやリトル・ウォルターは、やはり革命児だったんだよなあ」 と改めて思ったということを考えると、良い映画だったのだと思います。

cadillac-records-jeffory-wright

アンプリファイドの演奏を一般化したということで革命児扱いされることが多いリトル・ウォルター (この映画でもそうでした)。彼が素晴らしいアンプリファイドの演奏をしたことはまぎれもない事実なのですが、私はそれは彼が起こした革命のほんの一部にすぎなかったと思うのです。彼の真の功績は、全く新しいアプローチでハーモニカを演奏したことと、全く新しいスタイルの音楽を作り出したということにあると思います。

先日の記事 (Little Walter の未公開映像 - その後) で紹介した映像でも、衝撃を受けたフレーズがいくつもありました。特に2曲目のインスト・ナンバーは、目を見張るというか耳を疑うというか、これまで聞いたことのない斬新なリックが所々にあって、何度聞いても 「おおおお」 と唸ってしまいます。彼の死からは40年以上が経っているわけですが、その間誰も思いつかなかったようなリフをこうしてアドリブでやっているのを見ると、もうお手上げだなあと思います。本当にこの人は、信じがたい天才です。アンプリファイドの時とアコースティックの時では奏法を使い分けているのは明らかですし、「どうやったら楽器 (アンプなどの機材を含む。) を最も効果的に鳴らすことができるか」 ということを本当によく知っていた人だと思います。

l_walter2

キム・ウィルソンがサウンドトラックのハーピストというのは、見事に適役だったと思います。キムはよく、リトル・ウォルターと比べられたり、その演奏を 「リトル・ウォルターのコピー」 と言われたりしますが、本人はそれを、「リトル・ウォルターに対する冒涜 (sacrilege) だ。」 とインタビューで言っておりました。

映画全体の感想は日常のブログの方に書いてありますので、興味のある方はそちらをご覧下さい。

2009/02/27

Little Walter の未公開映像 - その後

Posted in ハーモニカ, 本 / DVD / 映画 tagged @ 12:11 pm by Yuki

リトル・ウォルター (Little Walter) の未公開映像がDVDで発売されるぞ!という記事を書いたのが去年の10月 (>Little Walter の未公開映像)。

その後どうなったかというと、無事に発売されたようです。YouTube に映像がアップされています。

little_walter_rc

みなさんそれぞれに思うところがあると思いますので、今回は敢えて私自身のコメントは書かないことにします。Enjoy!

Little Walter Live in Germany (1967) #1 – Mean Old World
Little Walter Live in Germany (1967) #2 – Untitled Instrumental
Little Walter Live in Germany (1967) #3 – My Babe

2009/01/08

Kim Wilson – Juke, My Babe

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, 本 / DVD / 映画 tagged , @ 7:05 pm by Yuki

昨年12月にアメリカで、”Cadillac Records” という映画が公開となりました。ご存知、チェス・レコードの話で、Muddy Waters、Little Walter、Willie Dixon、Howlin’ Wolf、Chuck Berry、Etta James なんかが出て来ます (もちろん本物ではないですが)。去年の初め頃にこの映画のことを知って、ずっと楽しみにして公開日をチェックしているのですが、イギリスでは春ごろということです。ブルース・ファンの人は納得行かない部分も多いらしく、賛否両論あるようですが、やはり楽しみであります。

cadillac_records_poster1

チェス・レコードの話ということで、もちろん音楽が出てくるわけですが、オリジナルではなくて、この映画のために演奏 / 録音された音楽が使われています。ハーモニカを吹いているのは、我らがキム・ウィルソン (Kim WIlson)。YouTube に “Juke” と “My Babe” の録音があったので、アップします。

Juke – Cadillac Record Sountrack
>My Babe – Cadillac Record Sountrack

kim_wilson_wt

ハーモニカ好きとしては、キムの演奏が聴けることも、この映画を見るひとつの楽しみになりそうです。

2008/10/27

Little Walter の未公開映像

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, 本 / DVD / 映画 tagged @ 8:54 pm by Yuki

リトル・ウォルター (Little Walter) の未公開映像が近々DVDで発売されるという話は聞いていたのですが、先日、ハーモニカ仲間からその映像の一部分がネットで見られるということを教えてもらいました。ほんの数秒ですが、”My Babe” を演奏するウォルターが見られます。感動。

AMERICAN FOLK BLUES FESTIVAL 1967 DVD 3

これまでにリリースされているリトル・ウォルターの映像は、American Folk Blues Festival 1962-1969 Vol.3 に収められた、ハウンド・ドッグ・テイラー (Hound Dog Taylor) とココ・テイラー (Koko Taylor) との共演のみ。今回リリースされるものもこのフェスティバルからのシーンですが、前回と違って、フロントマンとしてのリトル・ウォスターが見られるようです。前述の “My Babe” の他に、”Mean Old World”、それからインストゥルメンタル一曲が収録されています。これは絶対に買わねば!!!

その他の収録曲はこちら。
FESTIVAL MUSIC TITLES

サン・ハウス (Son House) なんかも入っていますね。DVDのリリースは今月ということですけど、今月は残すところあと4日、、、。本当にリリースされるんでしょうか?頼みますよ!(って誰に?)

2008/10/23

Gary Primich

Posted in ハープ日記, ハーモニカ・プレイヤー tagged , , , , , , @ 12:30 pm by Yuki

キム・ウィルソン (Kim Wilson) の “Boogie All Night” のコピーがだいぶ形になってきたので、それと平行して、2日前からゲイリー・プリミチ (Gary Primich) の “Playgirl” のコピーもはじめました。これで5日間で3曲 (キム・ウィルソン、リトル・ウォルター、ゲイリー・プリミチ) の音取りを完了したことになります。まだ細かい練習は残っているものの、これはなかなか良いペースです。最近は、暇な時間ができるたびにハープを握っております。

“Playgirl” のソロは36小節が2回と、最後に12小節が1回。私はこれまでは、ビッグ・ウォルター (Big Walter Horton) やジェリー・ポートノイ (Jerry Portnoy) のような分厚い音色で攻める演奏を中心に練習してきたのですが、最近はちょっとその軌道から外れて、リトル・ウォルター (Little Walter) やキム・ウィルソン、そして今回のゲイリー・プリミチノのような、軽やかな演奏の習得も目指して、がんばってコピーをしております。まあ、リトル・ウォルターもキムもゲイリーも軽やかなだけではもちろんないのですが、全体のトーンとしてはやはり軽く、スウィンギーだと思います。

ゲイリー・プリミチは、インプロヴィゼイション (即興、アドリブ) の仕方がすごく好きなプレイヤーです。ビッグ・ウォルターやデニス・グルンリング (Dennis Gruenling) などもそうですが、前のリフやリックを発展させて音楽を作り上げていくやり方は、私の理想にすごく近いです。間の取り方もすごくいい。それから、やはりスウィング感が素晴らしいですね。私が練習している曲ではないのですが、ゲイリーのライブ映像をアップします。

The Late Great Gary Primich 4/20/1958 – 9/23/2007 RIP
The Late Gary Primich with Nick Curran on Guitar

ハープ界を悲嘆にくれさせたゲイリーの死から一年が経ちますが、こうして演奏を聞くたびに、早すぎた死を惜しく思います。
一曲目 (I’m A Nervous Fellow) はサード・ポジション。マイナーの曲で使われることが多いサード・ポジションですが、こういうスウィンギーな曲にも合うんですよね。

ギターは去年までキム・ウィルソンのバンドで演奏したりもしていた、ニック・カーラン (Nick Curran) ですね。良い演奏していると思います。

前のページ · 次のページ