2014/04/07

Paul Lamb のデュオ / レッスン

Posted in ハープ日記, ハーモニカ・プレイヤー tagged , @ 10:39 am by Yuki

ずっと見たかった、ポール・ラムのデュオのライブに行ってまいりました。バンドのギグはこれまで何度も見ていますが、デュオは初めてです!私は最近、サニー・テリーを始めたこともあり、今回のポールの演奏にものすごくインスパイアされました。

先日も書きました通り、ポールはサニー・テリーのスタイルを12年かけて学んだそうです(いろんな人から10年と聞いていましたが、本人に聞いたら12年とのことでした)。サニー・テリーと数週間を共にしたという、何とも羨ましい経験もお持ちです。

そんなポールなので、そりゃもうサニー・テリーのスタイルでやる曲はすごいです。完コピではなくて、あくまでサニーの「スタイル」での演奏なんですが、自分自身のフレーズを吹いても見事にサニー・テリーでした。

paul_lamb_duo

>The Trench Sessions – Paul Lamb and Chad Strentz perform The Underdog

私は幸運にも、ライブの前にちょこっとレッスンをしてもらいました。会場の外に止めてあるポールのバンの中で(笑)。色々とデモンストレーションして見せてくれたのですが、足をストンプしてリズムを取りながらやるので、バンが揺れる揺れる(笑)。

ほんと学ぶ事てんこ盛りでしたが、やっぱり一番すごいなあと思ったのは、その音色。サニー・テリー独特のあの音色をここまで見事に再現できる人を、私は他に知りません。ポール自身も言っていましたが、サニーのあの「スウィート」な音!ビッグ・ウォルターなどのシカゴ・スタイルの演奏もして見せてくれたのですが、サニーやる時とは音色を変えているのが明らか。しかしポールが言うには、シカゴ・スタイルのプレイヤーもベースとなるのはサニー・テリーだ、とのことでした。確かにね、私が意を決して難解なサニーおじさんを学び始めたのは、「これができるようになったら、他のスタイルの演奏も絶対に上手くなるだろう」と思ったのがひとつの理由です。まあそれより何より、サニー・テリーの演奏が好きだ、というのが一番ですが!

ポールとは何度もライブでお会いしていて、うちの夫がハープ吹きだということをポールがなぜか知っていたこともあり、お話したことはあったのですが、レッスンを受けてみると思った以上に物腰の柔らかい方でした。事前に打ち合わせしておいたのに、レッスン料も要らないと言ってくれ(泣)。私の現在のハープ・ヒーローは、間違いなくポール・ラム!

pl_cds

CDももちろん買いました!デュオの(写真右)と、あと夫がすごい古いやつ(写真左)買ってました。

2014/03/25

Sonny Terry – Joe Filisko と Paul Lamb の場合

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , , @ 8:19 pm by Yuki

引き続き、サニー・テリーをやっております。もう楽しくて楽しくて、毎日こればっかり。

音楽って、練習ももちろん大切ですが、「聞く」こともそれと同じくらい大切ですよね。ということで、最近はサニーおじさんをよく聞いています。もちろん サニーはずっと前から大好きでしたけれども、自分でやるようになると、聞き方もちょっと変わります。聞いていただけの時は気が付かなかったサニーおじさんのすごさに感動する毎日です。サニー・ボーイ1世のコピーをやっていた時にも感じたことですが、これは楽器を演奏することの一つの醍醐味だと思います。毎日こつこつと練習していることへのちょっとしたご褒美、という感じで嬉しくなります。

それと同時に、最近は、現代のプレイヤーでサニー・テリーのスタイルをやっている人の演奏も聞いたりしています。

サニー・テリーといえばやはりこの方、ジョー・フィリスコ大先生。永遠の憧れです〜。演奏からもその前の話からも、サニーとブラウニーに対するリスペクトが感じられます。次回会うまでにサニー・テリーをいっぱい練習して、ジョーに聞いてもらうのが、当面の私の目標(爆)。

