2010/12/03

NHL Festival 2010 – その3 ・ Rachelle Plas

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , @ 4:12 pm by Yuki

ラシェル・プラの演奏は、フェスティバルの前に YouTube などで聞いていましたが、実はあまり好きではなかったのです。でも、生でライブを見たら気が変わるかもと思って、ちょっと楽しみにしていたんですよね。結果、やっぱり私の好みではなかったのですが、テクニックは素晴らしいし、18歳の若いプレイヤーということで、これからの期待を込めて、ブログで取り上げることにしました。

前述しましたが、技術はしっかりしています。でも何ていうか、彼女のハープは泣かないんですよね。音やフレーズに表情がないので、いまいち胸にぐっと来ないんです。ジェイソン・リッチ風の速吹きをしても、音楽的な盛り上がりや音の表情にに欠けるので、平坦な音の羅列に聞こえてしまう。というのはまあ私の個人的な感想で、オーディエンスの多くは絶賛していました。

確かに、18歳でここまでできるのはすごいですよね。私としては、これからどんどんセンスを磨いて、自分のスタイルを作り上げて、テイストフルな演奏をしていって欲しいなあ、と期待するところです。

Rachelle Plas harmonica blues cognac blues passions 2010

しかし、彼女の演奏を聞いて、「やっぱりジェイソン・リッチはすごいプレイヤーなんだよなあ」 と再確認いたしました。

jason ricci SHAKE YOUR HIPS

広告