2010/05/27

Professor Longhair

Posted in ハーモニカ以外 tagged @ 8:12 pm by Yuki

聞けば聞くほど、その偉大さを実感する。自分の腕が上がれば上がるほど、まだまだほど遠いと思い知る、そんなプレイヤー。
音楽を真摯に学んでいる人ならば誰でも、心の中にそんなプレイヤーを持っていると思います。私にとってそれは、ハーモニカではリトル・ウォルターで、ピアノではプロフェッサー・ロングヘア。

跳んで跳ねて転がるそのピアノは、聞くたびに新鮮な驚きがあって、いくら学んでも学び切れません。プロフェッサーという呼び名が正にぴったり。

>Professor Longhair – Hey Little Girl

ニューオリンズのブルースは独特のリズムとノリがあって、それを身体で獲得して演奏するのは、実はとても難しいと思います。そういう意味では、普通のブルース (という言い方もひどいですけど。) よりもずっと難しい。

フェスについては、fess! fess! fest! というサイトで詳しくお勉強することができます。ディープで楽しくて大好きな、おすすめサイトです。