>Joe Filisko & Eric Noden – Whoopin’ the blues

それから、イギリスのハーモニカ・エース(笑)、ポール・ラム。この方のサニー・テリーもすごい。今は教則本/CD/DVDがたくさん出ていますし、ネット上にもたくさんの情報があふれていますが、彼がハーモニカを学んだのは色々な情報がなかった時代なので、全て独学したそうです。そんな若きポールのヒーローだったのが、サニー・テリーとビッグ・ウォルター。現在では独自のスタイルを持っているポールですが、それもこの二人の演奏をがっつり学んだからこそ、という気がします。ブルース・ハープって、ブルース・スケールやブルー・ノート、ヴァンプ、ブルージーなリフなどを使えば、「ブルースっぽい」演奏にはなりますが、それだけだとやっぱりブルースとしては何かが欠けてしまうんですよね。ブルース・ハープのパイオニアのスタイルをとことん学んだ人の演奏は、やはり強いです。ポールが、サニー・テリーの一曲を10年かけて学んだ、という武勇伝(?)は有名です。「どれだけサニー・テリーに似ているか」という面では、ポールの方がジョーよりも近いかなあという気がします。私の知っている限り、サニー・テリーのスタイルでこの人に適うプレイヤーはいない、というくらいすごい。

>Paul Lamb plays a Sonny Terry style harmonica slow blues

サニー・テリーでは、こういうスローな曲の方が、実は難しかったりします。使ってる音はシンプルなんですけどね、どうやってこの独特の音色とフィーリングを出すのかは、今のところぜんっぜんわかりません。

明日も練習がんばります。

2012/08/03

イギリスの誇り

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 8:42 pm by Yuki

皆様、オリンピック楽しまれていますでしょうか。

イギリスを誇りに思うことってあまりないんですが、斬新で、イギリスらしいユーモアにあふれたオリンピックの開会式は素晴らしかったと思います。もう、イギリス最高!

この開会式、ダニー・ボイルが演出したらしいですね。ダニー・ボイルと言えば、あの最高にかっこいい 「トレインスポイッティング」 という映画がまず頭に浮かびます。これは、イギリスの下層階級の若者の生活をリアルにポップに描いた作品 (日本語トレイラーはこちら)。こういう人を由緒あるオリンピックの開会式の演出家に抜擢したイギリスという国はやはりすごい。でもやっぱり競技は日本を応援してしまいます。今日はなでしこジャパン、勝ちましたね~。

それはさておき、最近、もうひとつ、「イギリスの誇りだなあ」 と思った事がありました。何かと言いますと、ポール・ラムです。なんだかこの頃、この人のことばかり書いている気がしますけれども、だってかっこいいんです。先週末、ブルース・フェスティバルに行って、そこでまたポールの演奏を観ることができました。この方の演奏はもう何度も観ていますが、今回のライブは今まで観た中で一番良かった!というくらい良かった!

まあさすがにプロなので、毎回楽しませてくれるんですけれども、この晩のポールおじさんはいつにもましてノリノリ(死語)で、アドリブがすごかったんですよ。ものすごくかっこよかった!この方は本当に、イギリス・ブルース界の誇りだと思いました。こういう人が存在していてくれて、ライブを観ることができるというのは、ありがたいことです。この日、ポールは、ライブの前に会場をうろうろしていた私達を見つけて声をかけてくれて、すごくうれしかった!

今日のクリップは、イギリスの誇り、ポール・ラムの古い演奏。1990年ですって。ビブラートのかけ方とか、演奏のアプローチとか、現在とはかなり違って、おもしろいです。ポールおじさん、大好き!

>Vintage footage of Paul Lamb and The King Snakes(1990)

>Paul Lamb.and the Kingsnakes with John Whitehill

2012/07/04

楽しそう・・・

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, CD tagged @ 1:04 pm by Yuki

今日のクリップは、ポール・ラムとバンドのメンバーが、お家(たぶん)に集まって、アコースティックのジャムをしている模様。楽しそう・・・。

>Paul Lamb unplugged Mind Games

このバンドはいつも、ステージ上でも、セットの合間の休憩中も、ライブが終わった後も、なんだか仲良さそうで楽しそうにしています。

私はこの間のライブで、新しく出たCDを買って、全員にサインをしてもらったのですが、みんな気さくな人たちでした。ポールには、別れ際に3回もちゅーしてもらっちゃった (こちらではお馴染みの、お別れの挨拶のちゅーです、もちろん)。

ポールの息子のライアンは、普段はサングラスをかけていることが多いのですが、このサインをしてもらった時はサングラスをはずしていて、目がすごくきれいだったので、「サングラスなんかしなきゃいいのに」 と思ったのでありました。

2012/06/25

More Paul Lamb…

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , , , @ 11:16 am by Yuki

先日に引き続き、ポール・ラムのクリップをもうひとつ。キム・ウィルソン、リック・エストリン、ジェリー・ポートノイとジャムをしている模様です。ポール・ラムの演奏は、相変わらずぶあついトーンでスウィンギー。

