2014/03/03

Jason Ricci + Dennis Gruenling + Pat Ramsey

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , , @ 10:13 am by Yuki

ジェイソン・リッチとデニス・グルンリングとパット・ラムジーによるハープ・バトル!これはすごい。最初は一人ずつけっこう長く吹いていますが、途中から4小節ずつに変わります。

>Pat Ramsey,Jason Ricci and Dennis Gruenling-Pat Ramsey Fundraiser 8-16-2005

ジェイソンもデニスも大好きなプレイヤーですが、最近はあまり聞いていなかったので(サニー・ボーイ I とかサニー・テリーばかり聞いているので)、このクリップを見て改めて、やっぱりこの二人はブルース・ハープの革命児だなあと思いました。

jason_ricci_rc

ジェイソンの演奏は速吹きが特徴ですけれども、出だしのアタックの仕方や、音の表情、音の切り方(フレーズの終え方)、ダーティー・ノートやタング・スラップの使い方などがブルース・ハープの古典から来ているものなので、そういうところに私はぐっと来るのだと思います。私は速吹きとかぜんぜん興味ないんですけど、この人は大好きです。最近は速吹きする人も増えましたけれども、ジェイソンみたいに細かいところで伝統的なブルース・ハープ奏法へのこだわりが聞こえてくる演奏をする人はあまりいません。先日のアキ・クマーのワークショップで、キム・ウィルソンをはじめ現代のプレイヤー達は皆、先代の演奏をしっかり勉強した上で自分のスタイルを作り上げた、という話があったのですが、その中で、90年代始めのジェイソンはウィリアム・クラークみたいな演奏をしていた、という話もありました!

dennis_gryenling_bw

デニスもものすごいブルース・ハーモニカおたくで、その奏法はやはり伝統に則ったものですが、彼なりの音のチョイスとか、フレージングとか、音の表情のつけ方は新しい時代のものですね。「ここでそう来るか!」と良い意味で期待を裏切られることが多くて、聞いていて楽しくて、にやにやしちゃう。

pat_ramsey_ht

パット・ラムジーは亡くなってしまったこともあり、それほど有名なプレイヤーではありませんが、この人がいなかったらジェイソンのスタイルも生まれなかったかもしれない。彼がジェイソン・リッチに大きな影響を与えたことは有名です。もっと評価されるべきプレイヤーだと思います。すっかり忘れていましたが、過去記事を検索したらこんな事を書いたことがありました。>Pat Ramsey

しかしあれですね、練習して上達するのは嬉しいですけれども、上達すると耳が肥えるので、「上手い人にできて自分にできていないこと」がどんどん分かるようにもなりますよね。デニスやジェイソンのスタイルを目指しているわけではないですが、自分はディテールがまだまだだなあ、と思います。上手くなればなるほど、理想から遠ざかって行くような気がする今日この頃です。自分の演奏に満足することは、一生無いような気がする。。。だからこそ楽器を学ぶことは楽しいとも言えるんですけれども。あまりに遠い道のりに、頭がくらくらすることも多いです。

広告

2008/11/18

Pat Ramsey (R.I.P.)

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 2:53 am by Yuki

パット・ラムジー (Pat Ramsey) がホスピスで闘病中であることは以前書きましたが、17日に亡くなったそうです。

今は18日の午前1時半過ぎで、寝ようと思っていたところ、ジェイソン・リッチ (Jason Ricci) によるメーリング・リストへの投稿を読んでこのニュースを知りました。とても悲しくなったので、このブログを読んで下さっている方々と、少しでも気持ちを分かち合えたらと思い、この記事を書いています。

以前にも紹介したのですが、私の大好きなパットの演奏を、もう一度紹介したいと思います。
Pat Ramsey & Blues Disciples … ” Build Me A Women “

R.I.P.

過去記事
Pat Ramsey

2008/10/12

Pat Ramsey

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , @ 12:25 pm by Yuki

悲しいニュース。
パット・ラムジー (Pat Ramsey) が、ホスピスに入院したそうです。回復の見込みは低いそう。

ジェイソン・リッチが “Dad” と呼んで慕うパット・ラムジー。初めてパットのライブを見て感動したジェイソンは、メイン州にあった自宅からパットの住むメンフィスに移り住み、そこで働きながらパットの演奏を研究したのだそうです。

「パットの演奏は、装飾的だけど、すごくメロディアスだった。きざな感じだけど、そこには常に魂があった。僕はそれまで、シュガー・ブルーやジョン・ポッパーなんかのプレイヤー達には心を閉ざしていたんだ。それが、パットはその中間みたいなところにいて、僕は彼を受け入れることができたんだ。

Well it was fancy but it was really melodic. It was affected but it never lost any soul. I was really close-minded towards guys like Sugar Blue and John Popper but here came Pat who was somewhere in between. And I was able to accept him.」

ジェイソンのこの言葉が全てを語っている気がするので、私の下手な説明はなしで、パットの演奏を聴いてください。
Pat Ramsey & Blues Disciples … ” Build Me A Women “