しかし、ジェリー・ポートノイは今回もまた、自分が演奏している時も他の人が演奏している時も、見事な棒立ち状態です。この人は本当に、こういう時くらいもうちょっと楽しそうにできないものなのか。まあよく見ると、ちょっとは揺れたりしてるんですけどね、それにしても。

そんな君が好きだ。

2012/06/19

Paul Lamb を観に行く

Posted in ハープ日記, ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 10:51 am by Yuki

ポール・ラム観て来ました~。

好きなイギリスのハープ・プレイヤーは他にもいますが、ポール・ラムはやっぱりちょっと別格、という気が、彼のライブを観るたびにします。なんていうか、音にものすごいパワーがあるんですよ。アンプリファイドでもアコースティックでも上手いし、エンターテイナーとしても楽しませてくれるし、ニューキャッスル訛りの普通のイギリスのおっさんですが、ステージでハーモニカ吹いている姿はほんとかっこいい。

しかし、ハーモニカ・プレイヤーって (というかブルース・プレイヤー全般に言えることかもしれませんけれども)、ステージ降りると普通のおっさんのことが多いですね。街中で 「きゃ~~!サイン下さい!!」 などと言われているポール・ラムってなかなか想像できません。というか、ブルース自体マニアックな音楽なので、いくらポール・ラムが有名なハーピストだとしても、彼を知っている人は、イギリス総人口のほんのわずかなパーセンテージであるような気がします。ファビュラス・サンダーバーズで人気を得たキム・ウィルソンなんかは、もうちょっとそのファン層が広いような気もしますけれども、それでも、「きゃ~~!キムさん握手してくださ~い!」 と街中で言われているキムというのはあまり想像できません。

ポール・ラムのことを書くはずが、ものすごくどうでもよい内容になってしまいました。あんまり伝わらなかった気がしますが、ポール・ラム、ほんとかっこいいんです。これを聞いてくだされ。

>Paul Lamb and The Blues Burglars – You Sure Make Loving Hard

若い頃の写真はなかなかのハンサム。

2012/06/12

West Weston を観に行く

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , , @ 10:35 pm by Yuki

週末、ロンドンでウェスト・ウェストンのライブを観に行って来ました。このブログでも何度か書いたことがありますが、ウェスト・ウェストンはイギリスのハーピスト / ブルースマンです。「好きなイギリスのブルース・ハープ・プレイヤーは?」と聞かれて、真っ先に私の頭に浮かぶのが、ポール・ラム (Paul Lamb) とこのウェスト・ウェストン (それから夫)。

会場はずっと行ってみたかった、ロンドンはソーホーにある Ain’t Nothin’ but Blues Bar。日々、ブルースのライブやジャム・セッションが行われているので (私たちもこの翌日、ジャムに参加しました。) ロンドンを訪れる機会がある方は、ぜひ足を運ばれることをお勧めします。ここのライブは人気があって、(会場が狭いということもありますが) 外に行列ができることも多いらしいです。この日も、早めにと思って8時に行ったらもうすごい混み様で、深夜2時までずっと盛り上がっていました。

ウェスト・ウェストンのライブを観るのは2回目で、もちろん期待はしていたのですが、それ以上にかっこよかったです。ハーモニカはもちろんですが、ヴォーカリストやフロントマンとしての力がすごいなあと脱帽。ものすごく張り詰めた感じで、歌とハーモニカを使ってオーディエンスを煽る姿がヤバかっこいい。うまく言えないですが、ちょっとあぶない雰囲気のかっこよさと緊張感があります。

この日のライブは、始まったのが10時ちょっと前で、終わったのが深夜2時。途中ちょっと休憩もありましたけど、4時間の間に3セットをこなして、しかも演奏のクオリティや緊張感を保ち続けるというのは非常に大変なことだと思います。私なんか聞いて踊ってただけですけど、夜中の3時にホテルに帰った頃にはへとへとでした。

ハーモニカの演奏については、ウェスト・ウェストンはやはり、アコースティックよりもアンプリファイドの演奏が抜群に上手いと思います。アンプを上手く反応させて、楽器の一部として使うその演奏は、何時間聞いても飽きません。ちなみにウェストン、休憩中に夫のところへやって来て、「アンプの音どうだった?」 と聞いたそうです (夫とは知り合い)。他にもいろいろ非常におたくっぽい話をしたそうな。

ということで、今日はウェスト・ウェストンのこのクリップ。マッド・モーガンフィールド (Mud Morganfield) と演った時のなので、バンドは自身のバンドではないし、歌 (これが私はウェストンのパフォーマンスの強みのひとつだと思う。) もないですが、アンプリファイドの演奏がかっこいいので。

Mud Morganfield Intro [feat West Weston] (2011)

2010/11/23

最近のお気に入り

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , @ 11:49 am by Yuki

最近 YouTube で見て気に入ったクリップを2つ。

まずは、ええと、やっぱりデニス (Dennis Gruenling) です。すみません。

>Blues Harmonica – Dennis Gruenling – You Got It

アダム・ガッソーが自身のフォーラムでべた褒めしていたクリップです。この人は、まあいつものことではありますが、ひとつひとつのフレーズや音の表情が素晴らしい。バッキングアップをする時と、ぐっと前に出る時のめりはりも。この演奏は、リトル・ウォルターとキム・ウィルソンがかなり、それとビッグ・ウォルターがちょっと入っている気がしますが、それでもやはりデニスの音とスタイルです。

それから、ポール・ラム (Paul Lamb) のクリップ。

>Blues harmonica classic “Easy”

ビッグ・ウォルターの “Easy” ですけど、こちらもやはりポールの音がします。特に1:35を超えたあたりからが楽しい。

2010/07/28

Paul Lamb & The King Snakes 2010

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , @ 12:34 pm by Yuki

Paul Lamb & The King Snakes のライブを見て来ました。以前も書きましたが、このバンドのライブはいつ見ても楽しい~。

デビューから19年のキャリアの中、これまで何度かメンバーの入れ替わりがありましたが、ここ数年はポールの息子である Ryan Lamb がギターを弾いています。私はその前の Raul de Pedro Marinero というスペイン人のギタリストがすごく好きだったのですが、ライアンもまた違った味わいを持った良いギタリストだと思います。

それから、けっこう長い間、このバンドのドラマーを勤めていた Sonny Below が抜けて、現在は West Weston’s Bluesonics のドラマー、Mike Thorne が叩いています。この方は West Weston のライブを見た時にえらく感動した、すばらしいブルース・ドラマーです。今回のライブを見た感じでは、ポールのバンドにはソニーの方が合っていたような気も若干しますけれど、演奏仕込んで行けばバンドサウンドも変わって行くかもしれません。Rod Demick も、いつもはウッド・ベースを弾くのですが、今回はエレクトリック・ベースを弾いていました。その辺もこれまでとはちょっと違う感じです。

ポールはこの日、いつにも増してノリノリでした!例外はありますけれど、私は基本的にはやはりアドリブに重みを置いたブルースが好きなので、こういうポールの演奏が見られるのはすごくうれしいです。アドリブを取り入れるのはいつものことなのですが、今回はいつもより、自分自身を前へ前へと押していた気がします。新曲もたくさん演奏して、すごく新鮮なライブでした。

上は、マイクのコードを振り回して、ライアンのソロと観客を煽るポール (爆)。『ZOKKON命』 歌ってるシブがき隊かと思いました (わかる人いますか?)

2008/12/06

Paul Lamb and The King Snakes 2008

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 7:23 pm by Yuki

ポール・ラム (Paul Lamb) とそのバンド、The King Snakes のライブに行ってまいりました。あ~楽しかった!!この人はもう本当に、ショウマンというかエンターテイナーというか、観客を楽しませるのが最高に上手いです。ハーモニカを吹きながら椅子に上がったり、客席の間を歩いたりして、ハイテンションなパフォーマンスで盛り上げてくれます。

plamb_king_snakes

大きな会場の時はワイヤレスマイクを使って客席に下りるのですが、昨日は比較的小さな会場だったので、マイクなしのアコースティックの演奏で観客の間を歩いおりました。YouTube に歩きながら演奏するポールの映像があったのでアップします。
Paul Lamb: The LambCam

ソロで観客を盛り上げた後、ステージに戻ってバンドが加わり、ヴォーカリストが 「ポール・ラム!」 と叫んで曲が終了。その後すぐに、「1、2、3、4、1」 とカウントして次の曲に移る様もかっこいいです。上手い人 (バンド) って、こういう曲と曲のつなげ方もさすがですよね。ここでぐだぐだしてしまうと、かっこよさが半減です。

昨晩は、うちのバンドのメンバーも来ていたので、大好きな人達と、上等のブルースと、おいしいお酒で、すっかり気分がよくなったのでありました。

次ページへ